鳥取砂丘

鳥取砂丘といえば、砂丘すべりやラクダ乗り、風と砂の作り出す風紋等が有名ですが、そういう話は、他のHPに任せることにして、観光客の多いところが好きでない私は、人の集まる砂丘センターからちょっと離れた所に進入してみることにしました(写真左上)。ここからだと人はドットプリンタのドットくらいの小ささです。前の晩の風が弱かったからか、きれいな風紋はありませんでしたが、誰もいない、足跡のない砂浜を歩いているとなんか得した感じがします。
砂丘と海との境まで行ってみました(写真右上)。けっこうゴミが打ち上げられています。漁船が使う「浮き」やペットボトルが多いです。よく見ると、ペットボトルの表面の文字が日本語ではなく、韓国語?中国語?で書かれています。どうやら外国から流れ着いて来たようです。ここまで流れてくるのもすごいことですが、そんな長い旅をしても原型を留めているペットボトルもゴミとして見ると「やっかい者」ですね。ゴミはゴミ箱にちゃんと捨てましょう。写真左下は鳥取市の近くの海岸でみつけた看板なのですが、ゴミだけでなく人も流れてくることがあるようです。
鳥取県は鳥取砂丘と二十世紀梨の産地として有名ですが、もう一つ「ラッキョウ」の産地でもあります。(写真右下)は砂浜のように見えますが、ラッキョウ畑です。