トップページぶらっと温泉>北海道の温泉

ぶらっと温泉(北海道の温泉)

湯の川温泉 漁り火館

津軽海峡に面した海沿いの温泉旅館で、露天風呂からの眺めが良いのが特徴。シーズン中は、湯に浸かりながら海に浮かぶイカ釣り漁船の漁り火を見ることもできます。でも、日帰り入浴は夕方までなので、それが見たければ泊まるしかないですね。
浴室は檜造りの浴槽がある内湯と小さめの岩組みの露天風呂があります。湯は茶褐色で源泉掛け流し。とはいえ、函館の温泉だけあってかなり熱く、加水しないと適温にはなりませんでした。(2011年入湯)
所在地 北海道函館市根崎町375-1(Tel.0138-57-1117)
入浴料金 500円
営業時間 12:00〜18:00(通年営業)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

湯の川温泉 山内温泉長生湯

湯の川温泉の共同浴場の一つ。古い外観の建物が2階建てなのは、かつては旅館だったからだそうです。
湯は市営熱帯植物園の敷地内の共同源泉から引いてきているもので無色透明。近くの漁火館とは少し泉質が異なるようです。浴室の真ん中にある楕円形の浴槽は結晶化した温泉成分が固着して、何層にもコーティングされた姿はバームクーヘンの端っこのよう。
ゆっくり浸かって雰囲気を楽しみたいところですが湯が熱い!浴槽は中で仕切られ、一方は湯温が抑えめになっていて、まだ少しは浸かっていられるのですが、もう一方は数秒浸かるので精一杯。函館の温泉は熱いところばかりと聞いていましたがこれは尋常ではありません。
先に入っていたおじさんはふつうに入っているので、この地域ではこれがふつうなのかと諦めていたのですが、私が湯から上がる少し前に入ってきたおじさんに聞くと「こりゃあ熱すぎ」と。その後、大量に加水され、湯浴みされ一気に湯温が下げられました。やはりそうでしょう。そのおじさんの話では、早い時間に入りにくる常連さんは熱いのが好きだそうで、こんな状態になってしまっているのだそうです。来る時間をちょっと間違えたか。(2011年入湯)
所在地 北海道函館市湯川町2-20-9 (Tel.0138-59-2681)
入浴料金 420円
営業時間 6:00〜21:30(火曜定休)
泉質 ナトリウム・カルシウム塩化物泉
おすすめ ☆☆☆☆

ラビスタ函館ベイ 海峡の湯

函館港近くにあるシティホテルで、最上階に自家源泉の温泉浴場があるのが特徴。
函館山方面の眺めが良い展望浴室で、スーパー銭湯のような多種類の浴槽があり、水風呂以外のすべての浴槽に温泉が使われています。そのうち、内湯の檜風呂(写真右の浴槽)、露天の檜風呂と陶器風呂、樽風呂が源泉掛け流しとなっています。茶褐色の湯は、かなり温泉成分(塩分)が強いようで、少し入っただけで体がヒリヒリしました。肌の弱い人には厳しいかもしれません。(2011年)
所在地 北海道函館市豊川町12-6(Tel.0318-23-6111)
入浴料金 日帰り入浴不可(宿泊は6950円から)
営業時間 15:00〜翌日10:00
泉質 ナトリウム・塩化物強塩泉
おすすめ ☆☆☆

後楽園(¥390)(北海道)

北海道網走郡美幌町にある温泉。昔の健康ランド風の施設で、温泉プールが併設されています(+¥20で利用可能)。焼肉屋さんを思い浮かべるような名前ですが、飲食施設はありません。(^_^;) 入浴客は地元の人が多く、私が行ったときは観光客らしき人の姿はありませんでした。熱めと温めの2種類の温泉が使われていて、どちらも掛け流されています。露天風呂のほうは湯温が低めで、冬を除けばゆったり浸かれて良さそうです。
この施設は宿泊(1泊朝食付きシングル¥3400)することもでき、女満別空港(車で約10分)への送迎もしているので夕方の飛行機で北海道入りする人には便利です。(2009)
【ナトリウム・塩化物泉、アルカリ性単純泉】

ホテルパークウェイ(川湯温泉)(¥300)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。国道391号線沿いにあるこの施設に夜行ってみると、駐車場はバスがずらりと並んでいるではありませんか。それほど大きくもない施設なので激混みか!?と思ったらがら空き。バスの運転手さんが宿泊に利用されているようです。
浴室には小さめの内湯と外に檜枠の露天風呂があり、いずれも源泉がそのまま掛け流されています。この露天風呂、女湯だと内湯の扉を開けたところにあるのですが、男湯は内湯から露天風呂まで外の通路を裸で十数メートル歩かなければならないのです。しかも、施設の塀の高さが低めで、昼間だと隣の家や外の国道から半身まる見えに.....昼間に露天風呂に入るにはちょっと勇気が必要かもしれません。これら以外にもう一つ大きな露天風呂が離れにあります。こちらは混浴になっています。
豊富な湯量を誇るこのホテルでは、温泉の湯を使って熱帯魚のティラピアを養殖し夕食や施設のレストランで料理を提供しています。鯛に似た味や姿をしていることから「摩周鯛」と名付けているのだとか。 (2009)
【ナトリウム炭酸水素塩泉】

三香温泉(和琴温泉)(¥400)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。和琴半島の近くにあり、木々に囲まれた広い露天風呂と源泉掛け流しの湯、そして宿の温かさが人気の民宿です。日帰りで入れるのは露天風呂のほうで、コンクリート製の浴槽は湯量を調節するのではなく湯船の中に仕切り板をつけることで、浸かる場所によって湯温が異なるように工夫されています。遅い時間まで日帰り入浴が可能で、入浴客の状況によっては夜に照明を消してもらって、湯に浸かりながら星を眺めることもできるのだとか。
いい温泉なのですが、残念なことに年内に宿をやめてしまうのだそうです。まだ入ったことのない人は今のうちに是非。(2007)
宿は売りに出されていますが、当分の間は入浴のみできるそうです。(2008)
【弱アルカリ性単純泉】

屈斜路湖ホテル(仁伏温泉)(¥400)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。某地元温泉本で絶賛の仁伏保養所の隣に立つホテルです。その影響を受けてかこれまでは保養所ばかりだったのですが、今回は保養所が先客がいて待ち時間ありだったのでこちらに入ることになりました。
浴室には長方形の湯船が1つ。底には玉砂利が敷かれ、惜しみなく掛け流された湯は洗い場に流れていきます。湯に浸かるもよし、トドのように湯船の外で寝転がってもよし。湖側の窓は大きく、低い位置にまであるため、湯に浸かりながら湖をみることができます。湖面と同じくらいの高さの湯に浸かりながら湖をずっと見ていると、湖の中に浸かっているような気分になります。
広さが少し控えめなことを除けば隣の仁伏保養所と造りはほとんど同じ。男湯の内湯と露天風呂が繋がっていないことを除けば、保養所よりも料金が\100安くて露天風呂付き、待ち時間なしに入れるということで、こちらのほうをおすすめします。(2006)
【単純泉】

川湯公衆浴場(川湯温泉)(¥200)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。川湯温泉のメインストリート沿いにあるのですが建物は遠慮気味に少し奥まった所にあります。休憩室に置いている「ひとことノート」を見ていると地元の人だけでなく、内地のリピーターも結構多いようです(そんな私も.....(^_^;))。浴室には湯温の異なる2つの浴槽があり、硫黄の香りのする湯は酸性が強くて口に含むと酸っぱいくらい。風呂桶以外の設備は何もありませんが川湯温泉街の中では私の一番のお気に入りです。建て替えをして見かけだけ良くなる共同浴場もありますが、ここはいつまでも鄙びたままでいてほしいものです。(2000)

ジャングル風呂(¥500)(北海道)※現在は入浴不可

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。「ジャングル風呂」という名前は全国にいくつか存在しますが、こちらはおそらく日本最北端にあるジャングル風呂ではないでしょうか。近くの旅人宿で、誰も行ったことがない謎の温泉として、話題になっていたので興味本位で行ってみました。名前のとおり南国ムード満点!?の温泉だったのですが.....2001年に再び行ってみたところ、閉鎖されていました。(2000)

まつや旅館(¥500)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。近くのジャングル風呂(既閉鎖)の玄関のビラに後継温泉として紹介されていたので行ってみることにしました。男湯と女湯の仕切が心許なくて女性の方にはちょっと辛いかもしれませんが、木製浴槽の内湯は底に砂利が敷かれていていい感じです。。露天風呂のほうは、すぐ隣にある無料露天風呂「池の湯」と同じ泉質。藻が多くても眺めが良い「池の湯」の方がいいかな。(2002)

仁伏温泉保養所(仁伏温泉)(¥500)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。営林署の保養所なのですが一般の人も入湯することができます。露天風呂はないものの、窓が大きくてすぐ側の屈斜路湖と繋がっているような感じを受けます。そして、広い内湯(混浴)の澄んだ湯の底には玉砂利が敷かれ適度な刺激を足に与えてくれます。隣接して女性専用の内湯も一応ありますが、とても小さくて外の景色も見えないので、せっかく入るのなら混浴部まで行かれることをおすすめします。(2001)
良い所にもかかわらず、入りに来る人が少なくて気に入っていたのですが、営林署がこの施設を手放して売りに出しているという話を聞きました。ドーム型浴室で有名などこかの温泉のように変わり果てた姿での復活だけはしてほしくないですね。(2003.03)
2003年夏より、地元出身の方が新オーナーとなって温泉宿は継続されることになりました。現在はオーナーの指針で順番制の貸切風呂となっています。これほどの湯・浴室を貸切にしておくのはちょっともったいないような気が.....。(2003.10)

クアハウス屈斜路(仁伏温泉)(¥500)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町の仁伏温泉の一角にあるクアハウス。ジャグジー、打たせ湯、箱蒸し、寝湯、歩行湯等の数種類の浴槽があって、壁に書かれたコースに従って入ると体に良いそうです。施設には風呂以外にも休憩室(私の好きなマッサージ機が並んでいる)やトレーニングルーム、レストランがあり、雨の日など身動きのとれない時にはいい過ごし場所になります。なお、旅人宿情報誌「とほ」の割引券を使うと¥100引きで入湯できます。クアハウスを出てからそのことを知った私。(^_^;) (2000)

KKRかわゆ(川湯温泉)(¥400)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町の屈斜路湖のそばの温泉街の中にあるKKRかわゆは、ホテルっぽい感じの施設です。内湯と露天風呂の2種類があり、露天風呂のほうは高い塀と屋根がついていて眺めはよくないものの、温泉街の中にあることを感じさせない造りが良いです。 (2002)

つつじの湯(川湯温泉)(¥200)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。川湯温泉街の湯とは泉質が異なります。川湯温泉駅から歩いてすぐの所にあり、きれいな外観と対照的に中の浴室は古いままのようです。どうせなら外観も古いままにしておけば良いのでは、と思うのは旅人のわがままでしょうか。(^_^;) 浴槽は小さく、石鹸・シャンプー等の備品は全然ないので用意しておく必要があります。値段は同じですが川湯公衆浴場のほうが個人的には好きです。 (2002)

弟子屈温泉浴場(摩周温泉)(廃業)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。弟子屈町内にも共同浴場があることに最近気づき、行ってみたところ2001年5月をもって閉鎖されていました。小判のような形をした浴槽があったそうなのですが一度も入れずじまい。とても損をしたような気がします。(・_・) (2002)

摩周国際ホテル(摩周温泉)(¥500、回数券だと¥300/1枚)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。このホテルは国民宿舎光風苑と併設されていて温泉も共用になっています。内湯と露天風呂があるのですが、それらがフロントを中心に別方向にあるため、両方入ろうとすると一度服を着なくてはならないのが面倒なところです。露天風呂のほうには家族風呂や砂蒸し風呂、丸木風呂もあります。私達が訪れたときは台風が来ていたからか客は誰もおらず、貸切状態でのんびり入れました。(2002)

ホテルニュー子宝(摩周温泉)(¥500)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある温泉。某雑誌におまけで付いていた無料入浴券があったので試しに入ってきました。弟子屈町市街地にある見た目ちょっと年季の入った建物で、浴室には内湯と釧路川が見下ろせる露天風呂があります。ただし、露天風呂は男湯か女湯のどちらか一方にしかないため、時間交代制での利用となっています(今回はハズレ)。
ひっそりとしたフロント・ロビーを通って浴室の脱衣所に入るとここも誰もいません。ということで貸切状態。湯に浸かってのんびりしていると、しばらくして脱衣所の方から服を着たおじさんが無言でつかつかと入ってきました。なんだ、なんだ!?と思ったら、湯に何かをつけている、温度計です。どうも従業員さんが湯の温度を計りにきたよう。おじさんは湯温のチェックが終わるとまた無言で出て行きました。無料で入浴しているとはいえ、いちおうお客さんが入っているのだから、せめて何か一言断ってから入ってきてもよいのでは。(-_-;) 後から一緒に行った人にその話をすると、女湯にも同じように入ってきたそうです。ここのホテルが空いているのは建物の見た目からだけではないような気が。(2006)
【ナトリウム・塩化物泉】

泉の湯(摩周温泉)(¥150)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町にある共同浴場。町中にある銭湯そのままの姿で浴槽の縁ある手すりが年寄りの利用者が多いことを感じさせます。この町はよく訪れるのですが、この温泉のある住宅街はどこも似たような景色で未だに覚えられません。適当に走っているうちに目的の施設に辿り着くことが多いです。建物の中に入って番台のおばさんに「いくらですか?」と聞いたら、「ひゃくごじゅうまんえん〜」という答えが返ってきました。今となっては懐メロとなってしまった嘉門達夫さんのヒット曲に登場するおばちゃん.....関西だけじゃなく、北海道にもいました!(笑) (2003)

コタン共同浴場(¥150)(北海道)

北海道川上郡弟子屈町の屈斜路湖畔にある温泉。すぐそばの無料の露天風呂【コタンの湯】にはわんさか観光客が訪れるのに、この共同浴場へくる人はほとんどいない、というかその存在に気づかない人も多いようです。なので入りにくるのは地元の人ばかり。いつ行っても空いています。ここの溢れ湯、湖に流れ出ているので湖畔に囲いを作ってオリジナル露天風呂を楽しむことができます.....ま、そんなことをしなくてもコタンの湯に入れば良いわけですけど。(^_^;) (2003)

しれとこ自然村 むらの湯(赤澤温泉)(\700)(北海道)

北海道斜里郡斜里町にある温泉。ウトロの町から少し離れた高台に位置するこの施設にはキャンプ場があり、夏はキャンパーで賑わいます。温泉のほうは男女別の内湯と露天風呂が1つずつ。立地条件を生かした露天風呂からはオホーツク海が見下ろせ、夏は海に沈む夕日を、冬は流氷を眺めながら浸かることができます。赤褐色の湯は掛け流し。温泉成分が固まり浴槽の縁は鍾乳洞のようになっているのがたまりません。おそらくウトロ一の温泉でしょう。唯一の欠点は、施設のオーナーが宿泊客と一緒にテレビに夢中で入浴客が来ても全然気づかないところ。「お客さん来てますよ」と宿泊客に言われてやっと気づいてました.....たのみますよ〜。(-_-;) (2003)

ホテル地の涯(岩尾別温泉)(¥500)(北海道)

北海道斜里郡斜里町にある温泉。地の涯(はて)の名のとおり、知床半島の奥地にある日本最東端の温泉宿です。宿の裏が羅臼岳の登山口となっているのでシーズン中の午後は登山帰りの人達で賑わいます。温泉は内湯1つと露天風呂が2つ、そして丸太をくり抜いて湯船にした丸太風呂が2つあります。ホテル大一(養老牛温泉)と違って丸太の内側が防水・防腐用にコーティングされておらず木そのものなのが丸太らしくて良いです。すぐ近くの無料露天風呂「三段の湯」と「滝見の湯」はここの湯守さん達が清掃・管理してくださっています。(2003)

夕陽台の湯(ウトロ温泉)(¥500)(北海道)

北海道斜里郡斜里町のウトロ温泉街の中にある温泉。高台に位置するこの温泉には内湯と露天風呂があり、露天風呂は木々の間からの眺めが良いです。フロントで入湯料を払おうとしたところ、財布を忘れてきたのに気づき、坂の下の宿に戻ってから再び来ることに。いや〜いい運動をしました。(2002)

ウナベツ自然休養村(ウナベツ温泉)(¥200)(北海道)

北海道斜里郡斜里町にある温泉。ウナベツスキー場に隣接する宿泊施設の温泉で日帰りでも利用することができます。建物はオホーツク海が一望できる斜里平野の高台に立地しているのに残念、浴室は裏手の山側にあって眺望がありません。しかも浴槽は4〜5人入ると満員になってしまうくらいの大きさ。スキーシーズンは芋洗い状態になってしまったりするのでは。それとも、このあたりはスキーに来る人は少ないのでしょうか。とはいうものの、湯は掛け流しで湯量もそこそこあるので、浴室の床に寝ころんで溢れた湯を浴びながらぼーっとするには良い所です。(2004)

しれとこ倶楽部(斜里温泉)(¥200 ※食事をすれば無料)(北海道)

北海道斜里郡斜里町にある温泉。しれとこ倶楽部は国道244号線から知床斜里駅へ向かうメイン通り沿いにあるペンション。お食事処(レストラン!?喫茶!?)が併設されていて、食事(喫茶のみも可)をすると無料で施設内の温泉に入ることができるのです。某辛口北海道温泉本に紹介されているのを見て気になってはいたのですが、なかなか行く機会もなく早1年。今回、北見市へ回転寿司を食べに行ったついで(謎)に立ち寄ってみました。こぢんまりとしてますが浴室は掛け流しの正しい温泉(笑)です。駅近くの中華料理屋さん(別項「トマト玉子ラーメンの店」に記事)にはたびたび訪れていたのに、こんな所が近くにあったなんて全然気付きませんでした。店内は旅人が一人で入っても違和感のない雰囲気でピアノが自分でピアノを弾いています(謎2)。タラコイカスパゲティはおすすめ!(2004、2005)

藻琴山温泉(¥250)(北海道)

北海道網走郡大空町(旧東藻琴村)にある温泉。芝桜で有名な藻琴山公園の中にある宿泊施設で、隣接するキャンプ場を利用する人には便利な所です。浴室は内湯のみで、施設の規模からすると小さめな湯船がこれまた1つのみ。公園内の温泉なのでシーズン中は湯に浸かりながら芝桜が見られるのかと思ったら、窓の半分ほどは外からの目隠しとして芝桜の大きな写真がプリントされていました。ここまできて写真で芝桜をみるというのもどうかと...。(-_-;) 立地条件はとてもいいのに勿体ないです。
私が訪れたときは、さらに不運なことに、温泉を汲み上げる井戸の老朽化のため温泉の利用が休止中。壁のライオンの口から勢いよく湯船に注がれていたのは源泉ではなく塩素臭たっぷりの循環した湯でした。施設自体も老朽化しているそうで、今年の8月末で休館になるそうです。(2006)
【食塩泉】

湿原温泉(家元・鶴之家)(¥350)(北海道)

北海道阿寒郡鶴居村にあるモール温泉。内湯に2つ、露天風呂に1つあるステンレス製の浴槽は、普通のものとはちょっと違ってバルククーラー(集乳の車が来るまでの間、牛から搾られた生乳を冷蔵保存するタンク)が使われています。三重県や岩手県にあるホンモノの牛乳を使った風呂もこの浴槽を使うとおもしろいかもしれませんね。

ホテル大一(養老牛温泉)(¥500)(北海道)

北海道標津郡中標津町にある温泉。サウナ付きの内湯と3つの露天風呂があり、うち1つは丸太をくり抜いて作った大きな丸木風呂、1つは川を見下ろせる岩風呂、もう1つは川のすぐ側にある岩風呂で水面とほぼ同じ高さなので川に浸かっているような感じがします。そして風呂を上がったらフロントと温泉の間においてある無料のマッサージ機でくつろいで、あ〜極楽、極楽。(^_^) (1996)

開陽温泉(開陽温泉)(¥   )(北海道)

北海道標津郡中標津町にある温泉。地平線が330度見える絶景ポイントとして有名な開陽台の近くにあり、露天風呂からは広大な牧草地を眺めることができます。ここを利用したのは一度っきり。その後、休業して現在に至ります。数年前に地元自治体が買い取ったという話を聞き、様子を見に行ってみたら、建物へのダート路は荒れ放題、施設は草だらけでとても再開の方向にあるようには見えません。藪の中に人の気配のない近代的な建物がぽつんと建っている様は何とも不気味な感じがします。実際のところはどうなのかと役場に問い合わせてみたところ、「再開するつもりはない」とのことでした。いろいろ事情があるようです。(1997、2003)

中標津保養所温泉旅館(中標津温泉)(¥500)(北海道)

北海道標津郡中標津町にある温泉。道東だとそれなりの「街」な中標津町の町はずれ(笑)にあるのがここの旅館。同じ町内のマルエー温泉と比べると脱衣所、浴室とも湯船もかなり広く、そのわりに入りにくる人が少ないのでのんびりできるのがいいところ。内湯は適温の大きい湯船と熱めの小さい湯船が1つずつ。小さいほうは源泉を温度調整せずにそのまま注いでいるそうです。岩組みの露天風呂は屋根が付いているので雨や雪を気にせずゆったり浸かれます。11月からは岩盤浴もきるようになったらしい。また行かなくては。 (2005)
【ナトリウム塩化物泉】

ホテル マルエー温泉(中標津温泉)(¥400)(北海道)

北海道標津郡中標津町にある温泉。町中にあるホテルで日帰り入浴もできます。湯は掛け流しでつるつるしているのが特徴。タイル張りの浴室には小さめの湯船とさらに小さな湯船が1つずつ。露天風呂はなく、浴室も窮屈な感じなので、町内で温泉を探すのだったら近くの中標津温泉保養所のほうをおすすめします。 (2005)
【含硫黄ナトリウム塩化物泉】

鐵の湯(川北温泉)(¥400)(北海道)

標津郡標津町にある温泉。湯は食塩泉で、鉄分が豊富な泉質というわけではないのにどうしてこの名前が付いているのかというと、この施設のオーナーが鉄工所の経営をしているから。(^_^;) 案内看板に沿って行くと、着く先が鉄工所なのではじめて行くとびっくりするはず。奥の温泉施設入口に置いてあるペットボトルの料金箱にお金を入れて浴室へ。浴室には熱めの湯とぬるめの湯の2つの浴槽が並んでいます。手すりがついているところからすると地元のお年寄りがよく利用されているようです。浴場とオーナーの自宅の間の階段を下りていくと、半地下に広い休憩スペースがあり湯上がり後ものんびりできます。一角にはフリーマーケットコーナーなんてのもあり、思わぬ逸品が手にはいるかも。(2006)
【ナトリウム・カルシウム塩化物泉】

オーロラファームビレッジ(¥390)(北海道)

北海道川上郡標茶町にある温泉。元々はオーロラカントリークラブというゴルフ場の建設が計画されていたのですが、環境問題が世間で騒がれて中止に。代わりに会員向けリゾートとして作られた施設の一部がこの温泉です。うれしいことに2001年1月から一般向けに解放されるようになりました。県道をそれてダート路を数km行った山の中にあり、周りは丘に囲まれているので現地まで行かないと施設があることがわからず、まるで隠し湯のよう。(2002)

憩の家 かや沼(茅沼温泉)(¥400)(北海道)

北海道川上郡標茶町にある温泉。釧路湿原の端っこのシラルトロ湖畔の高台にあるので湖を一望することができます。内湯は4つの湯船があるうち、3つは適温に調節されていますが、入口手前にある湯だけは源泉がそのまま注がれている湯船なのでかなり熱いです。名前もそのまま「源泉の湯」だったりします。私が訪れたときは、この源泉の湯に浸かって、「熱くて入れん!管理がなっとらん!」と怒っている、?なおじさんがいました。熱ければ他の湯船に入ればよいのではないかと...。(^_^;) 適温の3つの湯うち、窓際にある岩風呂は、大きなガラス戸越しに露天風呂とつながっているので、戸を開けると湯から上がることなく行き来することができます。おもしろい造りをしています。
町営のこの施設にはレストランも併設されており、他ではなかなか見られないザリガニラーメンなんてのがメニューにあります。運が良ければ幻の丼もあるかも。(2004)

味幸園(標茶温泉)(¥400)(北海道)

北海道川上郡標茶町にある温泉。名前をみてまず何を思い浮かべましたか?焼き肉屋さんが思い浮かんだのはきっと私だけではないはす。(^_^;) 日帰り入浴もできるふつうの宿泊施設です。露天風呂はありませんが、やや熱めの湯はアルカリ性単純泉でお肌がツルツルになります。近くの旅人宿に宿泊すると連れて行ってもらえることも。 (2002)

シロンドー温泉(標茶温泉)(¥500)(北海道)

北海道川上郡標茶町にある温泉。「シロンド」の名前はここの地名に由来しています。浴室は広く、大浴場のほかに打たせ湯や寝湯、泡風呂、ジェットバス、サウナが揃っています。窓の外を見ると露天風呂らしきものが。あるじゃん〜と思って行ってみると湯が入っていません。しかも草だらけ。全然手入れされていないようです。湯上がり後にフロントのおばさんに聞いてみると「湯の問題で」何年もやっていないそうです。内湯も循環させているようですし、湧出量が減ってきているから露天風呂まで湯をまわせないのかも。(2003)

郊楽苑(¥500)(北海道)

北海道野付郡別海町にある温泉。別海町交流センターの中にあり、センターで宿泊や食事をすることもできます。元々は町営でしたが、民営化しようしたところ買い手がつかず、2009年初めから半年ほどの間休業状態が続いていたそうです。私が訪れる1週間ほど前に再開されたところだったせいか、この日は地元の人たちでかなり賑わっていました。
内湯には主浴槽のほか、ジャグジー、水圧湯、サウナ、水風呂があります。水風呂以外は温泉が使われており、うち、主浴槽は源泉が掛け流されています。外には露天風呂と打たせ湯が。露天風呂の湯は熱めで、しかも深いのでゆっくり浸るのは厳しいです。(^_^;) 内湯も露天とも、せっかく高台に建っているのに温泉からは周囲の景色が望めないのは残念。(2009)
【ナトリウム塩化物泉】

清乃湯(¥390)(北海道)

北海道野付郡別海町の中心部、役場のすぐ近くにある温泉。行ってみると残念ながら休館の様子。が、ちょっと寂れた雰囲気もあるので、念のため近くのお店で聞いてみると、廃業したわけではなく、1週間に一度くらいの頻度で、しかも不定期営業なのだとか。余程運が良くなければ、地元の人でないと営業日に入るのは難しそうです。これだけならあきらめもつくのですが、話を聞いた近くのお店の人の「湯はとってもいいんだけどねぇ」という言葉を聞いてしまうと気になるわけで...。 (2009)
【ナトリウム塩化物泉】

山花温泉リフレ(山花温泉)(¥600)(北海道)

北海道釧路市にある温泉。動物園やキャンプ場に隣接しているからか、観光客よりも地元のちびっ子連れの家族で賑わっていました。浴室は2種類あり、野草風呂・乾式サウナのある山の湯とジャグジー・ミストサウナのある花の湯が日替わりで男湯と女湯になります。温泉ではありますが、浴槽の湯は循環されているため、消毒用の塩素の臭いが気になりました。なので、内地からわざわざここに入りに来ることまではおすすめしません。休憩所も広く、空港から最寄りの温泉なので、釧路空港からの飛行機出発までに待ち時間があるときの時間調整に寄るにはいいかもしれません。(2007)
【ナトリウム・カルシウム塩化物強食塩泉】

オホーツク温泉翁荘(稲富温泉)(\250)(北海道)

北海道網走市にある温泉。「翁」というと思い浮かぶのが竹取物語。竹を切ったらそこから湯が湧いてきた、なんて話をちょっと期待して行ってみましたが、何でもない普通の湯治宿でした。普通の湯治宿といっても北海道らしい拓けた場所にあると何か違和感を感じるのは何故でしょうね。浴室には男女別の内湯が1つずつ、そしてその間に混浴の岩風呂があります。岩風呂のほうは温めでゆっくり浸かれるのはよいのですが浴槽が小さめ。しかも目隠しを兼ねた岩がやたらと大きくて、その圧迫感が小さい浴槽をよりいっそう小さく感じさせてしまうのは残念なところ。宿のおばさんの話では、いつもは人で一杯になるそうですが、この日は入湯客がほとんどいなくて、のんびり浸かることができました。(2004)

津別温泉 ホテルフォレスター(¥500)(北海道)

北海道網走郡津別町にある温泉。屈斜路湖とは津別峠を挟んだ反対側にあり、峠を越えるとわずか10km(北海道的に)の所ですが、冬は津別峠が雪で通行止めになるため、迂回して阿寒町か美幌町経由で行かねばなりません。その距離なんと100km近く。さいはての温泉地にやってきたかのような気分になります。あえてそんな時期に行ったのは、3月末で期限が切れる無料の入浴券があったから。(^_^;)
露天風呂は建物に取り囲まれた感じが強く、消毒用の塩素の匂いがけっこう気になりました。内湯のほうは2つある浴槽のうち1つが掛け流しなくらいで、あとはジャグジー、水風呂、サウナとごくふつうの保養施設のよう。森の中の一軒宿のイメージとはだいぶ違います。まあ、無料で入れたし入浴客が少なくてゆったり浸かれたのでよしとしましょう。(2006)
【アルカリ単純泉】

緑清荘(¥280)(北海道)

北海道斜里郡清里町にある温泉。斜里岳や神の子池があることで有名な清里町は、道東なのに温泉施設がほとんどないというのがちょっと意外な町です。斜里岳の登山口から最も近いので、山登りの帰りの立ち寄り温泉としては良いです。浴室には薬湯、寝湯、ジャグジー、サウナ等があるのですが、私が行ったときは営業中なのにサウナに「準備中」の札が.....あれれ。(^_^;)。 (2001)

雌阿寒温泉 民宿景福(¥500)(北海道)

北海道足寄郡足寄町にある温泉。玉砂利の敷かれた内湯は男女別、露天風呂は混浴となってます。露天の方は、湯温が少し低めなので、のんびり浸かっていることができます。源泉は同じなのですが、露天は白濁が強く、内湯は澄んでいてなんとも不思議です。宿主曰く「気候によりは湯の色が変化し、晴れの日ほど澄んでいて、曇りや雨だと白濁する」とのこと。雌阿寒温泉にはもう一つ、ユースホステルの運営もしている「野中温泉」があります。雌阿寒岳登山とセットで入るのがオススメです。(1999)

雌阿寒温泉 野中温泉別館(¥300)(北海道)

北海道足寄郡足寄町にある温泉。ユースホステル部が本館、国民宿舎のほうが別館となっているのは、なんかおもしろいですね。釘を一本も使わずに作られているというエゾマツ製の内風呂と岩の露天風呂が気に入りました。機会があれば宿泊してのんびり浸かってみたいです。雌阿寒岳の登山口近くにあるので下山後の温泉にぴったりなのですが、隣にはこれまたお気に入りの民宿景福があって、どっちに入ろうか悩むところです。(^_^;) (2002)

塩別つるつる温泉(塩別温泉)(¥500)(北海道)

北海道北見市にある温泉。弱アルカリ性の湯で、湯に浸かっていると肌がつるつるになることから、この名前が付いています。館内には共同浴場の雰囲気のある旧浴場「龍神の湯」もありますが、たいていの人は広くて新しい大浴場ほうに入っています。大浴場の内湯は、打たせ湯、寝湯、ジャグジーがあり、露天風呂も含め、ジャグジー以外の浴槽はすべて源泉掛け流し。洗い場の蛇口から出てくる湯も源泉がそのまま使われているとは、なんという贅沢さ!
湯上がり後は広い休憩室でのんびり。唯一残念なのは、すべての場所が喫煙可になっていること。煙草の苦手な人からすると、湯上がり後に煙草臭い部屋で休憩するのは気が引けます。せめて分煙になっているとよいのですが...。とはいえ、休憩室を差し引いても温泉のほうは十分おすすめできます。機会があれば宿泊してのんびり温泉を楽しんでみたいです。(2007)
【単純硫黄泉】

芽登温泉(¥500)(北海道)

北海道足寄郡足寄町にある温泉。県道をそれてダート路を進むこと数km、ひっそりとした山奥に建つこの一軒宿は大正時代に湯治場として開湯し現在に至ります。風呂へと続く廊下を歩いていると今でも湯治場の雰囲気を感じます。数年前に来たときは内湯の壁にはヤモリが這い回り、露天風呂の岩の隙間を蛇がにょろにょろ、刺しにくるアブと闘いながら湯に浸かる.....という何とも野性味あふれる所だったのですが、久しぶりに来てみると内風呂が改装(2000年)されてちょっと雰囲気が変わっていました。以前のほうがよかったかな...。(2003)

鹿の子温泉 鹿の子荘(¥315)(北海道)

北海道常呂郡置戸町にある温泉。人里離れた辺境の地にぽつんと建つ鄙びた一軒宿。それなのに玄関が自動ドアなのは何か変な感じ。(^_^;) 地元温泉情報誌にあった、半混浴の浴室の男湯と女湯の間に吊り橋が掛かり、ついたてのように置かれた水車が温泉の湯でぐるぐる回っている、という紹介記事に興味を持ち、北見に寿司を食べに来たついで(20kmほど離れていますが)に寄ってみました。が、浴室に入ってみると.....ありません、水車も吊り橋も。代わりに背の高い大きな仕切板がど〜んと建っているではありませんか。どうも経営者が替わって改装されてしまったようです。元々壁がなかった浴室に男湯と女湯を仕切る大きな壁を作ったので、なんか不自然、というかやたらと圧迫感を感じます。もう少し早くに来るべきでした。(2006)
【アルカリ性単純泉】

黄金温泉(¥400(清掃協力費))(北海道)

北海道磯谷郡蘭越町にある温泉。ニセコの街を少し離れ道路脇の看板をたどって行くと鄙びた感じの建物があります。オーナーである農家の方が自分で温泉を掘りあてて、さらに手作りの入浴施設を造って、一般の方にも開放しているものです。湯は源泉が掛け流されています。
岩風呂の内湯と露天風呂があり、露天風呂のほうは主浴槽のほかに五右衛門風呂と寝湯があります。もちろん浴槽も手作り。内湯、露天風呂とも湯に浸かりながら正面のニセコアンヌプリが、そして露天風呂からは右側に羊蹄山が望めます。
泉源の温度が年々下ってきていたそうですが、なんと新たに温泉を掘りあてられたそうで、青いホースから熱い湯がドバドバと浴槽に注がれていました。施設のおばさんの話では数日前に出たばかりとのこと。ちょっと得した気分になりました。今のところ、ニセコいちおしの温泉です。(2009)
【ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉】

積丹半島温泉 みさきの湯(¥600)(北海道)

北海道積丹郡積丹町にある温泉。積丹半島の神威岬と積丹岬の間の高台に建つ大型入浴施設で、広い休憩室と高さをいかした眺めのよい露天風呂が特徴です。特に露天風呂は湯に浸かりながら左に神威岬、右に積丹岬が眺められ、晴れた日の昼間に積丹ブルーの海を見ながら浸かるのもいいし、夕暮れ時に赤く染まる海を見ながら浸かるのもよさそうです。ちょっと消毒用の塩素臭が気になるのと、温泉の塩分が濃いため、湯上がり時に掛け湯をしないと体がベタベタになってしまうのは残念なところ。 (2006)
【ナトリウム-炭酸水素塩泉】

余市川温泉 宇宙の湯(¥370)(北海道)

北海道余市郡余市町にある温泉。道の駅のすぐ近くにあり、施設の屋上にスペースシャトルが載っているので目立ち度は抜群です。名前とスペースシャトルの訳は、宇宙飛行士の毛利衛さんの実家がかつてここを経営していたことから、今の経営者がこの名前が付けたのだそうです。
浴室は広くはありませんが、サウナや露天風呂、ジャグジー等あり、しかも掛け流しだったりします。そのせいか、昼過ぎの時間帯にもかかわらず、地元の人で賑わっていました。
今回は積丹半島の某所で藪こぎをした後の入浴で、湯に浸かるというよりも服や体にダニが付いていないかチェックするのに必死だったため、露天風呂があることに気づかず入りそこねました。しまった!(2007)
【塩化ナトリウム炭酸水素塩泉】

西の里温泉 里の森 森のゆ(¥600)(北海道)

北海道北広島市にある温泉。コーヒー色の湯が特徴のモール泉で、浴室には温度が異なる2つの主浴槽とジャグジー、水風呂、サウナ、露天風呂があります。高台にあるので露天風呂からの眺めは良く、湯船に浸かっている状態でも外の景色が眺められるような造りになっています。食事もできる休憩室は、浴室の規模からすると大きめで湯上がり後もゆったりできます。国道274号線沿いにあり、営業時間も長いので、道東から樹海ロードを通って深夜発のフェリーの乗るために小樽に向かう人には便利な位置にある施設です。(2007)
【ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉】

然別湖畔温泉 ホテル風水(¥1000)(北海道)

北海道河東郡鹿追町にある温泉。然別湖畔に建つホテルだけあって入浴料は\1000と高め。普通だったらまず行かないような温泉なのですが、温泉雑誌に付録で付いていた無料券(太っ腹〜!)があったのでこのときばかりと利用してみました。湖側にある浴室には内湯と露天風呂が1つずつ。露天風呂だけでなく大きなガラス張りになった内湯からも然別湖が見渡せます。よく見ると湖の真ん中に何かが。あれは有名な氷上露天風呂...と思ったら湯船の部分だけ。露天風呂ができるのはもうちょっと先のようです。(^_^;) 無料での利用だったのにフロントの方の対応がとても丁寧で好印象を持ちました。(2004)

ふれあいプラザ(上士幌町健康増進センター)(¥360)(北海道)

北海道河東郡上士幌町にある温泉。浴室は和風と洋風の2種類あって、周期的に男女入れ替え制になっているようです。私が行ったときは男湯が洋風浴室でした。2つに共通して主浴槽、ジェットバス、打たせ湯、水風呂、サウナ等があり、ミニ健康ランドといった感じ。それでいてこの料金は安いです。健康増進センターが併設されているとはいえ、建物は立派すぎるほど。浴室に石鹸やシャンプーの類の設備が全然ないのは地元の人向けの浴場だからでしょうね。(2002)

十勝川温泉 かんぽの宿 十勝川(¥600)(北海道)

北海道河東郡音更町にある温泉。モール温泉(植物が長い時間をかけて堆積した亜炭層から湧出する温泉)で知られる十勝川温泉の一施設で、温泉街からは少しはずれた所にあります。
浴室には、内湯と露天風呂、サウナ小屋があります。施設の規模からするとちょっと小さいように思いますが、昼間に日帰りで入るなら混雑の心配はないでしょう。
十勝川温泉では、モール泉資源保護の観点から1993年より湯を集中管理して、各宿に配湯しているそうで、この施設の湯も内湯の主浴槽と露天風呂のみが温泉使用となっています。その湯も加水・循環濾過がされているそうですが、塩素臭さは感じられませんでした。(2009)
【ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉】

川北温泉 ゆもーる川北(¥390)(北海道)

北海道河西郡芽室町にある温泉。湯が茶色の植物性モール泉であることからこの名前が付いているそうです。「山の湯」「里の湯」という名前の浴室があり、週替わりでそれぞれ男湯と女湯になります。内湯には主浴槽のほかにジャグジーや寝湯、サウナがあり、露天風呂もありますがちょっと小さめ。日高山脈や十勝平野を眺めながら湯に浸かることができます。モール泉といえば隣町の十勝川温泉が有名ですが、ここだと同じ泉質の湯に安く入ることができます。(2004)
【単純泉】

くったり温泉 トムラ登山学校レイク・イン(¥350)(北海道)

北海道上川郡新得町にある温泉。登山やカヌーのアウトドア体験ができる宿泊施設の中にあり、温泉部には露天風呂や打たせ湯、サウナ、ジャグジー等の湯船があります。くったり湖の畔にあるので、露天風呂からも湖を眺められます(が、湯に浸かると見えない)。浴室内のあちこちには「飲めません」の表示板が。飲んではいけない温泉成分が含まれているわけでなく、塩素がしっかり入った循環湯だからでしょう。そして外に見えるのは人工の芝生と人工のダム湖.....うむむ。(2003)

しみず温泉フロイデ(清水温泉)(¥500)(北海道)

北海道上川郡清水町にある温泉。敷地内には、コテージがあり宿泊することもできます。元は町営温泉でしたが、経営難のため2008年に民間会社に売却され...ついでに入浴料も上がってしまいました。塩素臭の気になる湯で、内湯は大浴場のほかに、打たせ湯、寝湯、サウナがあり、露天風呂からは昼は日高山脈が、夜は星空を眺めながら浸かることができます。(2008)
【ナトリウム・塩化物泉】

なよろ温泉サンピラー(名寄温泉)(¥400)(北海道)

北海道名寄市にある温泉。近くのYHに泊まったらここの温泉ツアーをやっていたので行ってみました。市内唯一の温泉施設で、市街地から離れた山奥にホテルがポツンと建っています。浴室は広さのわりに浴槽は小さく、入浴客が多いと芋洗い状態になりそうな感じ.....と思ったら、湯がけっこう熱くて長湯できないようになっていたのでした。(^_^;) 浴室横の休憩室やロビーは広くてくつろげるので、日帰り入浴で来ても湯上がり後はのんびりできそうです。でも、せっかく山奥の温泉なのに露天風呂がないのは物足りません。振り返ってみるとYHの風呂でもよかったかなと思ったり。(2007)
【カルシウム・ナトリウム硫酸塩炭酸水素塩泉】

苫前温泉 とままえ温泉ふわっと(¥500)(北海道)

北海道苫前郡苫前町にある温泉。苫前町は、風力発電が盛んな町で、この温泉の名前も「風」+「W(ワット)」から、「ふわっと」となったそうです。うちのサイト名となんか似てますね。
日帰り温泉と宿泊施設、レストラン等が一体となっているので外見は大きいのですが、温泉施設は意外と小さいです。小さい露天風呂から海を眺めるとよけいに広大に見えるかも。(2007)
【ナトリウム塩化物強塩泉】

むかわ温泉 四季の湯(¥500)(北海道)

北海道勇払郡鵡川町にある温泉。併設の道の駅兼「ホテル四季の風」では宿泊することもできます。宿泊者向けには、最上階にもう一つ展望浴場があるそうです。日帰り施設のほうは、造りの異なる浴室が2つあって、それぞれが日替わりで男湯と女湯になるので、2日続けて通うと両方に入ることもできます。もっとも、塩素臭が気になる湯で、「自然豊かな北海道の温泉」のイメージには当てはまらないのでそこまでして入ろうという旅人はいないかと...。(^_^;) 苫小牧東港から10kmほどのところにあるので、道東から港に向かう際に、深夜発のフェリーの乗船時間までの時間調整に利用するのに使えそうです。(2008)
【ナトリウム塩化物強塩泉】