トップページぶらっと温泉>山梨県の温泉

ぶらっと温泉(山梨県の温泉)

はやぶさ温泉

名前の由来はこの温泉が「隼」という集落にあるからで、鳥のハヤブサとは関係ありません。湧出量毎分500Lと湯量が豊富なことが何よりの特徴で、洗い場の蛇口から出てくる湯も温泉が使われているという贅沢な温泉。岩組みの露天風呂もありますが、湯がやや温めで眺めも良くないせいか、賑わうのは内湯のほう。鯉を象った石像の口からはどばどばと加温・加水なしの源泉が注がれて、浴槽から掛け流されています。獅子系の注ぎ口はよく見られますが、鯉のものは珍しいのではないでしょうか。飲用効能が高いのか、地元の人がたくさんのペットボトルを持って入って、熱心に温泉汲みをしているのが印象的でした。(2005年入湯)
所在地 山梨県山梨市牧丘町隼818-1(Tel.0553-35-2611)
入湯料金 2時間まで500円、4時間まで1000円、1日利用1400円
営業時間 9:00〜21:00(火曜定休、通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

川治温泉 薬師の湯

鬼怒川の川ぞいにある共同浴場。混浴風呂と女性専用風呂が川を挟んで建ち並ぶ温泉宿と反対側にあり、混浴のほうは目隠しのようなものは何もないので対岸からは丸見え状態。女性には混浴のほうに入るのは厳しいと思います。
浴室は、ガラス張りの洞窟風の内湯とコンクリート屋根付きの半露天風呂があり、冷たい風が吹き付けてくる露天風呂の湯はぬるめ、冷風のこない内湯は熱めと、どっちに入ろうか悩んでしまいます。(2001年入湯)
薬師の湯は2009年4月に改装され、上記内湯のあったところに男女別の内湯と貸切風呂が造られ、料金も300円から500円に値上がりしました。写真の混浴露天風呂は冬期のみ入浴が可能です。私的には魅力がなくなってしまった感。(2011年追記)
所在地 栃木県日光市川治278-2(Tel.0288-78-0229)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜21:00(水曜定休)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆☆(評価は改装前のもの)

ほったらかし温泉

山ばかりあるのに「やまなし」と名が付くいう山梨県にある日帰り温泉施設。山梨駅から登ったフルーツ公園からさらに1kmほど上の山の頂上部にこの温泉はあります。
浴室は、1999年に造られた作られた「こっちの湯」と2003年に新しく造られた「あっちの湯」があり、どちらも内湯と木枠のある露天風呂と岩組みの露天風呂があります。露天風呂は数十人くらい入れるくらいの大きさがあり、平日・休日、昼夜にかかわらず多くの人が訪れます。観光バスでここの湯に入るツアーもあるとか。
源泉の温度の低いこっちの湯のほうのみ加温あり、入浴客が多いときにはどちらの湯も循環と掛け流しを併用しているそうです。
ここの特徴は露天風呂からの眺め。山の頂上にあって、遮るものがないので、湯に浸かりながら、甲府盆地が見渡すことができます。あっちの湯からは富士山も見ることができます。2004年12月からは日の出前からの営業となったので、早起きして湯に浸かりながら日の出をみるのもいいかも。(2004年入湯)
所在地 山梨県山梨市矢坪1669-18(Tel.0553-23-1526)
入湯料金 700円
営業時間 日の出1時間前〜22:00(通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆

川浦温泉 山縣館

いったいいくつ隠しているのかと思ってしまうくらいあちこちにある武田信玄の隠し湯の一つ、信玄公岩風呂「渓流雅之湯」がある高級旅館。日帰り入浴料金のほうもかなり高めの設定となっています。
浴室は、内湯と露天風呂のある「薬師之湯」と「せせらぎ之湯」、混浴の「渓流雅之湯」、他に貸切風呂が2つあります。薬師之湯とせせらぎ之湯は、異なる造りで、時間帯によって男女のいずれかの浴室に割り当てられています。客室かと思うような豪華な脱衣所隣の休憩所も特徴。
笛吹川のほとりにある渓流雅之湯と宿泊施設はかなりの高低差があるため、途中にはそこへ行くためだけのエレベータが設置されています。施設を出て、渡り廊下を進み、エレベータに乗って十数メートル下り、さらに木の階段を50段くらい歩いて下ると到着。あまりに距離があるせいか、途中に休憩所もあったりします。ということで、この湯に浸かりにいく人は、入浴前後の軽いウォーキングを覚悟して行って下さい。(2005年入湯)
所在地 山梨県山梨市三富川浦1140(Tel.0553-39-2111)
入湯料金 1500円
営業時間 11:00〜17:00(通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆

富士眺望の湯 ゆらり

道の駅「なるさわ」の敷地内にある日帰り入浴施設。旅館風の造りで、16種類の浴槽があるというのが特徴。うち1つは追加料金が必要な砂むし風呂、そして7つは追加料金が必要な貸切風呂となっていて、すべての浴槽に浸かろうとすると5万円近くかかってしまうというすごい温泉。私的には、入浴料金が高いのがここの何よりの特徴だと思います。
施設の名前のとおり、富士山を眺めながら湯に浸かることができますが、どの湯も消毒用の塩素臭が気になりました。洞窟風呂なんて密閉されていて、臭いが充満していて苦痛。(2003年入湯)
所在地 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5(Tel.0555-85-3126)
入湯料金 1200円(タオル付き。19:00以降の入館は1000円)
営業時間 10:00〜22:00(通年営業)
泉質 ナトリウム・炭酸水素塩泉
おすすめ