トップページぶらっと温泉>岐阜県の温泉

ぶらっと温泉(岐阜県の温泉)

新穂高温泉 新穂高の湯

岐阜県高山市にある温泉。渓流沿いの混浴露天風呂で、 20〜30人が入れそうなくらい大きな岩組みの浴槽は底に石が敷かれていて、その間から湯が湧き出し、蒲田川に掛け流されています。脱衣所の裏や浴槽下の川には岩組みの小さな浴槽もあります。
男女別の脱衣所はあるものの、川に架かる橋から丸見えの位置にあるので、女性が入るのは昼間はちょっと難しいと思います。(1999年入湯)
以前は、冬でも入ることができましたが、現在は冬期は閉鎖されるため、入浴することができません。(2011年追記)
所在地 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
(Tel.0578-9-2614 奥飛騨温泉郷観光協会)
入浴料金 寸志(清掃協力金200円程度)
営業時間 8:00〜21:00(4月下旬〜10月下旬利用可。冬期閉鎖)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆☆

栃尾温泉 荒神の湯

蒲田川の河原にある共同浴場。受付の人はいない無人の施設なので、入口にある料金箱に維持管理料としてお金を入れて入ります。
露天風呂のみで、岩組みの浴槽が2つあります。訪れたのが冬で入りにくる人が少ない時期だったのか、2つある湯船のうち、湯が入っているのは1つだけでした。 男湯と女湯の仕切以外は目隠しの塀のようなものは何もないので開放感たっぷりです。(2001年入湯)
所在地 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾温泉
(Tel.0578-9-2458(奥飛騨温泉郷観光協会))
入湯料金 200円程度(維持協力金)
営業時間 10:00〜21:00(通年営業)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆☆

飛騨金山温泉 道の温泉駅かれん

国道41号線沿いにある、全国でも珍しい温泉施設と宿泊施設を併設した道の駅。浴室にはガラス張りの内湯と露天風呂があり、建物裏を流れる馬瀬川を見下ろしながら浸かることができます。湯は循環式で塩素臭はするものの、それほど気になるものではありませんでした。
温泉とは関係ない話ですが、ここの町の人たち、ちびっ子からお年寄りまで、町で出会うとみなさん気軽にあいさつをしてくれるのです。近くには下呂温泉もあり、温泉だけでみると特筆すべきことはない所なのですが、町にとても良い印象を持ちました。(2008年入湯)
所在地 岐阜県下呂市金山町金山911-1(Tel.0576-32-4855)
入湯料金 450円
営業時間 7:00〜9:00、11:00〜21:00(第3木曜定休)
泉質 アルカリ性単純泉
おすすめ

下呂温泉 白鷺の湯

下呂温泉の共同浴場の一つ。有馬温泉・草津温泉とともに日本三名泉として知られている下呂温泉も、現在はいくつもある源泉が集中管理されていて、共同浴場に入っても、高級旅館温泉に入っても同じ泉質の湯となっています。
大正時代に建てられた洋館風の建物の中は、1階の入口から入って、2階の脱衣所で着替え、階段を下りて1階の浴室に行くという、ちょっと変わった造りをしています。浴室は内湯のみで、檜造りの浴槽が接する飛騨川側の壁が一面ガラス張りになっていて、下呂の街や飛騨川を見下ろしながら湯に浸かることができます。湯は循環と掛け流しが併用されています。
今回、昼過ぎに行ったら、建物入口にある無料の足湯(ビーナスの足湯)は浸かっている人がたくさんいるのに、中の浴場は数人だけでした。ここまで来たのなら、内湯にも入っていかないと勿体ないですよ。(2008年入湯)
所在地 岐阜県下呂市湯之島856-1(Tel.0576-25-2462)
入湯料金 300円
営業時間 10:00〜22:00(不定休)
泉質 アルカリ性単純泉
おすすめ ☆☆

やまと温泉 やすらぎ館

道の駅やまとの一画にある、書院造りを現代風に再生したという新和風建築の温泉施設。浴場内で温泉が入った浴槽は内湯のうちの1つだけ。それも消毒用の塩素臭が気になるものでした。浴室にはこの浴槽以外にサウナ・露天風呂等多種類の浴槽があり、中でもジェット噴流が出るタイプのものがたくさんあるのが特徴。この付近には県内の主要スキー場が密集していて、スキー・スノボ帰りに立ち寄るにはもってこいの立地条件と設備。ジェット噴流のマッサージ効果は翌日の筋肉痛をかなり軽減してくれそうです。温泉として入りにくるのではなく、スキー・スノボ帰りの立ち寄り湯として考えると、これはこれで評価できます。(2002年入湯)
2010年12月に露天風呂に源泉掛け流しの陶器浴槽が新たに設置されました。(2011年追記)
所在地 岐阜県郡上市大和町剣189(Tel.0575-88-9126)
入湯料金 600円
営業時間 10:00〜21:30(入館は21:00まで、火曜定休)
泉質 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
おすすめ