トップページぶらっと温泉>石川県の温泉

ぶらっと温泉(石川県の温泉)

白山杉の子温泉

白山の麓、国道157号線沿いの木工所の一角にある日帰り入浴施設で、温泉の名前もそれに由来するのだそうです。
浴室は内湯のみで、2人入れるくらいの木製の浴槽が2つ並んでいて、中央から注がれているのは加水・加温・循環なしの源泉。けっこうな量の源泉が掛け流されていて、洗い場のカランから出る湯も温泉が使われているという贅沢な温泉施設です。(2011年入湯)
所在地 石川県白山市佐良タ121 (Tel.0761-95-5873)
入浴料金 330円
営業時間 10:00〜20:30(月曜定休、受付は20:00まで)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

石引温泉 亀の湯

兼六園の近くにある温泉銭湯で、浴室は入口左に三段になった浴槽に続き、水風呂、サウナ、奥にもう一つ浴槽があります。濃い色をしたモール泉で、源泉の温度が低いため、内湯の湯は加温されています。循環もされていますが、消毒用の塩素臭は全く気になりませんでした。
ここの人気は奥の扉を開けたところにある露天風呂。透明アクリル板の屋根と壁面でほとんど覆われていて、露天風呂と言うよりもガラスハウスの中にある浴槽のような感じですが、ここの湯は源泉が加水・加温なしで掛け流されています。しかもけっこうな湯量。湯温が低いので、露天風呂はゆっくり浸かれて良いです。
この施設は国道沿いにあり、1階の駐車場は道路沿いにあるのですが、正面玄関は2階のその裏方向、住宅街の袋小路の最奥にあって、カーナビの案内のとおりに行くとそちらのほうに行ってしまいます。玄関側は車が1台停められるくらいのスペースしかなく、しかも、車同士がすれ違えない狭い路なので、対向車がいると、数十メートル手前までバックしないとならず、行くと後悔することを間違いなし。訪れるときはこちらに行ってしまわないよう注意。(2011年入湯)
所在地 石川県金沢市石引2-15(Tel.076-262-4126)
入浴料金 420円
営業時間 12:30〜23:30(金曜定休)
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆

山中温泉総湯 菊の湯

石川県加賀市にある温泉。山中温泉は加賀温泉郷(山代、山中、粟津、片山津)の一つで最も山奥にあります。温泉街の中心にあるのがこの共同浴場「菊の湯」。写真の立派な建物は男湯で、女湯のほうは同じような大きさの別棟にあります。
広い浴室の中央には石張りの浴槽があり、数十人が入れそうなくらい大きく、そして腰より上まで浸かるくらいの深さがあります。湯は無色透明で温度はやや高め。そのせいか、湯に浸かっているより、浴槽の縁に座っている人のほうが多いです。浴槽の縁からは結構な湯が掛け流されているものの、循環と併用しているそうです。少し消毒用の塩素臭が感じられました。
ここを訪れたのは夜7時頃。周囲の温泉宿の宿泊客のような人はおらず、入っているのは地元の人たちばかり。たいていの共同浴場は入っているのは年配の人ばかりですが、ここは大人から子供まで家族連れでやってきます。それも町の人がみんな入りに来ているのではないかと思うくらい途切れることなく次々に。こんな活気のある共同浴場は初めてです。後から知ったのですが、このあたりに住む人の半数は家に風呂がないのだとか。近くにこんな所があるのだったら、なくてもいいですね。
山中温泉というと、団体客向けの歓楽温泉という良くないイメージがあって、これまで立ち寄らなかったのですが、今回行ってみてがらっと印象が変わりました。(2010年入湯)
所在地 石川県加賀市山中温泉湯の出町レ11
(Tel.0761-78-1370)
入湯料金 420円
営業時間 7:00〜23:30(通年営業)
泉質 カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆

休暇村 能登千里浜

自家源泉を持ち、湯量が毎分400リットルと豊富なことから「なみなみの湯」と名付けられています。もちろん、内湯・露天風呂とも循環なしの掛け流しになっています。源泉の温度が高いため、内湯のほうは加水されているようですが、それでも湯は熱め。露天風呂はさらに熱い湯でした。こちらは加水されていないのかも。休暇村で温泉、しかも源泉掛け流しのところは数少ないので貴重な存在。
気になったのは、内湯と露天風呂の間にある隔室の配水管の清掃が十分できていないようで異臭がしたこと。せっかくの湯なのに残念。次回行くときには改善されていることを期待。(2010年入湯)
所在地 石川県羽咋市羽咋町オ70(Tel.0767-22-4121)
入湯料金 日帰り入浴不可(1泊2食7,600円〜)
営業時間 11:00〜翌9:00
泉質 ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆

中宮温泉 木戸旅館

石川県と岐阜県を結ぶ白山スーパー林道の石川県側の入口近く、標高700mの山深い所にあるので、12月から4月上旬までの間は積雪のため閉鎖されます。中宮温泉にある3軒の温泉宿のうち、何となく入ったのは木戸旅館。
内湯のみで露天風呂はありません。こじんまりとした内湯の檜造りの浴槽に注がれる湯は、加水・循環なしの61℃の源泉がそのまま掛け流されています。壁の白山の絵を見ながら湯に浸かってゆったり.....と思ったら、入浴客が少ないせいか、浴槽の湯が熱くて浴槽の縁に座っていることのほうが多かったです。
麓にある道の駅では中宮温泉(3軒共通)のどの旅館でも利用できる割引券をおいてあるので、そちら方面からの方は、それをもらってから行くのがおすすめ。(2010年入湯)
所在地 石川県白山市ク5-1-11(Tel.076-256-7953)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜15:00
泉質 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆☆

加賀八幡温泉 総湯

このあたりでは共同浴場のことを総湯と呼んでいるようです。訪れたのが夕方なのもあって、仕事帰りと思われる地元の人たちが次々に入ってきました。浴室は内湯のみでごくふつうの銭湯の雰囲気。石鹸やシャンプーはないので持参するか、フロントで購入する必要があります。
温泉からちょっと話が外れますが、ここの入浴券は紙ではなくてプラスチック製でした。券売機で購入ボタンを押すとカタンと出てきました。受付のおばさんの言うとおり、こっちのほうが何度も使えてエコですね。(2010年入湯)
所在地 石川県小松市加賀八幡イ14-4(Tel.0761-47-3269)
入湯料金 420円
営業時間 10:00〜22:00(第2、第4金曜不定休)
泉質 ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉
おすすめ