トップページぶらっと温泉>和歌山県の温泉

ぶらっと温泉(和歌山県の温泉)

花山温泉

和歌山市の郊外にある旅館。内湯と露天風呂があり、内湯には温泉の入った3つの浴槽等があります。強い鉄の臭いがする湯は茶褐色で、加水なし、循環なし、消毒剤投入はなし。源泉の温度が25℃と低いため、冷泉の浴槽以外は加温された湯が掛け流されています。
この熱めの浴槽と冷泉の源泉浴槽に交互に入るのが最も効果がある入り方だそうで、みなさん実践していました。
泉質の表記からもわかるように、温泉の成分がとても濃いのが特徴で、どの浴槽も縁や周辺の床に温泉の析出物が多く付着して、浴槽の元々の形や材質がわからない状態になっています。和歌山市内にこんな温泉があるとはびっくり。
夕方になると地元の人たちで賑わいますが広いのでそれほど気になりません。何より昼間だと入浴料が400円高くなるので、時間の制約がなければ17時以降に入るのがおすすめです。(2010年入湯)
所在地 和歌山県和歌山市鳴神574(Tel.073-471-3277)
入浴料金 1000円(17:00以降は600円))
営業時間 8:00〜23:00(木曜定休)
泉質 含二酸化炭素・鉄-カルシウム・マグネシウム
-塩化物・炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆☆

那智天然温泉

那智滝に向かう県道沿いにある温泉。カーブの途中にあって、さらに林で隠れているので非常に見つけにくいです。
見た目ビニールハウスのような施設が浴室で、管理人室兼休憩室のおじさんに料金を払い、ロッカーの鍵を受け取り奥の浴室へ。見た目で侮ってはいけません、浴室の湯はホンモノの温泉です。
浴槽は中で仕切られていて、外側に源泉が注ぎこまれています。源泉の湯温が低いため、内側の浴槽では加温された源泉が壁から給湯されています。
奥の扉を開けると混浴の露天風呂が。こちらは加温されていないので、暖かい季節でないと入るのは難しいですね。さらにその奥にはプールがあり、暖かい時期には温泉プールとして営業しているそうです。
ちなみに、ここの会員になると年会費3000円で入り放題になるそうです。もう少し近くにあったら、私は間違いなく入会しているでしょう。(2010年入湯)
所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町川関1512
(Tel.0735-52-6426)
入浴料金 300円
営業時間 13:00〜19:00(日曜祝日は10:00〜、毎月1、11、21日定休)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆☆

姫温泉 弘法湯

国道42号線沿いにある日帰り入浴施設。入口のドアを開け、靴を脱いであがり、奥に通されるとそこは管理人室兼待合室.....というか、どうみてもふつうの家の居間。そして浴室も浴槽が木製という以外はふつうの家にある風呂と代わりません。民家に風呂を借りにお邪魔したような感じです。
2つある浴室はどちらも貸し切り。なので、入湯客が多いときは、居間のような待合室で順番を待つことになります。浴槽の縁にある蛇口から湯を出して温度調整をします。源泉の温度が低いため、加温されていますが、蛇口から出てくる湯は純粋な温泉。無色透明で少し硫黄の臭い。蛇口を開けたままにしておくと源泉掛け流しにすることもできます。
窓をあけるとすぐ側に海が。ただし、弘法が歩いたと言い伝えのある橋崩岩は窓の方角が違うため、「弘法」の名は付いているものの、浴室からそれを見ることはできません。(2010年入湯)
所在地 和歌山県東牟婁郡串本町姫571-1 (Tel.0735-72-0654)
入浴料金 400円
営業時間 13:30〜19:30(月、水、金曜定休)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

白浜温泉 長生の湯

白浜の温泉街から少し離れた所にある日帰り入浴施設。浴室には、檜造りの内湯と露天風呂、その奥に、浴槽の壁に備長炭を埋め込んだ備長炭の湯があります。夏の気温の高い日は温度調整のため加水しているそうですが、基本的には源泉が掛け流されています。湯は無色透明で、共同浴場に比べると少し薄い感じがしました。
白浜というと海のイメージですが、ここは緑の中にある温泉、といった雰囲気。交通量の多い道路(国道!?)沿いにあるとは思えない静けさと落ち着いた造りが良いです。(2010年入湯)
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町古賀浦2763
(Tel.0739-42-3010)
入浴料金 500円
営業時間 10:00〜22:00(水曜定休)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
おすすめ ☆☆☆☆

鶴の湯温泉

みなべ町の山間にある温泉宿泊施設。浴室には内湯と露天風呂が1つずつありますが、内湯と露天風呂の場所が離れていて、一度服を着て移動しないといけないのが難点。冷泉のため、加温給湯し、夜間は資源節約のため循環しているそうです。塩素を使用しているが臭いは感じられませんでした。
湯上がり後、建物前にあった「つるの水」と書かれた物置みたいな施設をのぞいてみると中に蛇口が。ひねると濃い冷泉がでてきました。こっちを温めて浸かりたい〜。(2010年入湯)
所在地 和歌山県日高郡みなべ町熊瀬川47
(Tel.0739-75-2616)
入浴料金 600円
営業時間 11:00〜20:00(火曜定休)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆

上野湯温泉 ひすいの湯

熊野古道の近露王子の近くにある温泉民宿で、日帰り入浴もできるように開放されているものです。浴室は内湯のみで、数人が入れるくらいのこぢんまりとしたタイル張りの浴槽に満たされた無色透明の湯は薄い塩味をしていて、とろ〜りとしています。湧出量は7Lと少ないものの、加温された源泉が掛け流されています。
窓を開けると、すぐ外に植わっている桜の木から散った花びらが湯船に。湯に浸かりながら花見気分を楽しみました。(2011年入湯)
所在地 和歌山県田辺市中辺路近露260(Tel.0739-65-0678)
入浴料金 550円
営業時間 14:00〜20:30(木曜定休)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

勝浦温泉 ホテル中の島

勝浦湾に浮かぶ小さな島に建つ大きなホテル。島なので施設へは船(無料)に乗って渡ります。船に乗ってというと、近くのホテル浦島が有名ですが、実はあちらは岬の先、陸続きのところにあります。
船を下るとすぐ目の前がホテルの玄関。でも、大きなホテルなので浴室までは結構歩きます。だからなのか、途中には東屋のような雰囲気の休憩所があります。かくいう私も帰りはここで休憩してしまいました。
一面ガラス張りで開放感がある内湯もいいですが、ここはやはり波打ち際にある露天風呂が自慢。浴槽は上下に分かれていて、上段奥の洞窟風呂(よくみると岩ではなく張りぼて(笑))の奥から、ぼこっぼこっと湧き出した湯が、上段から下段へ、そして海に流れ落ちていきます。硫黄の匂いが強い薄っすら白く濁った湯に浸かっていると、すぐ目の前を漁港に入る漁船が通過していきます。
女湯のほうは、この男湯の上階にあるので、より眺めが良いと思いますが、ガイドブックに載っている温泉の写真は男湯の露天風呂の写真なので、女性の方はこれを期待していかないほうがよいでしょう。(2010年入湯)
所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町1179 (Tel.0735-52-1111)
入浴料金 1000円
営業時間 14:00〜20:00(年中無休)
泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

勝浦温泉 かつうら御苑

南紀勝浦の温泉街にある旅館。施設は新しくはありませんが、掃除が行き届いているのは好印象。広い浴室には内湯が1つと外に露天風呂が2つ。湯は掛け流しではありませんが、塩素の臭いは感じられませんでした。
庭園の中にあるような造りの露天風呂は「滝見の湯」の名が付いています。目の前は海(那智湾)なのにどうして??と思ったら、海の向こうに那智の滝が見えるからだそうです。(2010年入湯)
所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦216-19  (Tel.0735-52-0333)
入浴料金 1000円
営業時間 16:00〜21:00(年中無休)
泉質 単純温泉、単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆

勝浦温泉 休暇村南紀勝浦

勝浦温泉の温泉街から数キロ離れた高台に建つ温泉。男女別の浴室には一面ガラス張りの内湯と、露天風呂が2つ、壺湯が2つあり、一定量の湯が溢れると湯が注がれ、掛け流される壺湯を除いては循環されています。
高台にあるため、どの浴槽からも太平洋を見下ろすことができ眺望はとても良いです。温泉の泉質よりも、どちらかというと眺望を楽しむ施設です。
地元の温泉旅館組合では、周辺に15ヶ所ある温泉施設の中から好みの3つに入ることができる「湯めぐり手形(1500円)」を企画しています。この施設やホテル中の島、かつら御苑、ホテル浦島等、入浴料金が1000円を超えるところがいくつもあり、日帰り入浴を受け付けていない一部の施設にも入ることができるので、そちらを購入して温泉巡りをするのがおすすめです。(2010年入湯)
所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町宇久井719
(Tel.0735-54-0126)
入浴料金 1000円
営業時間 11:00〜21:00(通年営業)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆

湯川温泉 ゆりの山温泉

浴室は内湯が1つのみ。無色透明の湯は硫黄臭があります。4〜5人が足を伸ばして入るといっぱいになる位の大きなの浴槽は少し深さがあります。
洗い場のカランから出てくる湯も温泉です。以前は、カランの蛇口がなく、湯が垂れ流し状態だったそうですが、現在は蛇口が付けられています。浴槽の縁からは、ごぼっごぼっと音を立てながら相当量の湯が注がれ、浴槽の縁から溢れ出ています。施設に豪華さはありませんが湯に関しては本当に贅沢な温泉です。(2010年入湯)
所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町二河8(Tel.0735-52-5106)
入浴料金 300円
営業時間 9:00〜22:00(通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

湯川温泉 桜湯

国道42号線沿いにあってわかりやすいというのが唯一の長所。内湯は消毒用の塩素臭は気にならないほどであるものの循環式。奥に露天風呂もありますが、平日は湯が入れられておらず利用できませんでした。入浴料を払って中まで入らないとそれがわからないのはちょっと不親切では。せめてフロントや入口に掲示するくらいしてもほしいものです。
勝浦という温泉地で露天風呂にも入れない&循環式なら入浴料を300円にしてもよいでは。湯川温泉に入るならここではなく他の施設をおすすめします。(2010年入湯)
所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川257-1
(Tel.0735-52-6866)
入浴料金 500円
営業時間 10:00〜23:00(土日祝は9:00〜、通年営業)
泉質 単純温泉
おすすめ

湯の峰温泉 つぼ湯

湯の峰温泉にある共同浴場の一つ。大きな岩をくり抜いた浴槽は2〜3人がなんとか入れるくらいの大きさ。なので、共同浴場の名は付くものの、時間制限付きの貸切制となっています。
1日に何度も湯の色が変わるという源泉は92℃もの高温。どんどん岩の底から湧き出してくるので、加水して頻繁に温めないとならず、湯加減の調節がちょっと大変です。
私が訪れたときは早朝で待ち時間なしで入湯できましたが、休日は入湯待ちの人の列ができるくらい人気のある温泉なのだそうです。つぼ湯の受付場所である共同浴場の管理人さん曰く「すぐに入れるなんてあなたはくじ運が良かったんですよ〜」.....くじなんて引いてないでしょ!(2002年入湯)
以前は、つぼ湯のみで260円とお手頃な料金で利用できましたが、平成16年7月に紀伊山地の霊場と参詣道の一部として世界遺産に登録されてからは、隣にあるもう一つの共同浴場とセット料金となってしまいました。実質かなりの値上げですね。そこまで料金を払って入らなくても、泉質は隣の共同浴場と同じなのでそちらに入れば十分だと思います。(2011年追記)
所在地 和歌山県田辺市本宮町湯の峰(Tel.0735-42ー0074)
入湯料金 750円(隣の共同浴場とのセット料金。入湯時間20分以内)
営業時間 6:00〜21:30(通年営業)
泉質 含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆

白浜温泉 崎の湯 ※画像は有料化される前のもの

白浜温泉にある外湯の1つで、温泉街を通る道路を逸れて細い道を少し進んだところにあり、その分岐点がわかりにくく、初めて行くときはちょっと苦労するかもしれません。
波の浸食作用によって荒磯に自然にできた窪みを浴槽に利用した豪快な岩風呂。岩場で海に向かって裸で仁王立ちをするのにぴったりな場所だと思います。(笑) 歴史のある温泉で、日本書紀や万葉集などに「牟婁の温泉」「紀の温泉」の名で登場し、飛鳥時代から奈良時代にかけて、斉明・天智・持統・文武天皇が行幸の折に沐浴されたと伝えられています。
私が訪れたときは、潮が引いている時間帯で、通常は海に浸かっている岩場が海面から顔を出していました。よく見ると、くぼんで湯船のような形をしています。温泉に入りに来ていた管理人さんに尋ねてみたところ、昔はそこが浴槽として使われていそうで、大きな地震により沈下してしまったため、現在の浴槽に変わったそうです。(2002入湯)
崎の湯は、2004年1月に改装され、それまであった浴槽の奥(海側)に新たにもう1つ浴槽が造られ、鍵付きロッカーも設置されました。これに伴い、無料だった入浴料も、有料化されています。私的には魅力半減かな。(2011年追記)
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1668
(Tel.0739-42-3016)
入浴料金 400円
営業時間 8:00〜18:00(7〜8月は7:00〜19:00、10月〜3月は
8:00〜17:00、水曜定休)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

白浜温泉 牟婁の湯

白浜温泉は、愛媛県の道後温泉、兵庫県の有馬温泉と並び、日本書紀に登場する日本最古の温泉の1つとされています。白浜温泉には6つの共同浴場があり、ここ牟婁の湯は、行幸湯(みゆきゆ)と砿湯(まぶゆ)の2つの源泉が引かれていて、2種類の温泉に浸かることができるというのが特徴。湯は源泉掛け流し。
主要道路沿いにあって、温泉に入りにくる人が多いのに駐車場が小さく、さらに駐車場の各スペースも小さいので、空いている時間帯を選んでいかないと、施設に入るまでに時間がかかってしまうのが難点。(2002年入湯)
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1665(Tel.0739-43-0686)
入湯料金 300円
営業時間 7:00〜23:00(木曜は12:00から。通年営業)
泉質 ナトリウム・塩化物泉、含硫黄・ナトリウム・塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

白浜温泉 白良湯

白浜温泉の共同浴場の一つ。木造の建物と浴室からの眺めが特徴です。一階が休憩室で浴室は二階にあります。湯は源泉掛け流し。高さもあって、浴槽脇の窓からは白い砂の砂浜「白良浜」を見渡せます。他にも白良浜が見える場所がたくさんありますが、この木製の窓枠を通してみる景色がこれまた良いのです。窓越しに外を見ると、何故か別世界を見ているかのような不思議な気分になるのは私だけでしょうか。白浜温泉の共同浴場の中ではここが一番のおすすめ。(2002年入湯)
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町白浜3313-1
(Tel.0739-43-2614)
入湯料金 300円
営業時間 7:00〜23:00(火曜は12:00から。通年営業)
泉質 含二酸化炭素・ナトリウム・塩化物泉
おすすめ ☆☆☆☆

白浜温泉 綱の湯

白浜温泉の共同浴場の一つ。その中で最も温泉施設らしくない外観をしているのが綱の湯。建物の壁にある「綱の湯」の文字がなければここが温泉であることはまずわからないでしょう。浴室もタイル張りでとても地味。湯が良ければそれでいいじゃん?ってな感じで着飾らないところが逆にいいです。湯は加温なしの源泉掛け流し。浴槽の湯の表面には湯の花がうっすらと膜を作っています。湯温が丁度良く、ゆっくり浸かれました。(2002年入湯)
耐震強度の問題から、2005年9月に一旦閉鎖されましたが、その後、建物が新築移転され2008年6月より営業再開されています。(2011年追記)
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町3354-1 (Tel.0739-43-0533)
入湯料金 300円
営業時間 10:00〜22:00(木曜定休)
泉質 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆

白浜温泉 松乃湯

白浜温泉の共同浴場の一つで、料金が200円と最も安いのが特徴。綱の湯と同じく、外見からは共同浴場であることがわかりにくい建物です。中の浴室も綱の湯と同じような雰囲気。湯は加温・加水なしの源泉掛け流しで、私が訪れたときは入りにくる人が少ない時間帯だったのか、湯がとても熱くなってました。かといって水を入れるのももったいない気がして真っ赤になりながら入りました。(笑) 混んでいない共同浴場に入りたいなら、ここか、松及湯がおすすめ。(2002年入湯)
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町瀬戸743-1
(Tel.0739-43-0988)
入湯料金 200円
営業時間 13:00〜22:00(入館は21:30まで。火曜定休)
泉質 含二酸化炭素・ナトリウム・マグネシウム−塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

白浜温泉 しらすな

白浜温泉の共同浴場の中で唯一の混浴露天風呂。といっても、水着を着用しないと利用することが出きないという日本的風呂ではない施設です。見た目も数十人が入れる大きさのプールそのもの。目の前に白良浜海水浴場があり、そこに海水浴で来る人たち向けといった感じですね。海水浴シーズン以外は浴槽縁に木製のベンチが置かれ、無料の足湯として開放されます。(2002年入湯)
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町864 (Tel.0739-43-1126)
入湯料金 100円(夏期(7月1日〜9月15日)以外は無料)
営業時間 10:00〜15:00(夏期は19:00まで。月曜定休)
泉質 含硫黄・ナトリウム・塩化物泉
おすすめ ☆☆

串本温泉 サンゴの湯

串本町はサンゴの群生地として有名で、この温泉の名前もそこに由来するそうです。近くの分譲地は「サンゴ台」なんていう名前がついてたりします。海の近くということで、マリンスポーツや海水浴帰りの入浴客で賑わっていました。
浴室はこぢんまりとした内湯のみで、露天風呂はありません。湯のほうは循環と掛け流しを併用しているようで、少し塩素臭を感じました。(1998年入湯)
所在地 和歌山県西牟婁郡串本町くじ野川1130
(Tel.0735-62-2001)
入湯料金 400円
営業時間 11:00〜21:00(月曜定休)
泉質 ナトリウム・カルシウム塩化物泉
おすすめ

串本温泉 串本ロイヤルホテル黒潮の湯

高級っぽいホテルで敷居が高いそう.....と思って入館したら、従業員さんたちがアロハシャツを着ていて接客していたので少し気が楽になりました。施設が高台にあるため、露天風呂からの眺めも良く、潮岬の西側が見下ろせます。橋杭岩も見えます。この方向からすると、湯に浸かりながら日の出が見られるのではないでしょうか。絶えず心地よい海風が吹いていて、半身浴をしていると熱くも寒くもなく、いつまでも入っていられます。入湯料がもう少し安ければ...。(2000年入湯)
所在地 和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台1184-10
(Tel.0735-62-7771)
入湯料金 1,000円
営業時間 14:00〜21:00(通年営業)
泉質 ナトリウム・カルシウム塩化物泉
おすすめ

雲取温泉 高田グリーンランド

研修宿泊施設の一部で、温泉施設は日帰りで利用することもできます。ふるさと創生資金を使って掘りあてた温泉なんだとか。懐かしい〜。
内湯の薬草風呂と川に面した露天風呂が特徴で、露天風呂はなぜか内湯から長い廊下を歩いた先にあります。後から建て増ししたのでしょうか。北海道の中標津温泉保養所を思い出しました。
特にこれといった良さは感じられず、新宮市街から国道168号線を経て10kmも走ってたどり着けることを考えると、温泉が目的なら、もう少し足を伸ばして川湯温泉まで行ったほうがいいように思えました。(2010年入湯)
所在地 和歌山県新宮市高田1810(Tel.0735-29-0321)
入浴料金 400円
営業時間 11:00〜22:00(通年営業)
泉質 アルカリ性単純泉
おすすめ