トップページぶらっと温泉>岩手県の温泉

ぶらっと温泉(岩手県の温泉)

国見温泉 石塚旅館

朝早くフェリーを降り、日の出すぐの寒い中をバイクで走ったせいで体がすっかり冷えてしまって寒い。こういうときはやはり温泉、と以前から気になっていたこの温泉に立ち寄ることとなりました。
国道を離れ7.5kmほど進んだ山奥にポツンとある木造の施設には旅館部と湯治部があります。営業開始にはまだちょっと早かったのですが、受付のおじさんに聞いてみるとOKとのこと、感謝感謝。浴室は内湯と露天風呂があり、内湯には広めの浴槽と小さなものが1つずつ、そして建物から離れたところに長方形の混浴露天風呂があります。
湯が硫黄と油の臭いをしていて、黄緑色をしているのが特徴。「黄緑」よりも「エメラルドグリーン」という表現のほうがあっています。出るときに宿のおばさんと話していると、冬期は閉鎖していて、訪れたこの日がその年の開所日とのこと。私の前にいた先客は1人だけ.....2004年2番乗り!になりました。(2004年入湯)
所在地 岩手県岩手郡雫石町橋場国見温泉(Tel.090-3362-9139)
入湯料金 500円
営業時間 10:00〜16:00(冬期閉館(11月11日〜5月初旬))
泉質 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆

松川温泉 松川荘

松川渓谷沿いに建つ3軒の温泉宿の一つ。浴室は、男女別の内湯と混浴露天風呂、女性専用露天風呂があり、源泉が掛け流されています。内湯と露天風呂が離れた所にあるため、もう一方へ移動するには服を着ないとならないのは、ちょっと面倒なところ。もうひと工夫あるとよいですね。
混浴の露天風呂はひょうたん型をしていてかなり大きいです。乳白色の湯はやや熱め。ぽかぽか陽気の中、時折湯を掛けつつ床に寝転がっていると、ぼーっとして寝てしまいそうに.....心地良いからなのではなくて、風邪が治らないまま旅に出たため、気を抜くと意識が遠のきそうになっていたのでした。 (2003年入湯)
所在地 岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉(Tel.0195-78-2245)
入湯料金 500円
営業時間 7:00〜19:00(通年営業)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆

松川温泉 松楓荘

松川渓谷沿いに建つ温泉宿のうちの1つで3軒の中でもっとも老舗なのがこの松楓荘です。館内には男女別の内湯と混浴の露天風呂があり、少し青みがかった乳白色の湯は源泉掛け流し。湯温が高めで浸かっているよりも浴槽の淵でいることのほうが多かったです。とはいえ、私的には松川荘よりこちらのほうが好みですね。
この宿には側を流れる松川に掛かる吊り橋を渡った対岸にもう一つ、大きな岩をくり抜いて造ったという混浴の洞窟風呂があります。これに入るのを期待してやってきたのですが、私が訪れたときは雪崩のおそれがあるとのことで入湯禁止になってました、残念。 (2004年入湯)
所在地 岩手県八幡平市松尾寄木1-41(Tel.0195-78-2245)
入湯料金 500円
営業時間 8:00〜20:00(通年営業)
泉質 硫黄泉
おすすめ ☆☆☆☆

網張温泉 仙女の湯

網張温泉は和銅年間(708〜715年)に発見された歴史ある温泉で、その最奥にある休暇村岩手網張温泉の裏手にこの温泉はあります。料金箱に入浴料金を入れて、建物の脇から山道を7分ほど歩くと、混浴の露天風呂が見えてきます。
浴槽は10人位が入れるくらいの大きさで、簡素な造りの男女別の脱衣所が横にあります。温泉の成分が濃いようで浴槽の縁は析出物がこびりついていました。
入りにきていた地元の人の話では、以前は源泉の湯温がもっと高くて浴槽のすぐ側の滝壺でも湯が楽しめたとか。この日は小雨が降っていてあまりバイクに乗る気も起きなかったのもあり、地元の常連さんやツーリング途中のライダー達と談笑しながら2時間ほど浸かってしまいました。(2002年入湯)
以前は清掃協力金として寸志で入浴できましたが、2005年に改修され、有料化されました。(2011年追記)
所在地 岩手県雫石町網張温泉(Tel.019-693-2211)
入浴料金 300円
営業時間 8:00〜18:00(5月中旬から11月中旬利用可。冬期閉鎖)
泉質 単純硫黄泉
おすすめ ☆☆☆

鉛温泉 藤三旅館

鉛温泉は花巻温泉郷の1つで、深さが約125cmもある立って入る浴槽とふつうの家の2〜3階分位もある高い天井が特徴の混浴の「白猿の湯」が有名です。岩をくり抜いたような浴槽の底から湧き出す湯の効能に加え、その深さによる水圧(湯圧)が体の循環器を整え、血行を促進する効果があるのだそうです。私のように座ってのんびり浸かれるほうがいいという人には、館内に「桂の湯」「河鹿の湯」「白糸の湯」「銀の湯」と呼ばれる浴室もあります。いずれも源泉がそのまま掛け流されています。
施設は旅館部と湯治部の建物が隣接していて、館内には自炊用の食材・日用品を扱う売店が2軒あります。湯上がり後、売店のおばさんと話をしていると、最近は自炊せずに食事付きの宿泊パックを利用する人が多いということを聞きました。湯治宿の利用形態も変わってきているようです。 (2003年入湯)
所在地 岩手県花巻市鉛字中平75-1(Tel.0198-25-2311)
入湯料金 700円
営業時間 7:00〜21:00(通年営業)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆

大沢温泉

大沢温泉は、花巻市の山奥にある1軒宿のみの温泉。旅館部である「山水閣」「菊水館」と自炊部の3棟からなり、慣れないと迷ってしまうくらいの広さ。うち、自炊部は木造で、コイン式のガス台があったりと、昔ながらの湯治宿の雰囲気が残っていて良いです。
その自炊部にある混浴の岩組みの露天風呂が「大沢の湯」。豊沢混浴の川のすぐそばにあって開放感たっぷり。開放感がありすぎて対岸や周囲からよく見えるので女性が入るのは厳しいと思います。でも、浴室は他にもいくつもありますし、源泉は1つで、どこに入っても泉質は同じなので問題はありません。
この露天風呂のほか、自炊部の男女別の内湯と女性専用露天風呂、菊水館の男女別の内湯、山水閣の男女別の内湯と半露天風呂が日帰りで利用できます。私的には大沢の湯よりも菊水館の内湯「南部の湯」が気に入りました。 (2001年入湯)
所在地 岩手県花巻市湯口字大沢181(Tel.0198-25-2315)
入湯料金 500円(山水の湯も利用する場合は900円)
営業時間 7:00〜20:30(山水の湯は11:00〜14:00)
泉質 アルカリ性単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆

湯川温泉 高繁旅館

湯川温泉の一番奥にある湯治旅館で、崖っぷちに建っており、フロントのある入口が3階で、2階が女湯、1階が男湯があり、浴室には広い主浴槽と箱蒸し、サウナがあり、奥には渓流に面した露天風呂があります。女湯のほうには「めのう」を使った宝石風呂もあるそうです。
これ以外に2階に男女別の黄金風呂があり、この施設の名物にもなっています。浴槽や壁に使われているタイルが金色という贅沢!?な造り。湯に浸かっていると大金持ちになった気分になれるかも。 (2001年入湯)
所在地 岩手県和賀郡西和賀町湯川52-140-15
(Tel.0197-82-2333)
入湯料金 300円
営業時間 8:00〜19:00(通年営業)
泉質 ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆