トップページぶらっと温泉>長野県の温泉

ぶらっと温泉(長野県の温泉)

新戸倉温泉 戸倉国民温泉

戸倉温泉という温泉街の中にある共同浴場で、観光客らしき人の姿は見られず、地元の人で賑わっていました。
浴室は内湯のみで、中央にある楕円形の浴槽からは少し硫黄臭のする湯が掛け流されています。浴槽だけでなく、洗い場の蛇口から出てくるのも温泉、シャワーから出てくるのも温泉。極めつけは、洗い場の床から床の洗浄&保温のために吹き出している湯も温泉だったりします。ということで、湯量の豊富さを活かした贅沢な浴室が何よりの特徴の温泉です。
湯から上がり、脱衣所で火照った体を冷やしていると、番台のおばさんが、私に話しかけるように「もぉ〜びしょびしょにして」と言いながら濡れた床を拭いています。誰かが湯上がり時ににちゃんと体を拭かなくて床をぬらしてしまったようです。子供かなぁと思いながら、涼んでいると、おばさんが「もぉ〜びしょびしょにてい」とまた言ってこっちを見ています。.....ひょっとして、私が濡らしたのだと思っているんじゃあ。違うっ、私は無実です!(2006年入湯)
所在地 長野県千曲市大字戸倉字芝宮2228-2(Tel.026-275-0457)
入湯料金 300円
営業時間 8:45〜22:00(毎月2日定休。通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

霊泉寺温泉 霊泉寺温泉共同浴場

霊泉寺温泉は、近くの鹿教湯温泉と大塩温泉からなる丸子温泉郷の一つで、温泉街の中心に共同浴場があります。
浴室は内湯のみで、長方形の浴槽が1つ。浴室に入ってみると湯が青い。ひょっとして明礬泉??と思ったら、湯船のタイルが青かったのでした。洗い場の床には所々小さな穴が空いていて、そこから湯が沸き出し、冬は冷たく感じるタイルを暖めてくれます。湯は無色透明で掛け流されています。消毒用の塩素が投入されているとのことすが、塩素臭は気になりませんでした。
今回、丸子温泉郷の共同浴場を3つとも入ってみたわけですが、鹿教湯温泉は賑やか、大塩温泉は寂れた、そして霊仙寺温泉は鄙びた印象を受けました。(2003年入湯)
所在地 長野県上田市平井2515(Tel.0268-42-1048 ※丸子観光協会)
入湯料金 200円
営業時間 7:00〜21:30(通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆

大塩温泉 大塩温泉共同浴場

大塩温泉は、武田信玄の隠し湯と伝えられる温泉地で、集落の公民館も兼ねた施設に共同浴場はあります。周辺には廃墟となった旅館がいくつかあり、鄙びたというよりも寂れている雰囲気。
浴室は内湯のみで、湯温の異なる大小2つの浴槽があります。源泉の温度が低いため、加温されていますが、加水なし、循環なし、消毒剤投入なしの源泉が掛け流されています。
湯に浸かっていると、洗い場にいたおじさんが私のすぐ隣に浸かってきました。ガラガラの湯船なのにどうして??ひょっとしたら、常連さんで私がいるところがお気に入りの場所なのかもしれない、と思って少し場所を移動したのですが、しばらくするとまたこっちに寄ってくるではありませんか。身の危険!?を感じてそそくさと湯からあがりました。私はそういう趣味はありません。(2003年入湯)
所在地 長野県上田市西内150
(Tel.0268-42-1048 ※丸子観光協会)
入湯料金 200円
営業時間 14:00〜21:00(毎月15日、30日定休)
泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆

鹿教湯温泉 文殊の湯

昔、猟師が鹿を追っていたところ、ここの湯で鹿が傷を癒しているのを見つけたのが温泉発見の由来なのだとか。まさに字のとおり「鹿が教えてくれた温泉」ですね。その鹿教湯(かけゆ)温泉の共同浴場がここ文殊の湯。
浴室は、タイル張りの大小2つの浴槽がある内湯と露天風呂があり、露天風呂と名前はつくものの、対岸からの目隠しがあって開放感はいまいちでした。
12月末から2月初めにかけて、ここから近くの文殊堂という寺へ続く参拝道の脇に氷灯籠と呼ばれる氷で作られた灯籠がいくつも並べられ、夕方から夜にかけて灯がともされます。(2003年入湯)
所在地 長野県上田市鹿教湯温泉1243-1(Tel.0268-44-2288)
入湯料金 300円
営業時間 9:00〜21:00(受付は20:30まで。通年営業)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆

白馬塩の道温泉 倉下の湯

その昔、日本海で作られた塩や海産物が糸魚川市から松本へ運ばれていた「塩の道」のルート上にあることに温泉の名称は由来します。
浴室は男女別の露天風呂のみ。浴槽には、毎分45L湧出する茶褐色の源泉が掛け流されています。檜造りの浴槽は15人くらいが入れる大きさで、冬期は防寒・防雪のためにビニールカーテンが掛けられます。ですので、開放感・眺望を楽しむには、掛けられていない時期に入るとよいでしょう。天気の良い日には、湯に浸かりながら白馬連山を一望することができます。(1999年入湯)
所在地 長野県北安曇郡白馬村大字北城9549-8(Tel.0261-72-7989)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜22:00(受付は21:30まで。通年営業)
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆☆

白馬塩の道温泉 ガーデンの湯

国道148号線沿いのドライブインの一画にある日帰り入浴施設。
浴室は、内湯に温泉の入った浴槽と沸かし湯の浴槽が1つずつと露天風呂があり、湯は倉下の湯と同じ茶褐色の湯が掛け流されています。いきとどいていないのか、あえてしていないのかわかりませんが、施設管理がちょっと不十分。数年先も営業しているのだろうかと思ったり.....。ですので、私的には倉下の湯のほうをおすすめします。(1999年入湯)
所在地 長野県北安曇郡白馬村北城12867-222
(Tel.0261-72-6700)
入湯料金 600円
営業時間 冬期とGW、夏休み期間以外は土日のみの営業
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆

小谷温泉

雨飾山の南麓、標高約900mにある森の中の露天風呂。男女別となっていて、岩組みの浴槽に注がれる源泉は熱いため、ホースで引かれた水を入れて温度調整をして入ります。女湯は男湯から少し上がったところにあり、よしずの目隠しが張られているので、女性の方も比較的入りやすいほうだと思います。
温泉は日本百名山の一つである雨飾山の登山口近くにあるので、登山客が下山する頃は賑わいます。ですので、その時間帯を外したほうがゆっくり浸かれます。(1995年訪問)
所在地 長野県北安曇郡小谷村中土18926-1
(Tel.0261-85-1607 ※雨飾荘)
入浴料金 寸志
営業時間 10:00〜21:00(冬期閉鎖)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆

白馬八方温泉 第一郷の湯

八方尾根の麓にある温泉地、白馬八方温泉は pH11以上もあるアルカリ性の強い湯が特徴で、その共同浴場の一つがここ。
建物は木造で、内風呂と露天風呂が1つずつ。どちらも数人が入れるくらいの大きさ。カランから出る湯にも温泉が使われています。
村営駐車場の端にあり、ここにスキーツアーのバスが駐車するため、夕方になると付近の宿に泊まっていた客が帰路のバスへの乗車前に入ろうと集まってきて、浴室は芋洗い状態になります。ですので、ゆっくり浸かりたいならその時間を外したほうがよいでしょう。(1995年入湯)
所在地 長野県北安曇郡白馬村北城5695(Tel.0261-72-5705)
入湯料金 500円(毎月8日は半額になる)
営業時間 12:00〜21:00(水曜定休、冬期無休)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆

白馬八方温泉 第二郷の湯

八方尾根の麓にある温泉地、白馬八方温泉はpH11以上もあるアルカリ性の強い湯が特徴。第二郷の湯はその共同浴場の一つで、第一郷の湯の近くにあるものの、温泉街の中にあるのでバスツアーのスキー客には見つかりにくそう。ただし、駐車場は数台しか停めるスペースがないので、どこかに停めてから歩いてきたほうがよいでしょう。
建物は六角形が三つ連なったような形で、浴室の檜造りの浴槽も六角形をしているという、六角形にこだわった造りをしています。八方なので八角形にしたほうがよかったのではないかと思うのは私だけでしょうか。湯は、加温、加水、循環なしで掛け流しとなっています。(2002年入湯)
所在地 長野県北安曇郡白馬村北城5695(Tel.0261-72-6541)
入湯料金 500円
営業時間 12:00〜21:00(火曜定休。冬期無休)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

白馬八方温泉 小日向(おびなた)の湯

八方尾根の麓にある温泉地、白馬八方温泉はpH11以上もあるアルカリ性の強い湯が特徴。おびなたの湯はその共同浴場の一つで、浴室は岩組みの露天風呂のみ。川方向には塀はなく、山々の眺望がききます。湯は、加水、加温、循環なしの源泉掛け流しです。(1996年入湯)
所在地 長野県北安曇郡白馬村北城9346(Tel.0261-72-3745)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜18:00(11月中旬〜2月末の冬期休業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆

白馬姫川温泉 天神の湯

白馬ハイランドホテル内の日帰り入浴もできる温泉。浴室には、ガラス張りの内湯と岩組みの露天風呂があり、湯に浸かりながら北アルプスを一望できるのが特徴。湯は加温・循環ありで消毒用の塩素の臭いが気になりました。
ホテルは白馬ハイランドスキー場に隣接していて、スキーシーズンにはリフト券と温泉券がセットになったお得なパックも発売されています。毎月26日は風呂の日として、入浴料金が300円に割引されるのでお得。(2000年入湯)
所在地 長野県北安曇郡白馬村北城21582(Tel.0120-898-153)
入湯料金 500円
営業時間 11:00〜17:00(受付は16:30まで。通年営業)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆

白馬八方温泉 庄兵衛の湯

リゾートホテル「樅の木ホテル」の敷地内にある温泉施設。浴室には内湯と庭園風の露天風呂があり、肌がつるつるになる強アルカリ性の湯が特徴。 雪の季節にくると、雪景色と湯気と照明で露天風呂は幻想的な雰囲気に。ウィンタースポーツのシーズンだと、混んでしまうのが難点。(2000年入湯)
所在地 長野県北安曇郡白馬村和田野の森4683-2
(Tel.0261-72-5001)
入湯料金 800円
営業時間 5:00〜10:00、12:00〜22:00(通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆

白馬かたくり温泉 十郎の湯

冬期は24時間営業されていて、低価格で雑魚寝の仮眠室が利用できるので、前日から来て翌早朝からスキーやスノーボードを楽しむ方には便利な施設。
浴室は内湯と露天風呂が1つずつ。露天風呂といっても、屋根付きで側面には塀があり、前面も大きめの窓くらいの部分しか開いてなくて開放感はありません。湯は加温ありで、掛け流しと循環が併用されています。消毒用の塩素臭も気になりました。(2002年入湯)
所在地 長野県北安曇郡白馬村神城25555 (Tel.0261-71-8160)
入湯料金 2時間まで600円(5時間まで1500円)
営業時間 24時間営業(夏季は10:00〜22:00。毎月第2火曜定休)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆

北小谷温泉 深山の湯

国道148号線沿いにある「道の駅おたり」に併設される日帰り温泉。施設内で食事をすると入浴料金が半額になってお得。
浴室は、主浴槽の「熱湯」と「ぬる湯」のほか、水風呂、薬草風呂、サウナがあり、露天風呂もあります。硫黄臭のある茶色い湯は加温なし、加水なしで掛け流されています。
ふつうの浴室だと、浴槽と洗い場の間はスペースがあるものですが、ここはそれがほとんどなく、そのスペースを使って洗い場の数を増やしている様子。スキー帰りの人達で混雑することを考えてのことなのかもしれませんが、浴槽に浸かっているすぐ近くに体を洗っている人がいると何だか落ち着きません。(2002年入湯)
所在地 長野県北安曇郡小谷村北小谷1861-1
(Tel.0261-71-6000)
入湯料金 600円
営業時間 11:00〜21:00(受付は20:30まで。水曜定休)
泉質 ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

葛温泉 仙人閣

大町市といっても市街地から10kmほど離れた山奥にあります。「葛」の名前は、昔、食べ物に困った地元の人が葛の根を採りに行ったときに発見されたことから付いたものだそうで、3軒の温泉宿が建ち並びます。
冬の昼頃に訪れるとホテルはひっそりしていて、客は誰もおらずフロントの人だけ。浴室へ向かって歩いているときも誰に会わず、浴室内も誰もいません。し〜ん.....混んでいるより空いているほうが断然良いのですが、ここまで人がいないとちょっと不気味な感じてしまいます。
浴室は、内湯に小さめの浴槽と滝風呂と名の付いた謎の岩風呂(笑)が、外に男女別の露天風呂と半混浴のものがあります。内湯は循環されていて、塩素系消毒剤も入れられているそうです。露天風呂ほうは源泉掛け流しなので、内湯はスルーしてそちらに行きましょう。(2005年入湯)
所在地 長野県大町市平2118(Tel.0261-22-3211)
入湯料金 600円
営業時間 11:00〜20:00(通年営業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆

大町温泉郷 薬師の湯

近くの旅人宿に泊まったら断水で風呂に入れず、幸か不幸か(笑)ここに行くこととなりました。大町温泉郷では唯一の日帰り施設で、新館「アルプス自然浴の館」と旧館「体験風呂の館」、それぞれに入浴施設があり、下記料金で両方を利用することができます。
旧館のほうは、ここ本来の泉質である単純温泉の浴槽の他に、人工的に作られた硫黄泉と重曹泉、食塩泉の浴槽があり、施設の名前のとおり、それらを体験することができます。温泉地なのにどうして他の泉質の浴槽も作る必要があるのか疑問が。
新館のほうは、湯に浸かりながら、山の切れ間からの北アルプスが望めるのが特徴。湯は、ぬるめの湯の入った浴槽のみ源泉掛け流し、熱めの湯の入った浴槽のほうは、季節によって加温しているとのこと。ただし、どちらも消毒用塩素が入れられており、臭いが気になりました。
今回は夜に訪れたのですが、新館のほうしか入れず、さらに閉館の10分ほど前にもう空調が止められ、受付のおじさんが片付けをはじめる始末。寒い脱衣所で追い出されるように着替えることになりました。閉館時間まではしっかりやってもらいたいですね。(2005年入湯)
東日本大震災の発生に伴う節電・節エネルギー取組みとして、平日は新館のみの営業となっています。旧館も利用できる休日と入浴料金は変わらないので、休日に行ったほうがお得です。(2011年追記)
所在地 長野県大町市平2811-41 (Tel.0261-23-2834)
入湯料金 600円
営業時間 5:00〜21:00(11月〜4月末は8:00から。通年営業)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆

美麻温泉 ぽかぽかランド美麻

オリンピック道路(県道31号線)沿いにある、道の駅美麻に併設の温泉宿泊施設。
浴室には、主浴槽の他にジェットバス、打たせ湯、露天風呂、サウナ等、数種類の風呂があります。
湯は源泉の温度が低いため、加温されています。循環もされていて、消毒用の塩素臭が気になるものでした。浴室からの眺めが良いということもなく、車で少し走れば周辺にはいい温泉はいくつもあるので、あえてここに入ることもないかと思います。(2001年入湯)
所在地 長野県大町市美麻16784(Tel.0261-29-2030)
入湯料金 600円(5:00〜8:00は300円)
営業時間 10:00〜20:30(毎月第4木曜定休)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆

奥裾花温泉 鬼無里の湯

鬼無里と書いて「きなさ」と読みます。浴室は内湯のみで、浴槽の内部がイタリア産の大理石、縁がブラジル産の御影石で造られているのが特徴。冷泉のため、加温され、さらに循環されています。テレビの取材がよく来るらしく、無料休憩室の壁には芸能人のサイン色紙がたくさん貼っていました。その中に、昔、「欽ちゃんのどこまでやるの」でブレイク(?)した斉藤清六さんのサインを発見しました。懐かしい〜。(2002年入湯)
この施設は「国民宿舎鬼無里荘」という名称でしたが、2003年8月に改装され、現在の名称に変更されました。以前からある内湯に加え、露天風呂が新たに設けられています。 (2011年追記)
所在地 長野県長野市鬼無里日影8855(Tel.026-256-2140)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜21:00(通年営業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆

上諏訪温泉 片倉館

昭和4年に造られた西洋風の温泉施設。この地で製糸業を始めた片倉財閥の二代目である片倉兼太郎氏が従業員の福祉施設として作ったものなのだそうです。
浴室は、中央に千人風呂と呼ばれる玉砂利の敷かれた大きな浴槽があり、深さが1.1mもあるのが特徴。歩行浴をするにはちょうどいい浴槽ですね。 湯は、加水あり、加温あり、循環ありで消毒用の塩素臭のするもので、建物の造りや雰囲気を楽しむタイプの温泉です。(2002年入湯)
所在地 長野県諏訪市湖岸通り4-1-43(Tel.0266-52-0604)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜20:30(通年営業)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆

上諏訪温泉 ハイウェイ温泉諏訪湖

中央自動車道のSA(サービスエリア)内にある日本唯一の温泉。足柄SAと多賀SAにも入浴施設がありますが、温泉なのはここ諏訪湖SAだけ。上り方面と下り方面のSAのそれぞれに温泉施設はあり、上りは諏訪市に、下りは岡谷市にあるため、入湯税の差が入浴料金の違いとなっています。
浴室は内湯のみで2つの浴槽があります。湯は消毒用の塩素臭が気になりました。SAにあるということと、浴室から諏訪湖を一望できるのが特徴。(2003年入湯)
所在地 上り:長野県諏訪市豊田所久保3118-5(Tel.0266-53-7115)
下り:長野県岡谷市湊435(Tel.0266-58-2323)
入湯料金 上り:595円、下り575円
営業時間 10:00〜21:00(土日祝は22:00まで。通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ

湯川温泉 河童の湯

湯川に河童が住んでいたという伝説があることから名付けられた市営の共同浴場。浴室はタイル張りの浴槽のある内湯と岩組みの露天風呂が1つずつ。パンフレットには「湯量豊富な源泉掛け流し.....」と書かれていますが、行ってみると循環され、消毒用の塩素臭のする湯でした。「信州の温泉」をイメージして行くと期待が外れるかも。
白樺湖から茅野市に降りる途中にあるので、バイクに乗っていて体が冷えてしまったときやスキー帰りには良さそうです。無料のマッサージ機やインターネット閲覧ができるパソコンが置いているのも魅力。(2008年入湯)
所在地 長野県茅野市北山湯川1263(Tel.0266-77-2929)
入湯料金 400円(町民300円)
営業時間 7:00〜21:30(木曜定休。通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ

下條温泉 秋桜の湯

国道153号線から脇道を1kmほど進んだ高台にある村営温泉。浴室には、内湯と岩組みの露天風呂が1つずつあります。高台にあって眺めがいいのがここの特徴で、露天風呂や一面ガラス張りの内湯からは中央・南アルプスの山並みを見渡せます。ですので、ここに入るなら天気の良い日の昼間に来るのがおすすめです。湯のほうは、加温・循環ありで、硫黄泉ですが硫黄の匂いはほとんどなく、消毒用の塩素の臭いのほうが気になりました。
この村は、俳優の峰竜太さんの出身地だそうで、土産物屋さんには峰さんの名前がついた飴やそば、餅などが並び、看板や村のガイドマップにはイラストで登場していたりと、地元での人気が伺えました。(2008年入湯)
所在地 長野県下伊香郡下條村睦沢3405(Tel.0260-27-2600)
入湯料金 400円
営業時間 10:00〜21:00(受付は20:30まで。毎月第1月曜定休)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆

長門温泉 やすらぎの湯

コンビニまである大きな道の駅「マルメロの駅ながと」に隣接する施設で、浴室は内湯の主浴槽と打たせ湯、ジェットバス、サウナ、水風呂、露天風呂と何種類もあるスーパー銭湯のような感じです。露天風呂には、和紙の原料である楮(こうぞ)を煮るときに使われていた羽釜を浴槽にした釜風呂があり、この浴槽のみ源泉が掛け流されています。ですので、これを上がり湯にするとよいそうです。(2008年入湯)
所在地 長野県小県郡長和町古町2436-1(Tel.0268-68-2601)
入湯料金 500円(町民は300円)
営業時間 9:00〜22:00(受付は21:00まで。毎月第2・4月曜定休)
泉質 ナトリウム-硫酸塩泉
おすすめ ☆☆

乗鞍高原温泉 乗鞍ファミリーロッジ

乗鞍高原にある木造2階建てのロッジで、ユースホステル(YH)協会にも加盟している温泉宿泊施設。
浴室は男女別の内湯のみ。硫黄臭のある白濁した湯が木製の浴槽から掛け流されています。カランの湯量・温度が不安定だったり、YH利用だと入浴時間制限があり、その時間も短くてゆっくり浸かれず、と個人的にあまり印象は良くありません。(1995年入湯)
所在地 長野県松本市安曇鈴蘭4275(Tel.0263-93-2014)
入湯料金 日帰り入浴不可。1泊2食ロッジ8,550円、YH4,430円から
営業時間 11:00〜18:00(通年営業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆