トップページぶらっと温泉>兵庫県の温泉

ぶらっと温泉(兵庫県の温泉)

有馬温泉 金の湯

日本三古湯の一つ、有馬温泉の市営共同浴場。かつてここにあった有馬温泉会館を建て替えた施設で、鉄分を多く含み、湯口から出て空気に触れると酸化して赤褐色になる「金泉」と呼ばれる湯が使われているのが特徴。浴室には、あつめの湯とぬるめの湯の2つの浴槽がありますが、ぬるめのほうでも熱くて長くは浸かることができず、浴槽の縁に腰掛けている人が多数いました。加水、加温ありの湯は掛け流しと循環併用とのことで、少量の浴槽から掛け流されていました。
共同浴場ではあるものの、入浴料金は高く、平日でも混んでいるので、休日は混雑状況をみて、日帰り入浴を受け付けている周辺のホテルや旅館のほうに行ったほうがよいかもしれません。(2011年入湯)
所在地 兵庫県神戸市有馬町833 (Tel.078-904-0680)
入浴料金 650円
営業時間 8:00〜22:00(入館は21:30まで、第2、第4火曜定休)
泉質 含鉄‐ナトリウム‐塩化物強塩高温泉
おすすめ ☆☆☆

有馬温泉 銀の湯

有馬温泉の市営共同浴場。名物である炭酸煎餅の原材料の一つである炭酸泉とラジウム泉を混合した「銀泉」と呼ばれる無色透明の湯が使われているのが特徴。浴室は内湯のみで、循環されている大浴槽のほかに、サウナと打たせ湯があります。金の湯と銀の湯をはしごするなら、2館分がセットになった割引入館券(850円)を購入するとお得。ただし、金の湯とも周辺に駐車場はないので、日帰り入浴に行くなら公共交通機関を利用したほうが無難。(2011年入湯)
所在地 兵庫県神戸市北区有馬町1039-1 (Tel.078-904-0256)
入浴料金 550円
営業時間 9:00〜21:00(入館は20:30まで、第1、第3火曜定休)
泉質 炭酸泉、ラジウム泉
おすすめ ☆☆

有馬温泉 有馬グランドホテル

有馬温泉の高台に建つ巨大ホテル。2階と最上階の9階それぞれに浴室があり、日帰り入浴の場合はどちらかを選んで入ります。今回利用したのは9階のほう。浴室からは温泉街が見渡せます。内湯は白湯の大浴槽とその奥に金泉の浴槽、露天風呂は銀泉の浴槽と白湯の浴槽があります。館内で利用できる金券付きとはいえ日帰り入浴するには敷居が高いです。(2011年入湯)

所在地 兵庫県神戸市北区有馬町1304-1 (Tel.078-904-0181)
入浴料金 平日3,500円、休日4,000円(貸しタオル、金券2,000付き)
営業時間 10:30〜22:00(通年営業)
泉質 含鉄‐ナトリウム‐塩化物強塩高温泉、炭酸泉、ラジウム泉
おすすめ ☆☆

城崎温泉 一の湯

城崎温泉は開湯1400年以上の歴史を持つ温泉です。通りのあちこちにある昔ながらの射的やパチンコの遊技場がいい雰囲気を出しています。温泉街には7つの外湯があり宿泊者は無料で利用することができます。
城崎温泉では、1972年以降は温泉資源節約の観点から、源泉は集中配湯管理施設に一旦集められそこから、各宿や外湯に配湯される方法がとられてます。そのため、現在では温泉街のどこの宿、どこの外湯でも皆同じ泉質の循環された湯が使われています。せめて、外湯だけでもそれぞれの源泉の個性を残していたら良かったのでしょうけど...。
ですので、ここは温泉ではなく、温泉街や施設の雰囲気を楽しみに行く、そんな場所だと考えれば一定の評価はできると思います。
ここ一の湯は、江戸時代に温泉医学の創始者 後藤艮山の弟子である香川修徳が著書の中でこの湯を、天下一と推賞したことからこの名が付けられたそうで、桃山方式と呼ばれる立派な建物が特徴です。内湯のほかに洞窟風呂がありますが、どちらも塩素臭が気になりました。(2003年入湯)
所在地 兵庫県豊岡市城崎町湯島415-1(Tel.0796-32-2229)
入湯料金 600円
営業時間 7:00〜23:00(水曜定休)
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
おすすめ ☆☆

城崎温泉 柳湯

城崎温泉の共同浴場の一つ。中国の名勝西湖から移植した柳の木の下から温泉が湧き出したというのが名前の由来だそうです。
城崎温泉では、1972年以降は温泉資源節約の観点から、源泉は集中配湯管理施設に一旦集められそこから、各宿や外湯に配湯される方法がとられてます。そのため、現在では温泉街のどこの宿、どこの外湯でも皆同じ泉質の循環された湯が使われています。
ここ柳湯は7つの外湯のうちでは最も小さい所で浴槽は檜で造られています。湯が熱めのせいか、浸かっている人は少なく、入りにきてもすぐにあがっていくので意外と空いていました。(2009年入湯)
所在地 兵庫県豊岡市城崎町湯島647(Tel.0796-32-2097)
入湯料金 600円
営業時間 15:00〜23:00(木曜定休)
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
おすすめ ☆☆

草山温泉 観音湯

京都と兵庫の県境近くにある日帰り入浴施設。浴室には薬湯、打たせ湯、ジャクジー、サウナ等、外には露天風呂があり、うち、内湯の一部と露天風呂に温泉が使われています。褐色の湯は鉄を含んでいるよう、海水の1.5倍もの塩分を含むのだそうです。循環されていますが塩素臭は気になりませんでした。
この施設に隣接するところに、日本人&モンゴル人夫妻が作られた「モンゴルの里」という移住式住居ゲルが並んだ施設があり、そこではモンゴル料理が食べられるほか、宿泊体験(無料)もできます。珍しいものなので温泉ついでに寄ってみるのもいいかも。(2002年入湯)
所在地 兵庫県篠山市遠方石ン堂41-1 (Tel.079-592-0211)
入湯料金 700円
営業時間 9:00〜21:00
(11月〜3月末は10:00〜。入館20:00まで。木曜定休)
泉質 ナトリウム−塩化物強塩泉
おすすめ ☆☆

草山温泉 大谷にしき荘

草山温泉のもう一つの温泉施設で、こちらのほうは宿泊することもできます。露天風呂がなく内湯のみ。浴槽もそれほど大きくなく、観音湯よりだいぶこぢんまりとした感じ。こちらも湯は循環式。露天風呂があることにこだわらなければ観音湯よりも料金が安いこちらをどうぞ。(2001年入湯)
所在地 兵庫県豊岡市城崎町湯島647(Tel.0796-32-2097)
入湯料金 600円
営業時間 15:00〜23:00(木曜定休)
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
おすすめ ☆☆

岩屋温泉 岩屋温泉会館 ※2010.01で閉館

明石と淡路島を結ぶフェリーが着く岩屋港のすぐ近くにある温泉。建物が主要道路から奥まったところにあるせいか、海水浴シーズン以外は人も少なくひっそりとしています。
脱衣所から浴室に入るとまずあるのが小さな浴槽。中に入っているの湯ではなく水、20℃の源泉風呂です。その先には扉があり、そこを開けると沸かし湯が入った湯船のある浴室になります。温泉に含まれるラドンの吸収効果を高めるために扉を設けて浴室を密封しているのだそうです。 ただ、そのせいで消毒用の塩素の臭いが充満してよけいに気になってしまいます。明石海峡大橋の近くなのに浴室からそれが見えないのは残念.....といっても、橋ができるより20年近く前に建てられた施設なので仕方ないですね。(2004年入湯)
施設の老朽化のため、2009年5月から休館していましたが、改装されることもなく2010年1月にそのまま閉館しました。(2011年追記)
所在地 兵庫県淡路市岩屋884-7(Tel.0799-72-4276)
入湯料金 560円
営業時間 13:00〜19:00、6〜9月は20:00まで(火曜定休)
泉質 放射能泉
おすすめ

南淡温泉 休暇村南淡路

鳴門海峡と福良湾が見渡せる高台にある施設。以前は露天風呂がとても小さく、せっかく好立地にあるのに女湯の露天風呂からしか大鳴門橋は見えない、入ってがっくりな所でしたが、2006年の改装により、浴室を一新、露天風呂が大きくなって男湯と女の湯のどちらからも見えるようになりました。橋が西の方向に見えるので橋と夕陽を眺めながら湯に浸かれます。湯は循環式。源泉の温度が低いので加温されています。(2002、2007、2009、2010年入湯)
所在地 兵庫県淡路市福良869 (Tel.0799-52-0291)
入湯料金 800円
営業時間 12:00〜15:00(通年営業)
泉質 ナトリウム・カルシウム塩化物泉
おすすめ ☆☆

南淡温泉 南淡路ロイヤルホテル

谷を挟んで隣にある休暇村南淡路と同じく鳴門海峡が見渡せる高台にあるリゾートホテル...と聞くと浴室からの眺めもいいように思ってしまいますが、ここのホテルの浴室があるのはなぜか地下1階、しかも庭木に囲まれていて周囲の景色は何も見えません。せっかく眺めの良い所に建っているのにもったいない。眺めと値段の安さをとるなら隣の休暇村南淡路のほうをどうぞ。
浴室は広く、内湯には大浴槽とサウナ、水風呂、外には岩組みの露天風呂があります。湯は循環式ですが、塩素臭は特に気になりませんでした。源泉の温度が低いため加温もされています。(2009年入湯)
所在地 兵庫県淡路市福良丙317(Tel.0799-52-3011)
入湯料金 1,000円
営業時間 12:00〜翌1:00(通年営業)
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
おすすめ

淡路一宮温泉 パルシェ香りの湯

一宮町の町はずれの高台にある香りをテーマにした施設で、施設には香草や香木を自家栽培する農場やそれらを加工して販売する特産物館、ハーブを使った料理のレストランがあり、その一画にこの温泉があります。
温泉部門は健康ランドのように露天風呂ジャグジーサウナ、檜風呂と健康ランド並に多種類の浴槽が揃っています。自家製ハーブが各浴槽に入れていることが特徴。湯は循環式で、香りが入っていない内湯の主浴槽は消毒用塩素の臭いが気になりました。ですので、他の浴槽もハーブの香りで隠れているのだと思います。温泉ではなく、アロマテラピーを取り入れた入浴施設というところですね。(2003年入湯)
所在地 兵庫県淡路市尾崎3025-1 (Tel.0799-85-1126)
入湯料金 600円
営業時間 11:00〜22:00
(入館は21:00まで。1、5、8月を除く第1火曜日休)
泉質 単純温泉
おすすめ

篭坊温泉 渓山荘 ※現在は温泉ではありません

兵庫県と大阪府の県境の山奥にある小さな旅館が数軒あるだけの鄙びた温泉で、平家の落ち武者が発見し、ここで傷を癒したと言われています。泉質は鉄分を含む炭酸塩泉で、かつてはここから湧く炭酸が三ツ矢サイダーに使われていたのだとか。
渓山荘には内湯と露天風呂があり、うち、露天風呂「ひょうたんの湯」の岩をくり抜いて造ったひょうたん型の浴槽が特徴。どちらも小さいので混んでいるときを外して行ったほうが良いでしょう。(2000年入湯)
現在、渓山荘の湯は地下水を沸かしたものが使われており、温泉ではありません。名称が「丹波ささやま篭坊 渓谷山荘」と変わっているのはそのせいでしょうか。(2011追記)
所在地 兵庫県篠山市後川新田222-1(Tel.079-556-2271)
入湯料金 800円
営業時間 9:00〜18:30(通年営業)
泉質 単純温泉
おすすめ

黒川温泉

有名な熊本の黒川温泉と同名ですが、こちらは兵庫県にある温泉。男女別で内湯と露天風呂が1つずつ。内湯のほうは消毒用の塩素の臭いが気になりました。露天風呂からは、ロックフィル型式という岩や土砂を積み上げて造られた黒川ダムを見上げながら湯に浸かることができます。(2001年入湯)
※2005年1月にリニューアルされています。
所在地 兵庫県朝来市生野町黒川(Tel.079-679-2067)
入湯料金 600円
営業時間 11:00〜20:00(10月〜4月は19:00まで。水曜定休)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ

明石大蔵海岸 龍の湯

明石大橋の近くにあるスーパー銭湯で、露天風呂に浸かりながら橋を見渡せるのが何よりの特徴。茶褐色の温泉が使われているのは露天風呂のみのようで、そこも循環と掛け流しを併用しているよう。四国や淡路島へ行った帰りに立ち寄って、ライトアップされた明石海峡大橋を露天風呂に浸かりながら見るなんてよさそうです。施設内には岩盤浴のできる部屋もありますが、そちらは別料金が必要です。(2007年入湯)
所在地 兵庫県明石市大蔵海岸通1-2-2(Tel.078-912-1268)
入湯料金 550円(土日祝は600円)
営業時間 9:00〜翌日2:00(土日祝は7:00から)
泉質 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム塩化物泉
おすすめ