北朝鮮工作船

工作船は、船底が高速航行に適したV字型の形状をしていて、4基積まれたロシア製のエンジンにより、ふつうの漁船の10倍もの馬力を発生させる能力があったそうです。船尾には、観音開きの扉があり、その中には漁船に偽装した小型船が格納されていました。そして、船内には、自動小銃に手榴弾、無反動砲、対空機関銃、ロケット砲等と、かなりの武器が積まれていました。
映画の世界のことのように思っていたことが、現実の世界でも起きていること知り驚きました。こんな船が日本海を彷徨いているのでしょうか。日本海側の人気のない所へ行くのに慎重になってしまいます。(2006年記)

船内に格納されていた小型艇。イカ釣り漁船に偽装されている。操舵室は昇降式になっていて、親船へは操舵室が下げられた状態で格納される