トップページぶらっと温泉>福島県の温泉

ぶらっと温泉(福島県の温泉)

土湯沢温泉 土湯沢温泉旅館

国道459号線をそれてダート路を登っていった山奥にあるからか、秘湯感があります。浴室は数人入ればいっぱいになるような小さな内湯の浴槽のみ。湯温がそれほど高くないため、加水なしで源泉が掛け流されています。
施設のおじさんの話では、山奥にあるこの建物には電気・ガスは通っていないため、湧き水の流れを利用して水車を回して発電して、それで建物全ての電気をまかなっているのだそうです。しかもその発電設備は自家製なのだとか。(2002年入湯)
所在地 福島県耶麻郡猪苗代町字土湯沢山7083-2
入湯料金 500円
営業時間 9:00〜17:00(通年営業)
泉質 未確認
おすすめ ☆☆☆☆

中ノ沢温泉 扇屋旅館

中ノ沢温泉は安達太良山の西麓にある静かな温泉地で、胃腸病に効能があるといわれる強酸性の湯が特徴。観光協会でもらったパンフレットを見て何となく立ち寄ってみたのがこの旅館でした。
浴室には内湯に大きめの檜造りの浴槽と外に小さめの露天風呂が1つずつ。強酸性ということで、湯は酸っぱく、石鹸は泡が立たないため使えません。浴槽の底には白い湯の華が沈んでいます。
鄙びたというよりも、寂れた感じのする温泉街のこれまたひっそりとした旅館ということで浴室はがら空き。おかげでゆったり浸かることができました。(2004年入湯)
所在地 福島県耶麻郡猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-143
(Tel.0242-64-3221)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜20:00(通年営業)
泉質 酸性カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

岳温泉 松渓苑

福島県二本松市にある岳温泉はミニ独立国ブームのときに「ニコニコ共和国」として昭和57年に独立宣言をした地域の1つ。ミニ独立国.....すっかり話題にならなくなっちゃいましたね。
館内には内湯と露天風呂が1つずつ。内湯を一言で表すと「静」。浴槽に流れ込む湯の音も控えめで、洗い場で蛇口をひねって湯を出すことに気が引けるくらい。松の木造りの浴室・浴槽といい、いい雰囲気です。一方の広い庭園の中にある露天風呂のほうは、とりあえず作った的で周囲の雰囲気に合ってなくて私的にはいまいち。いつも内湯はそこそこに露天風呂へと行ってしまう私ですが、ここはすぐに内湯に戻ってしまいました。加えて、入湯料が高いのが難点。(2004年入湯)
2011年3月に発生した東北地方太平洋沖の地震により被害を受け、松渓苑は修復のための休業に入りましたが、再建不可能と判断され、廃業となりました。(2011年追記)
所在地 福島県二本松市岳温泉1-1(Tel.0243-24-2311)
入湯料金 1,000円
営業時間 14:00〜20:00(通年営業)
泉質 単純酸性泉
おすすめ ☆☆☆

檜枝岐温泉 せせらぎの宿 尾瀬野

檜枝岐川沿いに建つ温泉宿で、福島県側から尾瀬ヶ原に行く際の拠点として利用される方が多いようです。
浴室は内湯のみで岩組みの浴槽が1つ。木をふんだんに使った宿なのだから、浴槽も木製だとよりいいと思います。露天風呂はないのに、なぜか内湯には外に出るためのドアが付いていました。ひょっとしたら、そのうち露天風呂ができるのかも。(2004年入湯)
所在地 福島県南会津郡檜枝岐村字下ノ原1002
(Tel.0241-75-2143)
入浴料金 日帰り入浴可能か不明。1泊2食8,280円から
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆

本郷温泉 湯陶里(ゆとり)

この施設のある美里町が会津本郷焼の産地であることからこの名前が付いているようです。観光客ではなく地元の人達が利用が多い日帰り温泉といった感じの施設で、1階は休憩室兼食事処があり、2階が浴室となっています。
浴室には内湯とサウナ、外に小さめの露天風呂が1つあります。循環式ですが塩素臭は特に気になりませんでした。建物の周囲は遮るようなものが何もないので、露天風呂からの会津盆地の眺めが良いです。天気の良い日には磐梯山も見えるとか。ただ、せっかくの立地条件なのに露天風呂の塀が高くて、湯に浸かりながら眺めることができないのは残念。(2004年入湯)
所在地 福島県大沼郡会津美里町六日町甲4106-1
(Tel.0242-56-4364)
入湯料金 500円
営業時間 9:00〜21:00(水曜定休)
泉質 ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉
おすすめ