西日本の訪問地(滋賀県〜鹿児島県)


土倉鉱山跡(滋賀県)

滋賀県長浜市(旧・伊香郡木之本町)の山奥にある鉱山跡。明治40年に発見された鉱山で銅を採掘していましたが、海外との競争に勝てず、昭和40年に閉山しました。現在は選鉱場跡のみが残っています。
コンクリート製の柱が立ち並ぶ姿はどこかの国の古代遺跡...神殿のよう。他の鉱山跡のような重い歴史の空気が感じられず、廃墟に来たという気がしません。それもあってか、地元ではこの場所を使って演劇やコンサートを開催したりしているそうです。(2005年訪問)

たぬきのまち(滋賀県)

滋賀県甲賀市信楽町(旧・甲賀郡信楽町)は滋賀県と京都府の県境近くにある町で、日本六古窯(瀬戸、常滑、丹波、越前、備前、信楽)の一つです。
信楽といえば、おなじみ狸の焼き物。江戸時代に始まり、皇族がこの町を訪問したときに旗を持って出迎えたことがきっかけで全国的に有名になったのだそうです。町のメインストリート国道307号線は狸通りと呼ばれ、道路の両脇の土産物屋の店先はタヌキの焼き物でいっぱいです。ひょっとしたら店の人もたぬきが化けているのだったりして。(1993年訪問)

天橋立(あまのはしだて)(京都府)

京都府宮津市にある日本三景の一つ。川から流れ出した砂と海から寄せられた砂によって作られた砂嘴の上に松が茂った地形です。写真手前の文殊側からの眺めは空に舞い上がる龍のように見えることから飛龍観と呼ばれています。石の台の上で股を開き頭を深く下げている(股のぞき)と、頭に血が上ってきて目が廻るようになり、さらに幻想的に見えるかも。
展望台へは有料のリフトかケーブルカーを使って登るのですが、周辺の駐車場や土産物屋さんにはそれらの割引券が置かれています。ラッキー!と思ったら\850が\50引きの\800になるだけ.....って「割引」の「割」にも達してないじゃありませんか。もう少し頑張っていただけると。(2003年訪問)

舟屋(ふなや)(京都府)

京都府与謝郡伊根町にある建物群で「ふなや」と読みます。1階が車のガレージになっている住宅がありますが、そのガレージ部分を船の格納庫として造っているのが舟屋です。NHK朝の連ドラ「ええにょぼ」の撮影地にもなったことがあるのでご存じの方も多いかもしれません。全国的にも珍しい建物で、この地区に200軒以上あります。伊根湾が外海の影響を受けにくい形状をしているからこそ可能な造りですね。(1993年訪問)

浦嶋神社(宇良神社)(京都府)

京都府与謝郡伊根町にある神社。「浦嶋」の名からピンときた人もいると思いますが、昔話では誰もが知っている浦島太郎が祀られている神社です。隣接する宝物資料館(\400)にはあの玉手箱や竜宮絵巻物等が保管されていたりします。
舟屋で有名なここ伊根町は観光アピールに熱心のようで、町の観光協会では浦嶋太郎の弟(次男)や弟(三男)の屋敷跡といったかなりマイナーな観光スポットを紹介した手書きイラストマップ(無料)を作成・配布しています。バイクを降りて地図を片手に散策してみるのもおもしろそうです。神社の近くの浦嶋公園では地元産のそば粉を使った手打ち蕎麦も食べられます。(2003年訪問)

明石海峡大橋(兵庫県)

兵庫県明石市にある全長3,911の世界一長い吊り橋(1998年4月5日開通)。高速道路として使用されているため、時速80kmで走ったとしても、わずか3分で渡りきってしまうので橋の上で世界一を実感するのはちょっと無理。橋の付け根にあるサービスエリアや公園で橋を一望するのもよいですが、おすすめは橋の下を航行する明石淡路フェリーに乗船しての間近での観覧。航行時間20分をかけてゆっくり眺められますし、乗船運賃も高速道路の通行料金の半額以下。さらに、乗船中は運転者は休憩できるし一石三鳥。両岸とも港近くに弁当屋さんがあるので、食事タイムにするのもいい。(1998年以降度々訪問)
明石淡路フェリーは、橋の開通、そしてその後の高速道路のETC休日割引の影響により、利用者が減少、経営悪化のため、2010年11月より航路休止となっています。(2011年追記)

江崎灯台(兵庫県)

兵庫県の淡路島の北端部にある江崎灯台は1871年に建てられた灯台で、石造りの灯台としては日本で3番目に古いものです。灯台は海沿いの県道31号線から長い石の階段を登ったところにあり、そこからは明石大橋を一望することができます。
淡路島の北部といえば1995年に発生した阪神大震災の震源となった地。ここも大きな被害を受け、地震による野島断層の出現によって、灯台まで一直線に続いていたこの階段は途中で1.3mほど大きくずれてしまいました。地震後、灯台部は修復されましたが、この階段の「ずれ」は地震を後世に伝えるものとして、修復されずにそのまま残されています。断層の規模は近くの野島断層保存館(有料)とは比較にはならないほど小さいものですが、訪れる人は少なく、そしてこれを紹介する案内板さえも人目につかないところにあるという、そのマイナーさが気に入っています。(2001年訪問、2003年、2004年再訪)

淡路サンセットライン(兵庫県)

兵庫県の淡路島の西海岸沿いを走る県道31号線は淡路サンセットラインとも呼ばれ、瀬戸内海に沈んでいく夕日がきれいに見えることで有名です。
以前は途中に追い越しが可能な箇所がいくつもありましたが、いつの間にか全区間イエローラインになってしまい、自分のペースで走れなくなってしまったのはちょっと残念ですが、超のんびりペースで走るのもいいかな、そんな気にさせてくれる道路です。
この道を夕暮れ時に走っていると、ルパン三世愛のテーマ(エンディング)が頭の中で流れてくるのは私だけでしょうか。気分は峰不二子 !?(2003年訪問)

千種町で一攫千金(兵庫県)

兵庫県宍粟市(旧・宍粟郡千種町)。以前から多くの目撃情報があるにもかかわらず、未だに捕獲できない幻のツチノコ。このツチノコが頻繁に現れる(らしい)のがここ千種町です。ツチノコとは簡単にいうとヘビを短くしたような生き物で、古くは古事記や日本書紀にも登場しています。何とかその姿を拝もうと、地元千種町役場では捕まえた人に懸賞金付きを出すという御触書を出しています。宝くじ以外にも一攫千金を狙う方法がここに!?(1993年訪問)
2005年4月に千種町は周辺市町村と合併し、宍粟市となりました。そのため、この懸賞金制度も廃止されました。(2011年追記)

余部(あまるべ)橋梁(兵庫県)

兵庫県美方郡香美町(旧・城崎郡香住町)にある鉄橋。長さ310mのこの橋は、頭上はるか上、41.5mの高さにあり、とても明治の時代に造られた建造物だとは思えません。
1986年、この鉄橋を通過中の列車が突風により転落し、下の建物を破壊、多くの犠牲者を出しました。事故現場には犠牲者の慰霊碑が建てられています。この橋の下を通るときは何故かいつもどんよりとした曇り空ばかり。よけいに気が沈みます...。(1993年訪問)
この鉄橋は2010年7月に運用が終わり、翌月コンクリート製の橋に架け替えられため、現在はありません。(2011年追記)

谷瀬の吊橋(奈良県)

奈良県吉野郡十津川村にある吊り橋。全長297.7m、高さ544mと日本最大規模で、橋の両サイドには細かい金網が貼られているものの、橋は板張りで隙間から谷底が見えてスリルたっぷり。
橋の周辺は駐車禁止となっているため、車やバイクで行く場合は付近の有料駐車場に停めることになります。橋の近くの路肩に止めようとする車があると「そこは駐車禁止です〜!」、橋を揺らすように渡る人がいると「揺らさないで下さい〜!」、走る子供がいると、「子供を走らせないでください〜!」と、ひっきりなしに管理人さんの声が拡声器から聞こえています。(1995年訪問)

潮岬(和歌山県)

和歌山県東牟婁郡串本町にある本州最南端の岬。見渡す限り蒼い海で、水辺線をみると地球が丸いということがよくわかります。岬付近は約10万uもの広さの芝生「望楼の芝」と呼ばれる無料のキャンプ場になっています。
すぐ近くにある展望台「潮岬観光タワー」に入場すると地元観光協会が発行する本州最南端訪問証明書がもらえます。(1993年訪問、2001年、2002年、2010年再訪)

橋杭岩(和歌山県)

和歌山県東牟婁郡串本町にある奇岩群。海岸から沖にある紀伊大島に向けて大小40あまりの岩の柱が並んでおり、約850mもの長さに渡って規則的に並ぶ姿が橋の杭に似ていることから、橋杭岩(はしぐいいわ)と呼ばれています。海の浸食によって岩の硬い部分だけが残ってこんな形になったのだとか。干潮時には中ほどにある弁天島まで歩いて渡ることもできます。(1994年訪問、2001年、2010年再訪)

Zガンダム(岡山県)

岡山県津山市(旧・久米郡久米町)の道の駅「久米の里」に設置されている巨大なZガンダムの模型。
全高7.0m、重量2t、全幅3.5m、フレームは鋼製、外装はFRP樹脂製で、脚部は油圧シリンダーで動かすことも可能なもの。もちろん、搭乗できるようにコックピットも造りこまれています。
久米町に在住する制作者自らが設計図を作成し、7年かけてここまで仕上げたそうで、夢をここまで現実に近づけられるなんて、すごい!の一言です。
当初は、制作者宅にありましたが、2000年に地元自治体に寄贈され、道の駅に展示されることとなりました。道の駅の営業時間外は、防犯等のため格納庫のシャッターが閉じられるので訪れる時は注意。私が訪れた次の日に朝日新聞の夕刊のトップページに掲載されていました。新聞記者に勝ったか!?(2001年訪問)

ハマナス自生南限地(鳥取県)

北海道、東北の海岸線に多く見られるハマナスの自生南限地。場所は鳥取県西伯郡大山町(旧・中山町)にあり、国の天然記念物に指定されています。国道9号線に1つ案内板があるだけで他には何もなく、国道側からだと小さな丘の影に隠れているためたどり着くのは相当困難と思われます。ちなみに「ハマナス」と言う名前は、「ハマナシ」がなまって言われたことに由来するそうです。(2001年訪問)

弥留気地蔵(鳥取県)

鳥取県鳥取市(旧・八頭郡佐治村)にあるお地蔵さん。弥留気と書いて「やるき」と読み、文字通りこのお地蔵さんに参拝に来ると「やる気」になるそうです。岡山県と鳥取県の県境の山奥にあり、近くには特に観光名所もなく、参らなくてもここに来ようとする時点で既に「やる気」があると言えるような気が。
このお地蔵さんは村に住む「やる気おじさん」が昭和52年に作られたそうで、近くに建つ売店には「やる気系」のおみくじや絵馬、お守り等が並んでいます。(2002年訪問)

秋吉洞(山口県)

山口県美祢市(旧・美弥郡秋芳町)にある日本三大洞窟の一つで特別天然記念物にも指定されています。地上からエレベータに乗って100m下りると何の苦労もなく洞窟に到着。百枚皿や黄金柱、傘づくしといったテレビやガイドブックでよく見る光景を見ることができます。といっても有名観光地なので秘境らしさは少しもなく、通路や照明・看板など整備されすぎていてちょっと面白みがなく、行ってがっかりな場所でした。(1994年訪問)

阿波の土柱(徳島県)

徳島県阿波市(旧・阿波郡阿波町)にある地形物。土柱とは地表が雨水によって浸食されて柱状になったものです。この不思議な地形は高さ数十mほどあり、土柱の麓と頂上部から眺めることができます。
土柱はアメリカのロッキー山脈とイタリアのチロル地方、そしてここにしかないそうで、国の天然記念物にも指定されています。
入口には旅館や土産物屋が数件並ぶものの、お世辞にも繁盛しているようには見えず、鄙びていていい感じ。(1994年訪問)

ヤレヤレ峠(徳島県)

徳島県牟岐町と海南町を結ぶ林道の峠。「ヤレヤレ」という名前に釣られて立ち寄ってしまいました。が、期待空しく、ごく普通の舗装された林道でした。ただ、道幅が車1台分くらいしかないので、バイクはともかく自動車だと通行に苦労して「やれやれ」と思うかもしれません。
峠に当たる部分は狭くて暗いトンネルになっていて、写真に撮ると怖いものが写ってしまいそうな雰囲気だったので、峠から少し離れた所で撮影しました。(2001年訪問)

四万十川の源(高知県)

高知県高岡郡東津野村。総延長約200kmの四万十川にも源が存在します。国道439号線または国道179号線からダート路を5kmほど走り、源流之碑のある行き止まりに車を停めて、そこからさらに20分ほど山を登ったところに源流点があります。不入山(いらずやま)という、いかにも険しそうな名前の山の南東部にあるのですが、以外と観光にくる人がいるので安心して行くことができます。(1997年訪問)

沈下橋(高知県)

四万十川の流域には、沈下橋(ちんかばし)と呼ばれる欄干のないコンクリート製の背の低い橋がいくつも見られます。この橋は、川が増水した時に橋ごと冠水することで決壊しないような仕組みとなっています。京都木津川の「流れ橋」と逆の発想ですね。
川沿いの道路を走っていて地元の車に追いついたところ、親切に道を譲ってくれ、私がお礼のつもりで左手を挙げると、「どういたしまして」という感じで「ピッ」とクラクションが返ってきました。街にはなくなってしまったものが残っているような気がしました。(1994年訪問)

足摺岬&室戸岬(高知県)

高知県土佐清水市にある足摺岬(四国最南端)と室戸市の室戸岬は、土佐湾を挟んで対をなし四国の地形を特徴付けています。どちらも岬に特に何かがあるというわけではないのですが、一度は先端に行ってみたくなるのがライダーというもの。(1994年訪問)

四国カルスト(高知県、愛媛県)

高知県と愛媛県の県境にあるカルスト台地。石灰岩質の地表面が雨水などによって浸食されてできた地形で、ここと福岡県の平尾台、山口県の秋吉台を合わせて日本三大カルストと呼ばれています。
天気が悪いと風が強くてとても寒い所なのですが、晴れていると格別の景色が拝めます。付近には牛が放牧されてのんびり感があって良いです。(1994年訪問)

佐田岬(愛媛県)

愛媛県伊方市(旧・西宇和郡三崎町)にある四国最西端の岬。九州最南端の佐多岬(さたみさき)と読み方が似ていますが、こちらは濁点付きの「さだみさき」。ややこしいですね。
佐田岬半島を尾根づたいに走る国道197号線は通称「メロディーライン」と呼ばれ、とても快適な道路で、バイクで走っているとついついアクセルを開けてしまいます。行き止まりの駐車場から歩いて20分ほどの岬の先端からは、大分県の佐賀関町が対岸すぐ近くに見え、近くの三崎港から出ているフェリーに乗ってそのまま九州へ渡りたくなります.....が、我慢、我慢。(1994年訪問)

端島(長崎県)

長崎県長崎市(旧・西彼杵郡高島町)にある島。周囲はコンクリートの岸壁で囲われていて、波を立てて進む軍艦のように見えることから「軍艦島」とも呼ばれています。かつては三菱鉱業の海底炭坑として栄えた島で、最盛期には5000人以上もの人が住んでおり、それだけの人が居住できるように、長さ480m×幅160mメートルの小さな島には数十メートルの高さのアパートが建ち並び、学校や商店街、映画館までも建てられていました。そんな産業都市もエネルギー改革に伴い1974年に閉山、現在は無人の島となっています。(1994年、2003年再訪)
2001年に地元高島町に所有権が譲渡され、2005年の高島町の市町村合併に伴い、長崎市に所有権が移りました。長崎市では観光資源として生かそうと、上陸に関する条例および端島の見学通路を整備し、この通路に限って、観光客が上陸し、見学することができるようになりました。現在は地元の海運会社が上陸ツアーを企画しています。ただし、天候条件が悪いときには上陸できず、海から眺めるだけのツアーに変更されるので注意。(2011年追記)

雲仙普賢岳(長崎県)

長崎県島原市の雲仙普賢岳は1990年11月に噴火し、火砕流や土石流により島原に大きな被害をもたらしました。私が訪れたときは、噴火の危険性から普賢岳へ続く周囲の道路は閉鎖されていて、水無川付近は火砕流で田畑や家屋が埋まったままという、未だ落ち着かない状態でした。(1994年訪問)


原尻の滝(大分県)

大分県豊後大野市(旧・大野郡緒方町)にある滝。幅120m、落差20mと形状・豪快さから「大分のナイアガラ」と言われ、日本の滝百選にもランキングされています。写真は全国的に水不足だった1994年に撮影したものなので、普段は水量があってもっと迫力があるのかもしれません。滝をゆっくり堪能できるように、滝壺近くまで降りる道があったり、橋が架けられていたりします。(1994年訪問)

やまなみハイウェイ(別府阿蘇道路)(大分県、熊本県)

大分県の湯布院町と熊本県の一の宮町を結ぶ全長約50kmの道路。かつては別府阿蘇道路として有料で通行できる道路でしたが、1994年6月からは無料化されています。
やまなみハイウェイと呼ばれるこの道路は、適度なアップダウンとワインディングがあり、北海道のどこまでも変わらない風景とはまた違った、景色・走りを楽しめます。追い越し禁止の区間が多く、休日は交通量が多くなるので、ストレスなく走りたい人は平日に行くのがおすすめ。(1994年訪問)

日本一長い名前の駅(熊本県)

熊本県阿蘇郡南阿蘇村にある南阿蘇鉄道高森線の無人駅。1992年4月に開業したこの駅の名前は「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげんえき)」。かな表記では、茨城県の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅」と同じ数ですが、正式名称にするとこちらの駅のほうが一文字多いことから、日本一長いの名前の駅となっています。一時期、「ルイス・C.ティファニー庭園美術館」が最長となっていましたが、美術館が閉鎖し駅名が改称されたため、再びこの駅が日本一となっています。
こんな長い駅名、電車の車掌さんは、車内放送の案内で大変なのではないかと思って、電車に乗った人に聞いてみると、「白水高原駅」と略して案内しているのだとか。(2008年訪問)

鬼の洗濯岩(宮崎県)

宮崎県日南市付近の海岸沿いの道路を走っていると、アスファルト再舗装前の道路のような波状岩が所々で見られます。「鬼の洗濯岩」と呼ばれるこの奇岩は砂岩と泥岩からなる堆積岩が波の浸食を受けてできたもので、国の天然記念物にも指定されています。洗濯岩とはおもしろい名前をつけたものです。昔話によく登場する悪役の鬼がこっそり洗濯している姿を想像してみるとおもしろいです。(1994年訪問、2003年再訪)

開聞岳一周道路のトンネル(鹿児島県)

鹿児島県指宿市(旧・揖宿郡開聞町)の開聞岳を1周する道路の一部はトンネルになっています。長さ数百メートルのトンネルの中は人工の明かりはなく真っ暗。一応、天井部に一定間隔で採光用の穴が空けられているのですが、これがかえって逆効果で、暗闇に目が慣れてきたかと思ったら穴から差し込む光が目を直撃して暗順応がリセットされてしまい、再び目の前は真っ暗になってしまい、トンネルを出るまではこれが繰り返されるという恐怖のトンネル。(笑)
写真はトンネルの合間の天井のない所で撮ったものでアーチ型の骨組みだけがあります。道路、側壁ともコンクリート製で道路幅は狭く、自動車とバイクが徐行して何とかすれ違えるくらい。車では通りたくない道路です。(1994年訪問)
このトンネル、廃墟のような雰囲気があるので、ひょっとしたら戦時中に何かに使われていた施設の一部かもしれない、そう思って開聞町の役場に問い合わせてみましたが、残念(?)ながら、昭和30年代に作られた普通の構造物でした。それにしてもこの雰囲気はなかなか良いです。バイクのエンジンを停めて、南国らしい強い日差しの下、蝉の声を聞きながらぼーっとしていると、この場所だけ建設時から時間が止まっているのでは?そんな気になります。(2003年再訪)

佐多岬(鹿児島県)

鹿児島県肝属郡南大隅町(旧・佐多町)にある本土最南端の岬。岬へ向かう有料道路「佐多岬ロードパークウェイ」の入口辺りからは亜熱帯樹林が広がり、南の国にいるような気分になります。終点の駐車場にバイクを停めて15分ほど歩くと展望台に到着。展望台からは佐多岬はもちろん、天気の良い日には対岸の開聞岳も望むことができます。
駐車場横のゲートから先へ進むには「施設利用料」として100円の追加料金が必要で、学生時代、貧乏ツーリングの途中にここまで来た私はこの100円を支払うことを躊躇って駐車場まで来て引き返したのでした。あれから年月が経ち、今は社会人。私もリッチになったものだ。(笑)(1994年訪問、2003年再訪)
現在は、佐多岬ロードパークウェイは無料化されています。また、佐多岬先端へ行くには「佐多岬展望公園」の入園料が別途必要となっています。(2011年追記)