トップページぶらっと温泉>大分県の温泉

ぶらっと温泉(大分県の温泉)

観音寺温泉 いちのいで会館

別府市の高台にある、湯が青白いという珍しい露天風呂。入浴は無料ですが、入るには一つ条件があります。それはここで食事をすること。日帰り入浴施設ではなく、仕出し屋さんが温泉を所有していて、ここで食事をするとその温泉に入ることができるというシステムになっています。何だか北海道のライダーハウスみたいですね。
建物は、1階が仕出し弁当の製造工場、2階が休憩所となっていて、そこで注文し、仕出し弁当を食べます。休憩所奥の扉を開けて少し歩くと男女別の露天風呂が現れます。「景観の湯(上の写真)」と「金鉱の湯(写真右下)」の2つがあり、日替わりで男湯と女湯が入れ替わります。
景観の湯にはコンクリート製の大きな浴槽が1つと、その下に岩組みの小さい浴槽が2つあります。大きいほうは深さが1mほどあって、座って浸かることができません。浴槽というよりプールといったほうが正しいかも。高台にあるため、湯に浸かりながら別府市街やその向こうの別府湾一望できます。もう一つの金鉱の湯のほうは景観の湯ほどの眺望ではありませんが、その代わりに蒸し湯があります。別府に行ったら一度は入ってみることをおすすめします。ただし、施設までの道はとても狭いので車の人は気合いが必要です。(2001年入湯)
所在地 大分県別府市上原町14-2(Tel.0977-21-4728)
入湯料金 食事をすると入浴できる(たんご汁定食1,300円から)
営業時間 11:00〜17:00(土日祝は10:00から。通年営業)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

由布院温泉 下ん湯

いつのまにか、若者から老人まで賑わう町になってしまった湯布院(未だその魅力が私にはわかりませんが)。その金鱗湖の畔にある共同浴場がここ下ん湯。
管理人はいないので、入口の料金箱に入湯料を入れて中に入ります。木造藁葺き屋根の施設の扉を開けるといきなり浴室。その両脇に脱衣棚があります。浴槽は内湯と露天風呂の2つありどちらも混浴となっています。
露天風呂は湖の散策路を歩く観光客からは丸見えで、内湯のほうも時折がらっと扉を開けて、入るわけではなく見るだけの観光客が現れるので、女性だけでなく、男性でも難易度が高いと思います。また、車やバイクで行く方は温泉や周辺に駐車場がないので注意。(2001年入湯)
所在地 大分県由布市湯布院町川上岳本
(Tel.0977-84-3111(町商工観光課))
入湯料金 200円
営業時間 10:00〜23:00(通年営業)
泉質 単純酸性泉
おすすめ ☆☆☆

塚原温泉 火口乃泉

湯布院といっても観光客で賑わう街のほうではなく、由布岳を挟んだ反対側、県道をはずれダート路を1kmほど進んだところに施設はあります。以前は数軒の旅館があって宿泊もできたそうですが、現在はこの日帰り入浴施設1軒のみとなっています。
温泉が強酸性であることと温泉成分が濃いのが特徴で、pH1.4と秋田県の玉川温泉に次ぐ強い酸性となっており、石鹸は泡が立たず使うことができません。浴室には、内湯のほか、露天風呂や貸切風呂もありますが、別料金となっており割高感があります。いずれの浴槽も源泉掛け流しとなっています。(1999年入湯)
所在地 大分県由布市湯布院町塚原1235(Tel.0977-85-4101)
入湯料金 500円
営業時間 9:00〜18:00
(6〜9月は19:00まで。年末年始以外は通年営業)
泉質 酸性−含硫黄・鉄・アルミニウム−カルシウム−硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆

堀田温泉 夢幻の里

川沿いにある施設で、オーナーはここの土地を取得して、ホタルが居着くまで整備してから温泉施設を建てたのだそうです。
内湯はなく、川沿いにある露天風呂のみ。露天風呂は男女別の共同湯のほかに貸切露天風呂が4つあり、そちらのほうが人気があるようで、私が訪れたときも多くの若いカップルが休憩室で順番待ちをしていました。ホタルの飛び交う時期や紅葉の時期に行くのがおすすめ。(1999年入湯)
夢幻の里は、2007年11月に火災により宿泊施設が全焼してしまったため、現在は日帰り入浴のみの利用となっています。営業時間や営業日は事前に確認したほうがよいでしょう。(2011年追記)
所在地 大分県別府市堀田6(Tel.0977-22-2826)
入湯料金 500円
営業時間 9:00〜21:00(通年営業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆

明礬温泉 別府保養ランド

別府の市街地から少し離れた山間にある施設で、健康ランド(スーパー銭湯)を彷彿させるような名前ですが、ちゃんとした温泉です。
内湯は男女別となっていてコロイド湯、鉱泥湯、むし湯が、露天風呂は、混浴で鉱泥湯が大小1つずつ、滝湯と数種類の浴槽があります。中央にあるのがガイドブックで紹介される大きいほうの鉱泥浴槽で、浴槽の底からは泥が湯とともに湧き出しています。この泥を肌に塗ると美肌効果があるそうです。奥のほうにある小さな浴槽のほうが入る人が少ないせいか泥が多くありました。清掃が難しいのか、底のどろをすくってみると、髪の毛が溜まっていました。
混浴の露天風呂のほうは、女性客を目当てに入っているような男性が多く、女性が入ってくると、彼らの視線が一斉にそっちへ向くと同時に、ぞろぞろ女性の近くに寄っていく光景がみられます。露天風呂まで来た女性は嫌な気分で帰ること間違いなし。いっそのこと完全な男女別にしてしまったほうがよいのではないでしょうか。浴槽の清掃も含め、管理面が不十分であるように思います。温泉の泉質に頼りすぎなのでは。
ですので、ここは女性の方や女性を連れて行く方にはおすすめしません。別府なので、周囲にはここよりも安くていい温泉はたくさんあります。泥湯も他にありますので、どうしてもここをという人は内湯だけにするか、他へ行ったほうがよいと思います。(1999年入湯)
所在地 大分県別府市明礬5(Tel.0977-66-2221)
入湯料金 1050円
営業時間 9:00〜20:00(通年営業)
泉質 酸性明緑礬泉、硫黄泉
おすすめ ☆☆☆