トップページぶらっと温泉>秋田県の温泉

ぶらっと温泉(秋田県の温泉)

後生掛温泉

八幡平アスビーテライン沿いにある一軒宿で、古くから「馬で来て足駄で帰る後生掛」と謳われる効能の高い温泉として知られています。
天井の高い木造の浴室には、木製の箱の中に入って、頭部だけ出して温泉の蒸気で温まる箱蒸し風呂や、鉱泥が底に堆積する泥風呂、浴槽の底から蒸気による気泡が出る火山風呂、打たせ湯、露天風呂等、多種類の浴槽があります。温泉の熱や蒸気をうまく使っているのが特徴です。
宿泊施設は旅館部と湯治部があり、湯治部には温泉の地熱で床を温めるオンドル式暖房になっているのも特徴。泊まるのだったら旅館棟でなく湯治棟がいいですね。冬期は国道341号線・八幡平アスピーテラインが通行止めとなり、アクセスは鹿角市からしかできないのもあってか空いています。 (2001年入湯)
所在地 秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林(Tel.0186-31-2221)
入湯料金 400円
営業時間 7:00〜18:30(通年営業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆☆☆

蒸の湯温泉 蒸ノ湯

標高1100m、八幡平で最も高いところにある一軒宿。ログハウス風の旅館部にある内湯と露天風呂も良いですが、ここのお薦めは建物からちょっと離れたところにある露天風呂。しっかり囲いのある女性用露天風呂と違って、奥にある男性用は申し訳程度の囲いだけなので解放感は抜群です。硫黄臭のある白濁した湯で、湯温が高いときを除いて、源泉がそのまま掛け流されています。
露天風呂周辺は荒れ地が広がっていて、あちこちから硫黄ガスが噴き出しています。この辺りには昔はオンドル小屋がびっしり建ち並んでいましたが、1973年に発生した自然災害により全壊しました。以後、湯治部はなくなり、現在は露天風呂があるだけ。そういう歴史を知ると、この荒れ地もまた違って見えます。 (2003年入湯)
所在地 秋田県鹿角市八幡平熊沢国有林内(Tel.0186-31-2131)
入湯料金 500円
営業時間 7:00〜18:00(11月下旬〜4月中旬の冬期は休業)
泉質 単純温泉、単純酸性泉
おすすめ ☆☆☆☆☆

志張温泉 志張温泉元湯

この建物の脇道を熊沢川沿いに1.5kmほど奥に行ったところにある温泉。浴室には、内湯と露天風呂があり、湯船だけでなく壁も洗い場の床も檜が使用されているのが良いです。木の床板って冬でも寒くないのでいいですね。湯は源泉が掛け流されています。
この施設は急坂の下にあり、私が訪れたときは坂が凍結していてスタッドレス装着の車でも登ることができず、久しぶりにチェーンを取付けることになりました。雪のある時期は、手前の志張温泉ホテルに入るか、車をおいて歩いて行ったほうがいいかもしれません。 (2001年入湯)
志張温泉元湯は2008年5月に廃業したため、現在は入浴することができません。(2011年追記)
所在地 秋田県鹿角市八幡平字老沢42-1(Tel.0186-31-2021)
入湯料金 400円
営業時間 7:00〜20:00(通年営業)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆☆

志張温泉 志張温泉ホテル

国道341号線沿いにある施設で、ホテルというより旅館から民宿のような雰囲気。近くにある志張温泉元湯とは経営者が同じ、泉質も同じゲルマニウムを含む温泉です。浴室はタイル張りの内湯があるだけのシンプルな造り。雪のない時期は近くの志張温泉元湯のほうをおすすめします。 (2002年入湯)
志張温泉ホテルは2006年末に廃業したため、現在は入浴することができません。(2011年追記)
所在地 秋田県鹿角市八幡平切留平11-11(Tel.0186-31-2246)
入湯料金 400円
営業時間 8:00〜20:00(年中無休)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆

東トロコ温泉

近く(といっても10kmはある)にある玉川温泉と同系列の宿で、宿泊客のほとんどは玉川温泉へ通う湯治客なのだそうです。そのため、2つを結ぶ国道341号線が積雪で通れなくなる冬の間は宿は休業し、日帰り入浴のみの受付となっています。 浴室のほうも、ガラス張りの展望内湯と露天岩風呂の2つありますが、訪れたのが利用者が少ない冬だったので、露天風呂には湯が張られておらず入ることができませんでした。大きい施設の中で、フロントと浴室以外の使われていない部分は薄暗くてちょっと寂しい感じ。湯にゲルマニウムが含まれているのが特徴。(2002年入湯)
東トロコ温泉は2008年11月に閉館したため、現在は入浴することができません。 (2011年追記)
所在地 秋田県鹿角市八幡平字切留平10-1(Tel.0186-31-2226)
入湯料金 400円
営業時間 7:00〜20:30(冬期は内湯のみ利用可)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆

新鳩の湯温泉 新鳩の湯

国道341号線を田沢湖から玉川温泉へ向かう途中にあり、玉川に掛かる吊り橋が目印です。施設へはこの吊り橋を渡った中州にあります。この橋、すれ違うのが困難なくらい幅が狭く、しかもけっこう揺れるのでスリルがあっておもしろいです。
見た感じ、農家の倉庫のような建物が浴室で、中はコンクリートそのままの床に大きめのタイル張りの浴槽のみと簡素な造り。窓が大きいので浴室内が明るいです。湯は薄緑色透明ので硫黄臭があります。
温泉の名称に「新」と付くので、「旧」があるか、若しくはあったのではないかと思い、受付のおじさんに尋ねてみるも、ないとのこと。でも、吊り橋のすぐ側のバス停の名は「鳩ノ湯」となっており.....。(2004年入湯)
この温泉は廃業したため、現在は入浴することができません。(2011年追記)
所在地 秋田県仙北郡田沢湖町玉川国有林舌カキ沢
(Tel.0187-73-1020)
入湯料金 300円
営業時間 7:00〜19:00(通年営業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆☆

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

鶴の湯は、乳頭温泉郷で最も古くからある温泉で、白湯、黒湯、中の湯、滝の湯と呼ばれる4種類の源泉があり、それぞれ泉質が異なります。ガイドブックに掲載されているのは、「鶴の湯」で白濁した白湯が引かれる混浴の露天風呂です。鶴の湯のほかに、男女別の内湯3つと女性専用風呂があります。
乳頭温泉郷で最も古くからある温泉ですが、訪れる人も最も多く、GWに行ったときには、とても混雑していて芋洗い状態でした。ゆっくり浸かりたい人は、宿泊するか、混まない時期を選んだほうがよいでしょう。 (2002入湯)
所在地 秋田県仙北郡田沢湖町田沢先達沢国有林50
(Tel.0187-46-2139)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜15:00
(月曜日は清掃のため露天風呂の日帰り利用不可)
泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素泉
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
含重曹・食塩硫化水素泉
含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素泉
おすすめ ☆☆☆

乳頭温泉郷 妙の湯

乳頭温泉郷というと湯治宿のイメージがありますが、ここはおしゃれな旅館といったほうがいいくらいの建物です。それもあってか、女性の人気が高いのだそうです。
浴室は男女別の内湯と男女別の露天風呂、混浴の露天風呂、貸切風呂の7種類。各浴槽には金の湯、銀の湯と呼ばれる2種類の源泉が掛け流されています。1日1回男女の入れ替えをしているので、宿泊するとすべてに入ることができます。
塀に囲まれた男女別露天風呂と違い、奥の混浴露天風呂のほうは川の側にあって見晴らしがいいです。道路際に窮屈そうに建つ宿の外観からは想像できない景色は意表をつかれた感じ。目の前に見えるのは改修された川、コンクリート製の滝...と造りものの風景でもなんだかよく見えてしまいます。混浴のほうはバスタオル着用での入浴も可能なので女性の方も入りやすいと思います。 (2003年入湯)
所在地 秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ケ岳2-1
(Tel.0187-46-2740)
入湯料金 700円
営業時間 10:00〜15:00(通年営業)
泉質 カルシウム・マグネシウム−硫酸塩泉、単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

乳頭温泉郷 黒湯温泉

黒湯温泉は、乳頭温泉郷の中では「鶴の湯」の次に歴史が古く、19世紀終わり頃までは「鶴の湯」に対して「亀の湯」と呼ばれていたそうです。
浴室は、「上の湯」と男女別の内湯と女性専用露天風呂のある「下の湯」、旅館部の男女別の内湯の3カ所に分かれています。ガイドブックで紹介されているのは上の湯で、混浴の内湯と露天風呂、打たせ湯があります。私が訪れたときは、湯量が少ないため、打たせ湯は休止中となっていました。周囲の風景にとけこむような藁葺き屋根&木造湯小屋の鄙びた感じがいいですね。ここも鶴の湯ほどではありませんが入浴客が多かったです。 (2003年入湯)
所在地 秋田県仙北市田沢湖生保内字黒湯沢2-1(Tel.0187-46-2214)
入湯料金 500円
営業時間 9:00〜16:00(4月下旬〜11月下旬営業、冬期休業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆☆

乳頭温泉郷 蟹場温泉

蟹場温泉は乳頭温泉郷の最も奥にある温泉で、付近の沢に蟹が多く生息することが名前の由来なのだそうです。館内には男女別の木風呂と岩風呂、混浴の露天風呂の3つがあり、露天風呂「唐子の湯」のほうは建物から50mほど離れた所にある森の中の湯。って森の中にいる感があり、静かなところ。
私が気に入ったのは内湯の木風呂。天井・壁・床・湯船ともすべて秋田杉が使われており、なんとも贅沢な造りをしています。
乳頭温泉郷の一番奥に位置するからか入りにくる人は少なく、鶴の湯と違ってゆっくり浸かることができました。 (2002年入湯)
所在地 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
(Tel.0187-46-2021)
入湯料金 500円
営業時間 9:00〜16:30(通年営業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆☆

乳頭温泉郷 孫六温泉

体の弱かったこの宿の開祖が自分で小屋を建てて湯治を行ったところ、みるみるうちに回復したことから、この地に湯治宿を建てたのが孫六温泉の始まりだと言われています。
宿までは車では行くことができないので、駐車場に停めて遊歩道を15分ほど歩いていくこととなります。そのせいか、私が訪れたときは他に客は誰もおらず、貸切り状態で利用することができました。川沿いに並ぶ湯小屋には、男女別の内湯「唐子の湯」と混浴の内湯「石の湯」と露天風呂、女性専用露天風呂、打たせ湯があり、4つある源泉のいずれかが掛け流されています。乳頭温泉郷の他の湯と異なり、湯が透明なのが特徴です。
孫六温泉は、乳頭温泉の中では最も鄙び系の施設で、木造の建物はどことなく北海道の菅野温泉のような雰囲気があります。宿主の愛想がないというところもそれを感じさせる要素になっているのでしょう。(笑) (2002年入湯)
所在地 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
(Tel.0187-46-2224)
入湯料金 500円
営業時間 8:00〜17:00(冬期は9:00〜16:00)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆☆

乳頭温泉郷 大釜温泉

建物が年季の入った外観をしているのは、廃校になった小学校の校舎を移築して宿として使っているから。内装はきれいに整備されているのでご安心を。浴室は男女別の内湯と露天風呂が1つずつあり、洗い場のスペースがほとんどないくらい浴室いっぱい広がる内湯の浴槽が特徴です。乳頭温泉郷の中では比較的空いているので、他の宿が混んでいるようならこちらに行くといいかもしれません。  (2002年入湯)
所在地 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林内50
(Tel.0187-46-2438)
入湯料金 500円
営業時間 8:00〜16:30(通年営業)
泉質 含ヒ素・ナトリウム・塩化物硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆☆

湯の岱温泉 市営湯の岱温泉

国道285号線沿いにポツンとある共同浴場。市営と名前がついていますが、実際は民間会社の経営となっています。浴室は内湯のみで、中央に5〜6人が入れるくらいの大きさの楕円形の浴槽が1つ。
建物の中は旅行者らしき人の姿はなく地元の人達ばかりのよう。脱衣所で服を脱いでいると浴室から地元の人達の会話が聞こえてきて、いかにも共同浴場って感じ。ところが、私が浴室に入った途端、ピタッと会話が止まってしまいました。どうして???その後、私が出るまで浴室はず〜っと沈黙が続いたのでした。この町に住む人達は恥ずかしがり屋さんばかりなのでしょうか。ということで、あまり印象の良くない温泉です。 (2003年入湯)
所在地 秋田県北秋田市小森字湯の岱67(Tel.0186-66-2941)
入湯料金 300円
営業時間 10:00〜21:00(第2・4月曜定休)
泉質 ナトリウム・カルシウム−硫酸塩泉
おすすめ ☆☆