トップページぶらっと温泉>熊本県の温泉

ぶらっと温泉(熊本県の温泉)

弓ヶ浜温泉 湯の宿 湯楽亭

白湯と赤湯と呼ばれる2種類の源泉がある天草の一軒宿。脱衣場から浴室に入ったところに無色透明、温めの白湯の岩風呂があり、奥に進むと、赤湯の内湯、その奥の扉の外に赤湯の露天風呂があります。赤湯のほうは内湯、露天風呂とも温泉成分の析出物が固まって元の浴槽の形がわからない状態。内湯の湯の注ぎ口にいたっては溶岩を噴出す火山のよう。露天風呂の奥には、オーナー家族が手掘りで作ったという全長32mもある洞窟風呂もあります。赤湯が使われており、洞窟の中の仕切りで男湯と女湯が仕切られています。落ちついた雰囲気の旅館で、従業員さんたちの対応も良く温泉以外も好印象。次回は泊まりで来たいです。(2011年入湯)
所在地 熊本県上天草市大矢野町上5190-2(Tel.0964-56-0536)
入浴料金 500円
営業時間 10:00〜15:00、18:30〜20:00(不定休)
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

阿蘇内牧温泉 大阿蘇

阿蘇内牧温泉は、阿蘇山の麓にある温泉地で10件ほどの共同浴場が点在します。大阿蘇は、隣接する民宿が経営する小さな共同浴場で、番台はなく、脱衣所にある料金箱に入浴料をいれて入ります。浴室には4〜5人が浸かれるくらいの大きさの長方形の浴槽が1つあり、毎分約100リットルも湧出する源泉が掛け流されています。少し硫黄臭のある湯で、熱すぎず、ぬるすぎずで長く浸かっていられて良いです。(2011年入湯)
所在地 熊本県阿蘇市内牧135(Tel.0967-32-0157)
入浴料金 100円
営業時間 7:30〜22:00(通年営業)
泉質 ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆☆

阿蘇内牧温泉 温泉割烹がね政 宝湯

温泉に浸かりながら懐石料理が食べられる施設...ではなく、割烹料理のお店が共同浴場を併営しているものです。料理店のレジで入浴料金を支払い、奥の別棟にある浴室へ。大きな窓を挟んで内湯と庭園風の造りの露天風呂が並んでいます。内湯の湯口からは相当な量の湯が浴槽に注がれ、大量に溢れ出して洗い場は一面湯浸し。さらに窓の隙間からは露天風呂にも流れ出しています。なんて贅沢な。
外見を見て、敷居が高そうな所かと思ったら、タオルやシャンプー、ボディソープが入ったバスケットを無料で貸し出してくれ、湯あがりにはお茶も出していただきと、とても親切なお店でした。(2011年入湯)
所在地 熊本県阿蘇市内牧186-1(Tel.0967-32-1563)
入浴料金 300円
営業時間 11:00〜21:00(通年営業)
泉質 ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆☆

満願寺温泉 満願寺温泉館

満願寺温泉は、黒川温泉の近くにある鄙びた温泉地で、満願寺というお寺の近くに共同浴場が3つあります。ここ満願寺温泉館は無人の施設で、防犯カメラで監視された料金箱に入浴料をいれて入ります。浴室は男女それぞれ大小1つずつ。といっても、大きいほうでも3人がなんとか浸かれるくらいの大きさで、小さいほうにあっては、洗い場が1人が足を組んで座れるくらいのスペースしかなく、先客がいたらとても入っていくのは無理。そこに大量の源泉が掛け流されているので、洗い場は常に湯浸し状態。浴槽に浸かると、ざざーっと溢れ出した湯の排水が追いつかず、しばらくの間、洗い場が浅めの浴槽のようになります。(2011年入湯)
所在地 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺字川東2297-1
(Tel.0967-42-1111(南小国町役場))
入浴料金 200円
営業時間 6:00〜22:00(通年営業)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

満願寺温泉 川湯

満願寺温泉館の少し上流にある川の中の露天風呂。雨避けの屋根はあるものの、壁はなく対岸の道路からは丸見えなので、昼間だと男の人でも入るには気合がいるかも。脱衣場はなく、背後の温泉旅館と川の間の細い通路で服を脱ぎ川に下りて入ります。コンクリート造りの浴槽で、底からこつこつと湯が湧き出し、川に掛け流されています。湯面が水面とほぼ同じ高さにあり、目の前の川を泳ぐ鯉を見ながら湯に浸かるのはなんとも不思議な気分。浴槽の隣にある湯溜り(画像奥)は野菜や食器等の洗い場になっており、私が入浴している傍らで地元のおばさんが温泉の湯を使って洗い物をしていました。(2011年入湯)
所在地 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺
(Tel.0967-42-1111(南小国町役場))
入浴料金 寸志
営業時間 6:00〜22:00(増水時は入浴不可)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆☆

岳の湯温泉 豊礼の湯

涌蓋山(わいたさん)を見渡す高台に建つ温泉宿で、男女別の露天風呂と17のコインタイマー式貸切風呂があり、少し青みがかった白濁湯が特徴。温泉の蒸気を利用した蒸し器が設置されていて、駐車場付近は硫黄の臭いたっぷりが充満。入浴客や宿泊客はこの蒸し器を無料で利用できます。浴室は高台にあって眺めが良いです。 (2011年入湯)
所在地 熊本県阿蘇郡小国町西里2917(Tel.0967-46-5525)
入浴料金 500円
営業時間 8:00〜20:00(通年営業)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

岳の湯温泉 わいた温泉 ゆけむり茶屋

熊本県と大分県の県境、涌蓋山(わいたさん)の麓にある日帰り入浴施設で、集落のあちこちかで湯煙が立ち上っています。浴室は内湯のみで天井が高いのが特徴。室内には温泉の蒸気を使ったサウナもあります。施設には地元の特産物を販売する店や地熱を利用した蒸し料理が食べられる飲食処もあります。食事処も利用する予定のある人は、定食と入浴がセットになったプランがお得。(2011年入湯)
所在地 熊本県阿蘇郡小国町大字西里2816(Tel.0967-46-5750)
入浴料金 500円
営業時間 9:00〜21:00(木曜定休)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

黒川温泉 旅館山河

温泉街から離れた下手にある旅館で、唯一、内湯の日帰り入浴ができる施設。2種類の源泉が引かれており、浴室は内湯と混浴露天風呂、女性専用露天風呂のほか、家族風呂が3つあります。黒川温泉内で湯めぐりをするなら、旅館組合加盟の露天風呂3ヶ所に入ることができる露天風呂入湯手形(1,200円)を購入するのがお得。 (2011年入湯)
所在地 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6961-1(Tel.0967-44-0906)
入浴料金 500円
営業時間 8:30〜21:00(不定休)
泉質 単純硫黄泉、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆

杖立温泉 米屋別荘

杖立温泉の中でも老舗の温泉宿で、温泉棟は宿泊棟と別棟になっており、男女別の内湯とその奥に混浴露天風呂、別室の5つの家族風呂、女性専用の露天風呂があります。杖立温泉の源泉は日本一と言われるくらいの高温が特徴で、この蒸気を利用した蒸し湯「かま湯」が内湯から混浴露天風呂へ行く途中、源泉が湧き出す上に設けられています。
いくつもある浴槽のうち湧き出した源泉を直接注いでいるのは混浴露天風呂のみで、他は配管を通って各浴槽に送られています。フロントのおじさんの話では、わずか数メートルの配管ですが、配管を通さない混浴露天風呂の湯は他と違ってやわらかく、温泉通は混浴露天風呂を好んで入るのだそうです。
一点、宿のフロント前にある休憩所が喫煙場所にもなっていて、喫煙者がいると湯上りのきれいな体に煙を浴びせられるのは残念なところ。喫煙室の設置か分煙等の配慮があれば...。(2011年入湯)
所在地 熊本県阿蘇郡小国町下城4162(Tel.0967-48-0507)
入浴料金 500円
営業時間 8:00〜20:00(不定休)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆☆☆

人吉温泉 華まき温泉

人吉市の中心地から外れた田園地帯の中にある日帰り入浴施設。
浴室は内湯のみで、源泉の温度が低いため、加温されていますが控えめで、熱くも温くもなく窓の外の田園風景を見ながら、ゆっくり浸かっていられます。湯は無色透明の炭酸泉で、身体中に細かい気泡がつきます。(2010年入湯)
所在地 熊本県人吉市下原田町1518(Tel.0966-22-6981)
入浴料金 300円
営業時間 10:00〜22:30(通年営業)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆☆☆

人吉温泉 新温泉

新温泉の名は付くものの、昭和6年開業という人吉温泉の中でも老舗の温泉銭湯。脱衣所には脱衣棚はないので、脱いだ服を入れた脱衣かごは床のてきとうな所に置いて入浴します。
周辺の新しく掘削される温泉は地中深くまで掘り下げるため、古くからあるこちらの温泉では源泉の湯量が減ってしまったそうです。そのため、浴槽は2つあるものの、源泉が掛け流されているのは1つのみ。もう一方は貯め湯となっていて水風呂に近い温度となっています。
新たに温泉を掘る余裕もなく見通し明るくない、と番台のおばさん。人吉温泉の中でも貴重な存在なので、がんばっていただきたいです。(2010年入湯)
所在地 熊本県人吉市紺屋町80 (Tel.0966-22-3221)
入浴料金 300円
営業時間 13:00〜22:00(第1月曜定休)
泉質 アルカリ性単純泉
おすすめ ☆☆☆☆

人吉温泉 人吉旅館

人吉温泉の老舗旅館。年季が入った木造の建物はきれいに手入れがされていて、ぴかぴかの廊下が良いです。
以前は旅館の隣に公衆浴場があり、こちらの旅館が管理していましたが、旅館、公衆浴場とも浴室が小さいからと、それぞれの男湯と女湯の壁を取り壊して広い2つの浴室となりました。その名残で今でも浴室の入口が2つあったりします。
夜遅くに男湯と女湯が入れ替わるので、宿泊すると両方に入ることかできます。禁煙部屋の設定がなく、消臭のみの対応ということ以外は部屋、食事、接客とも満足のいくだったので、宿泊してゆっくり浸かるのもおすすめ。(2010年入湯)
所在地 熊本県人吉市上青井町160 (Tel.0966-22-3141)
入浴料金 500円
営業時間 9:00〜21:00(通年営業)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
おすすめ ☆☆☆☆

人吉温泉 元湯

人吉城跡のそばにある共同浴場で、昭和9年開業と新温泉に並んで歴史がある木造の施設です。
内湯のみで、浴室中央に3〜4人入るといっぱいになるくらいの小さい浴槽が一つあります。源泉が高温なため、季節によって10〜20%の範囲で水道水を加水された湯が浴槽に掛け流されています。湯量は多いようで、洗い場のカランから出る湯も温泉が使われています。ここを訪れたのは15時過ぎ。夕方の混む時間にはまだ早いのに地元の人で賑わっていました。(2010年入湯)
所在地 熊本県人吉市麓町9(Tel.0966-24-1950)
入浴料金 200円
営業時間 6:00〜12:00、15:00〜22:00(第2火曜定休)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

御立岬温泉 御立岬温泉センター

岬の上に立つ日帰り入浴施設で、眺めが良く、不知火海を見渡すことができるのが特徴。
浴室は主浴槽とサウナ、水風呂のある内湯と露天風呂からなります。源泉の温度が低いため、加温、そして資源保護のため!? 湯を循環しているとのこと。温泉の泉質よりも、浴室からの展望を楽しむタイプの施設です。休憩室が広いのは良い所。(2010年入湯)
所在地 熊本県葦北郡芦北町大字田浦町124 (Tel.0966-87-2555)
入浴料金 500円
営業時間 10:00〜21:00(第2、4水曜定休)
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆

垂玉温泉 山口旅館

阿蘇鳥帽子岳の南山中にある一軒宿。歩いていける距離にある、隣の地獄温泉「清風荘」のいずれかに宿泊すると、もう一方の宿の温泉に無料で入ることができます。
内湯の「天の湯」は「温泉旅館の浴室」というイメージぴったりで、大きな主浴槽のほか、打たせ湯、水風呂、サウナがあり、二方向ガラス張りの窓からの眺めがいいです。露天風呂「かじかの湯」のほうは男女入替制となっていて、一方が岩風呂と檜風呂、もう一方が岩風呂と桶風呂になっています。
日帰りで入ることができるのはこの2つで、落差60mの金龍の滝を目の前に見ながら入れる混浴露天風呂「滝の湯」は宿泊客専用となっています。一度泊まりで来てゆっくり過ごしてみたいと思う温泉です。(2008年入湯)
所在地 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2331 (Tel.0967-67-0006)
入湯料金 600円
営業時間 10:00〜15:00(入館は14:00まで)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆☆

地獄温泉 清風荘

阿蘇鳥帽子岳の南山中にある温泉で、上で紹介している山口旅館からは歩いて10分程度の距離のところにあります。広い敷地内には旅館部のほか、比較的安めの料金で利用できる昔ながらの湯治部もあります。
ここの人気は「すずめの湯」。本館から離れた木造の建物に男女別の内湯と、建物へ行く通路脇に混浴の露天風呂があり、浴槽の底からは湯が湧き出しています。硫黄臭のあるどろ湯で、別府保養ランドほどではないものの、底に泥が溜まっています。混浴がちょっと、という人は、宿泊者向けに夜に女性専用時間が設けられているので、そちらの時間帯で利用すると良いと思います。
他に、本館の中に元湯と家族風呂、外に岩造りの露天風呂と内湯「新湯」があり、うち、露天風呂のほうは女湯が男湯の崖上にあって、男湯を見下ろせることから「仇討ちの湯」という名が付いています。(2001年入湯)
所在地 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽 (Tel.0967-67-0005)
入湯料金 500円
営業時間 8:00〜20:00(冬期休業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆☆

高森温泉 月廻り温泉館

「21世紀に残したいふるさと百景」第1位に選ばれた月廻り公園の中にある施設で、浴室は一面ガラス張りの内湯と岩造りの露天風呂の2つ、離れに家族風呂があり、いずれの浴槽からも、阿蘇五岳の眺めが良いです。循環と掛け流しを併用しているという湯のほうは無色無臭で特徴は感じられませんでした。温泉よりも眺めを楽しむ施設ですね。
公園内にあるレストランでは、地元産のそば粉を使って打っているという蕎麦屋さんもあり、ここで蕎麦を食べてから温泉に入ると入湯料が割引になります。食べる予定のある人は温泉に入る前に先に蕎麦を食べましょう。(2001年入湯)
所在地 熊本県阿蘇郡高森町高森諸ノ男3016
(Tel.0967-62-0141)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜20:00(冬期は19:00まで。毎月第2火曜定休)
泉質 アルカリ性単純泉
おすすめ ☆☆