トップページ>旅先で見つけた珍品

ぶらっと温泉

最初はバイクツーリングで何となく立ち寄っていた温泉が、いつの間にか、温泉に入ることが旅の目的の一つになっていました。個人的には鄙びた温泉、源泉が掛け流されている温泉が好みで、主にそういった温泉を都道府県別に紹介しています。
北海道(56) 青森県(4) 岩手県(8) 宮城県 秋田県(13) 山形県
福島県(5) 茨城県 栃木県(5) 群馬県(3) 埼玉県(1) 千葉県
東京都(1) 神奈川県(1) 新潟県(1) 富山県(2) 石川県(6) 福井県(1)
山梨県(6) 長野県(24) 岐阜県(5) 静岡県(17) 愛知県 三重県(3)
滋賀県(5) 京都府(9) 大阪府(4) 兵庫県(14) 奈良県(3) 和歌山県(21)
鳥取県(3) 島根県 岡山県(2) 広島県 山口県 徳島県
香川県 愛媛県(1) 高知県 福岡県(3) 佐賀県(2) 長崎県(3)
熊本県(17) 大分県(5) 宮崎県(3) 鹿児島県(20) 沖縄県 無料温泉(35)

温泉って?

意外な感じがするかもしれませんが、温泉は法律によって定義されています。「温泉法」によると、
  • 地中から地表に湧き出た水(湯)で温度が25度以上あるもの。
  • 温度が25度以下であっても、19種類の物質(温泉成分)のうち少なくとも1つが規定値を超えて含まれているもの。
  • ガスや水蒸気であっても、温度が25度以上あるか、19種類の物質のうち少なくとも1つが規定値を超えて含まれているもの。
この3つのどれかにあてはまるものが温泉ということになります。25度って湯ではなく水なのに、温泉と呼べるなんて変な感じがしますね。
物質名 1kg中に含まれる量
溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1,000mg以上
遊離炭酸 250mg以上
リチウムイオン 1mg以上
ストロンチウムイオン 10mg以上
バリウムイオン 5mg以上
総鉄イオン 10mg以上
第1マンガンイオン 10mg以上
水素イオン 1mg以上
臭素イオン 5mg以上
ヨウ素イオン 1mg以上
フッ素イオン 2mg以上
ヒドロひ酸イオン 1.3mg以上
メタ亜ひ酸 1mg以上
総硫黄 1mg以上
メタほう酸 5mg以上
メタけい酸 50mg以上
炭酸水素ナトリウム 340mg以上
ラドン 20(100億分の1キュリー単位)以上
ラジウム塩 1億分の1mg以上

掛け流しと循環式

どちらも浴槽に温泉を給湯する方法です。
「掛け流し」は、地中から湧き出してくる湯を常に浴槽に注ぎ続けて、浴槽からあふれた湯はそのまま下水に流してしまう方法です。いつも新鮮な温泉に浸かれるのが特徴です。
「循環式」は、浴槽に入っている湯を殺菌→濾過→加温して再び浴槽に注ぐという、同じ湯を何度も利用する方法です。湧出量の少ない温泉や、ホテルのような大量の湯が必要となる施設では循環式のところが多く、殺菌用塩素の混入程度にもよりますが、湯が塩素臭いのが特徴です。
ふつうの水を温めたものを温泉として営業し続けていた温泉地があったという報道や、循環施設の整備不良によるレジオネラ菌感染死が発生した事件が報道されてからは、世間の目も向くようになったようで、最近では温泉の宣伝文句として「(源泉)掛け流し」という表現がよく使われるようになってます。

サイト内の温泉関係ページ

無料の温泉