ぶらっと温泉(無料の温泉)

温泉といえば入湯料が必要なのが一般的ですが、中には無料で利用することのできる温泉も日本には数多く存在します。ここではそういう温泉を紹介しています。
多くは地元の人たちが善意で清掃や維持管理をしてくださったりしているものなので、感謝の気持ちを忘れず、入浴マナーを守って、マナー低下で閉鎖になることのないよう努めましょう。

杖立温泉 元湯

鯉のぼり祭りの発祥の地として知られる杖立温泉の共同浴場の一つ。温泉街を流れる杖立川の川岸にあり、半洞窟の岩風呂になっています。私が訪れたときは残念ながら湯量が少ないとのことで、浴槽に湯が張られておらず、入浴することができませんでした。近くの温泉宿の従業員さんの話では、しばらく雨が少ないため、ここだけでなく、杖立温泉全体で温泉の出が悪くなっているとのことでした。 (2011年訪問)

玉川温泉 玉川温泉露天風呂 (秋田県)

秋田県仙北郡田沢湖町にある温泉。
玉川温泉の自然研究路沿いにある混浴の露天風呂で、周囲は岩盤浴をする人で一杯、そして、浴槽の周囲には目隠しになるようなものは何もなく丸見えなので、さすがの私も入るのにちょっと気合いがいりました。
岩組の浴槽は10人くらいが入れそうな大きさで、源泉が掛け流されています。硫黄の臭いのする白濁した湯は日本一の酸性の湯と言われるだけあって、酸味が強いです。
露天風呂の奥にある背の低い建物は岩盤浴治療をするための施設で、入口には毛布にくるまって順番待ち岩盤浴をする人が並んでいます。玉川温泉は、現在の医療では有効な治療ができない段階の癌を患った人が湯治により効果が得られたことがあるということでも知られる温泉です。全国から患者さんが訪れ、温泉の宿泊施設は常に満員。泊まれない人達は駐車場や周辺の道路脇に停めた車で寝泊まりして治療に励んでおられます。生きるのに一生賢明な人達と余暇を過ごしに来ている私 (2003年入湯)


奥々八九郎温泉 (秋田県)

秋田県鹿角郡小坂町にある温泉。集落から林道に入り、ダート路を1〜2km走った拓けたところにある露天風呂で、浴槽の底からは湯と共に気泡が湧き出していて、まさに天然のジャグジー。浴槽の周囲の地面は、温泉の析出物が堆積して赤茶色になっています。
しかし、一つだけ難点が。それはアブ。最初は小さなハエかと思っていたら、実はアブで、小さいと思って侮っていると痛い目に遭いました。私はここで刺されてしまい、1週間ほど腫れが治まらず痒みに苦しみました。相当数のアブが飛んでいて、じっとしていると刺されてしまうため、常に体を動かしていなければなりません。もちろん、着替えるときも。端から見ると、踊りながら着替えているように見えたかも。(2002年入湯)


奥八九郎温泉 (秋田県)

秋田県鹿角郡小坂町にある温泉。奥々八九郎温泉の少し手前、数百メートルほどでしょうか、草むらの中に湧いていて、3つの八九郎温泉の中では最も見つけるのが難しいです。
奥々八九郎温泉と同じく天然のジャグジー温泉で、こちらは浴槽が小さく、しゃがんだ状態でやっと腰まで浸かるくらいの深さ。
ここにもアブの大群がいて、さすがに入浴はしませんでした。奥々八九郎温泉、奥八九郎温泉へ続くダート路はフラットで締まっているので、普通の乗用車やオンロードバイクでも難なく辿り着けると思います。(2002年訪問)


八九郎温泉 (秋田県)

秋田県鹿角郡小坂町にある温泉。民家近くの田圃の中にぽつんと浴槽があります。混浴の露天風呂で、結構な量の湯が掛け流されています。ここも気泡が湧いていますが、よく見ると建物があったような跡があります。
温泉へはあぜ道を通っていくことになります。近くにいた地元の人が「バイクだったら温泉のそばまで行けるよ(もちろん東北弁で)」と教えもらい、バイクで行ったのですが.....Uターンできるような場所がなく、結局、バックで戻ることに。ここへ行くときは、道路の路肩に駐車して歩いていったほうが良いでしょう。(2002年入湯)
八九郎温泉は、2007年にビニールハウスの上屋が建てられ、浴室も男女別の内湯となりました。開放感がなくなったのは残念ですが、アブの心配をしなくていいというメリットは大きいです。アブが多くて奥八九郎温泉や奥々八九郎温泉に入るのが難しいときはこちらに入るのが良いと思います。(2011年追記)


藤七温泉 藤七温泉近くの湯 (岩手県)

岩手県岩手郡松尾村にある温泉。近くの「蒸けの湯」で出会ったライダーさんからここの温泉の情報を教えてもらい、やってきました。樹海ロード途中でバイクを停めて崖下を見るとそれらしきものが。雪の残る崖を落ちるように下ると湯溜まりになっている所が3カ所ありました。1つは温泉旅館の源泉の湯溜めらしく、柵で囲われており、残り2つが入浴可能でした。浴槽の底は泥が堆積していて、別府の泥湯のようです。なので、入っているうちは良いですが、上がるときは泥を落とすのにちょっと苦労しそうです。側を流れる沢の水は冷たそうだし.....やはり藤七温泉に泊まるしかないか。(2003年訪問)


湯野上温泉 湯野上温泉共同露天風呂 (福島県)

福島県南会津郡下郷町にある温泉。湯野上温泉の温泉街の脇を流れる大川渓谷の河原に造られた混浴の露天風呂で、コンクリートで造られた正方形の浴槽と湯船と、そこから溢れた湯が川に注ぎ込む所に石で囲って作られた湯船、そして少し離れたところに小さな浴槽の3つがあります。訪れたのが夕方だったせいか、温泉街の宿泊客が浴衣姿で入れ替わり立ち替わりここへやってきて、野湯って感じはありません。
露天風呂へは、温泉街から河原へ降りていく道を通っていくのですが、この道がとても狭いのです。車1台がなんとか通れる幅の道路で、対向車が来たら、すれ違えるところまで突き進むか戻るかしかありません。切り返しやバックの苦手な人は、温泉街から歩いていったほうがよいでしょう。(2004年訪問)
この温泉は、保健所の指導により、2009年5月7日に閉鎖されました。ただし、湯はあちこちから湧き出しているので、付近の湯が溜められる所では、現在でも浸かることができます。(2011年追記)

那須温泉郷 高尾温泉 (栃木県)※現在は入浴不可

栃木県那須郡那須町にある温泉。温泉街へ向かう県道から外れてしばらく行った空き地の奥にこの温泉はあります。かつて、この空き地には温泉旅館がありましたが、火事で焼失してしまい、そこに残った温泉を地主さんが善意で開放してくださっているものです。
浴槽は、20人位入れそうな大きなものが1つと2〜3人が入れそうな小さいものが3つあり、小さいほうは湯が注がれるパイプが高い位置にあって打たせ湯になっています。山の上にあって遮るものがないので眺めが良いです。よく入りにきているという温泉好きのおじさんの話では、獅子座流星群が見られる日には夜中に大勢の人が来ていたとか。露天風呂に浸かりながら流れ星を見るなんて贅沢でいいですね〜。
私が訪れたのは12月の大雪が降った数日後で、温泉街からここへの道はすっかり雪に覆われていました。圧雪路だったら問題ないのですが、所々凍結していて、下りではスタッドレスタイヤを装着しているのにABSが頻繁に作動しました。もっとも、雪のおかげで、人のほとんどいない温泉にのんびりと浸かれたのかもしれません。(1999年入湯)
おおるりグループがこの地を買取り、2003年に旅館が建てられた際に、この露天風呂のほうも手を加えられ一変(写真右下)。開設後しばらくは、無料で開放されていましたが、現在は有料化されています。(2004年再訪、2011年追記)


燕温泉 河原の湯 (新潟県)

新潟県中頸城郡妙高村にある温泉。燕温泉という小さな温泉街を抜け徒歩10分程、登山道から少しそれて深い谷間を進んだところにあります。谷沿いの道が曲がりくねっていて温泉のすぐそばまで行かないとその姿が見えず、「隠し湯」という言葉がぴったりあてはまります。登山道のすぐそばにあるため、登山帰りの入湯者が多く温泉は人で一杯でした。湯がやや温めなのでゆっくり浸かっていられるのもあるのでしょうね。というわけで、左上の写真は、浴槽の撮影ができなかったため、すぐ隣の虫がたくさん浮いている小さな湯溜まりです。(2002年入湯)

燕温泉 黄金の湯 (新潟県)

新潟県中頸城郡妙高村、上で紹介した河原の湯の近くにあり、こちらは温泉街から歩いて5分と近いので、河原の湯よりも混んでいるかと思ったら意外、誰もおわらず、貸切状態で入ることができました。
浴槽の湯は白濁していてやや熱め。湯の花が豊富で、浴槽の中を移動すると底に堆積しているものがたくさん舞い上がります。
温泉に行くと脱衣場にタオルが忘れられているのをよく見かけますが、今回は入れ歯の忘れものを見つけました。忘れた人はどこかでフガフガ言っているのかも。(2002年入湯)

赤沢温泉 赤沢温泉露天風呂 (静岡県)

静岡県伊東市にある温泉。赤沢海水浴場近くの海岸沿いにある混浴の露天風呂で、コンクリート製の浴槽は三角座りで10人くらいが入れる大きさ。脱衣所のようなものはなく、浴槽の淵の適当な所に服を置いて入ります。海岸沿いなので海側は遮るものはなくて眺めがいいです。
湯は常に注がれているわけではなく、定期的に湯船の中にあるパイプから出てきます。地元の方の話では、近くの温泉民宿が余った湯をまわしてくださっているのだそうです。ぬるめの湯なので冬はちょっと寒いかもしれません。夏はすぐ近くの海水浴場からくる水着を着た人達で賑わい、温水プールのようになっちゃいそうなので、春か秋に行ったほうがよさそうです。(2004年入湯)


河津浜温泉 河津浜温泉露天風呂 (静岡県)

静岡県賀茂郡河津町にある温泉。バス停近くの浜にある混浴の露天風呂で、浴槽は1メートル四方の小さなもので、近くの温泉宿から引かれた湯が浴槽に絶えず注がれています。
目隠しや脱衣所のようなものはなく、国道135号線沿いと交通量の多く、交差点の近くでコンビニの駐車場の隣、さらに浜ではたくさんサーファーがいるので、昼間に入るのは男性でも難しいと思います。(2004年入湯)

雲見温泉 雲見温泉(赤井浜)露天風呂 (静岡県)

静岡県賀茂郡松崎町にある温泉。国道136号線から崖を数十メートルほど降り、手前のコンクリート製の脱衣所を通り抜けた先が岩組みの浴槽があります。
海のすぐ側にあるかような観光ガイド本の写真を期待して行くと、思ったより離れていてちょっとがっくりするかもしれません。ですが海側の眺めは良く、時期があえば湯に浸かりながら水平線に沈む太陽が見ることもできそうです。
入浴できるのは6月〜9月の間だそうで、初めて訪れたときは浴槽に湯が入っておらず、浸かることができませんでした。地元の観光協会等に確認してから行ったほうがいいかもしれません。(2004年訪問、2005年入湯)


石部温泉 平六地蔵露天風呂 (静岡県)

静岡県賀茂郡松崎町にある温泉。漁港の中にある混浴の露天風呂で、浴槽は広く、脱衣所もちゃんと設置されています。伊豆半島にある無料温泉の中では湯量が多いのが特徴。
周辺の他の無料温泉と同様に、ここも海水浴場の近くなので、ゆっくり浸かりたいなら、水着の海水浴の人達がやってくるシーズン中は避けた方がよさそうです。冬期は湯温が下がるため、入浴できるのは5月から10月末までの間となります。(2004年入湯)


岩地温泉 ダジュール岩地 (静岡県)

静岡県賀茂郡松崎町にある温泉。岩地海岸の中央に置かれた全長7.6m、幅2.5mの漁船が浴槽となっている混浴の露天風呂で、岩地温泉の湯が引かれて浴槽に注がれています。湯が入れられるのは、5〜10月のシーズン中のみ。海水浴の時期は水着なしで入るのは難しいと思います。
ちなみに、ダジュールという名前は、この温泉がある集落が東洋のコートダジュール(自称!?)ことに由来します。集落内には屋根ををウコン、壁を白にした建物が散見されます。(2005年訪問)

下呂温泉 下呂温泉噴泉池 (岐阜県)

岐阜県下呂市にある下呂温泉の共同浴場。混浴の露天風呂で、浴槽はひょうたん型の石組みの浴槽は中央を板で仕切ることで、温度差がつけられています。
温泉街を縦に切るように流れる飛騨川の河原にあり、周辺の旅館からも、側に架かる下呂大橋を使って両岸を行き来する観光客からも丸見えなので、昼間に入るのは男性でも相当の気合いが必要です。(2008年訪問)
2010年2月1日からは、水着着用での入浴が義務づけられています。個人的には水着を着て入るところは、共同浴場とは言えないと思います。(2011年追記)


新穂高温泉 アルペン浴場 (岐阜県)※現在は入浴不可

岐阜県高山市にある温泉。新穂高ロープウェイの発着場&路線バスのターミナルの側にある市営の共同浴場で、浴室は内湯のみ。浴槽には源泉が掛け流されていてやや熱め。入浴可能時間は9:30〜16:00で、脱衣所にはコインロッカーも備えられています。
シーズン中は登山帰りの人達の利用で賑わうようですが、さすがに冬は訪れる人も少ないようで、私が訪れたときは貸し切り状態で入浴することができました。(2001入湯)
アルペン浴場は、すぐそばの蒲田川の砂防工事の対象区域となったため、2009年4月に閉鎖され、取り壊されました。(2011年追記)

琴引浜温泉 (京都府)

京都府京丹後市網野町にある温泉。鳴き砂で有名な琴引き浜にある露天風呂で、関西では数少ない無料の温泉の1つです。
浴槽は常に湯が張られているわけではなく、管理をしている人が機械を操作することによって供給されるため、決まった時間内でないと浸かることができません。目隠しのようなものは何もないので開放感は抜群。
温泉があるのは海水浴場の端に温泉があり、夏は水着の海水浴客で芋洗い状態になるので、シーズンオフに来るのがおすすめです。車で来ると、海水浴場の駐車料金1,000円が必要となるので注意。(1996年入湯)


月野瀬温泉 名残湯 湯治湯ゆうや (和歌山県)

和歌山県東牟婁郡古座川町にある温泉。個人所有の温泉施設を一般開放してくださっているものなので、施設隣にあるオーナーさん宅で許可をもらってから入る必要があります。
古座川沿いの県道の目の前にある一見物置小屋のようなところがこの温泉小屋。トタン張りのドアを開けるとコンクリート造りの浴槽があり、源泉が贅沢に掛け流されています。熱すぎず、温すぎずちょうどいい湯加減。
浴室には照明がないので、ドアを閉じてしまうと真っ暗に。ですので、何か照明を持参するか、ドアを開けて光を取り込む必要があります。でも、温泉のすぐ目の前はけっこう交通量のある道路。ドアをあまり開けすぎると恥ずかしいかと思います。
屋根がちょっと傷んでいて落ちてきそうなので入るときは気をつけましょう、もちろん何かあっても自己責任で。(2010年入湯)


川湯温泉 仙人風呂 (和歌山県)

和歌山県田辺市本宮町にある温泉。川湯温泉街の前を流れる大塔川は「川湯温泉」の文字どおり、河原を掘ると底から温泉が湧いてくるのです。冬期(11月〜2月末)は、重機(ショベルカー)を使って川の一部をせき止めて巨大露天風呂が作られます。千人が入れそうなくらい大きさがあることから、千人にかけて仙人風呂の名が付いています。
混浴で、入浴可能時間は6:30〜22:00となっていますが、昼間は水着で入る人ばかりで温水プールのような状態になってしまうので、夜、それも閉所間際に入るのがおすすめ。弱めの照明に映し出される湯気がいい雰囲気。(2002年入湯)


川湯温泉 川湯露天風呂 (和歌山県)

和歌山県田辺市本宮町にある温泉。上で紹介している仙人風呂がない時期(3〜10月)に入ることができる川湯温泉の共同露天風呂。仙人風呂と違って、底から湯が沸いてくるのではなく、ホースを使って湯が引かれています。入浴時間は6:00〜10:00、15:00〜22:00。(1995年訪問)



湯原温泉 砂湯 (岡山県)

岡山県真庭市湯原町にある温泉。巨大な湯原ダムの下の河原にある露天風呂で、浴槽の底、つまり川底から砂を噴きながら湯が湧き出していることから砂湯の名が付いたそうです。
浴槽は、美人の湯と子宝の湯、長寿の湯という3つの岩組みの浴槽があり、それぞれ温度が異なります。下の湯から入るのが作法なのだそうです。
朝早くに行ったら地元の方達が清掃してくださっていました、感謝感謝。脱衣場はあるものの、衝立も何もないので女性が入るのは夜でも厳しいと思います。(2010年入湯)

茅森温泉 (岡山県)

岡山県真庭市湯原町にある温泉。県道55号線沿いの川を挟んだ向こう岸にあります。きれいに清掃された浴槽からは、源泉が掛け流されています。湯温は低く、私が訪れた秋だと、ぬるま湯というよりも水に近い状態でした。夏でないと入るのは厳しいですね。もっとも、温泉があるのは墓地のすぐ下なので、夜に入りに来るのはやめたほうがいいかも。(2010年入湯)

三朝温泉 河原の湯 (鳥取県)

鳥取県東伯郡三朝町にある温泉。三朝温泉を流れる三徳川の河原にある露天風呂で、石造りの浴槽は真ん中の仕切を境に湯温が異なります。奥のほうは熱すぎてとても入れず、手前のほうでも熱くて短時間なら何とか浸かれるくらいでした。入りにきていた地元のおじさんに尋ねてみると、外気温の影響を受けて冬場は手前のほうは温くて入れず、奥のほうがちょうどいい湯加減になるのだとか。
簡単な目隠しはありますが一方向だけで、橋を渡る人や周囲の宿からは丸見えなので、男の人でも難易度が高いと思います。気になる人は隣に足湯や有料の共同浴場へどうぞ。(2010年入湯)

明礬温泉 鍋山の湯 (大分県)

大分県別府市にある別府三大秘湯の1つ。明礬温泉から国道を外れて約1kmのダート路を走ったところに入口があります。ダート路といっても地面は堅く締まっているので、ふつうの車やオンロードバイクでも問題なく行けると思います。入口の車止めから数分ほど簡単な沢登りをすると見えてくる湯気の出ているところが鍋山の湯です。
拓けたところに岩組みの浴槽が2つあり、開放感は抜群。遠くの別府湾まで遮るものはなく、湾を見渡しながら湯に浸かることができます。湯は半透明で強い硫黄臭があります。源泉の温度は高く、浴槽の湯温が高い場合は、山水だと思います、浴槽まで引かれている黒いホースから出る水で調整して入ります。
少し登ったところには、小さめの浴槽が2つあり、こちらは泥湯となっています。主浴槽からは見えない位置にあるため、あることを知らないと見逃してしまうかもしれません。脱衣所はありませんので、女性が入るのは難しいと思います。
2000年秋に訪れたところ、以前はなかった「蒸し器」が設けられていました(写真6)。地表から吹き出してくる蒸気を利用したもので、温泉卵や肉まん、焼売、蒸しパン!?などいろいろ作れそうです。昼ご飯を持って行って、温泉に入ったあとは昼食、そして昼寝なんて最高の贅沢ですね。(2000年追記)
2010年9月に、この温泉の近くで若い女性が殺害される事件が発生しました。観光ガイドブック等に多々掲載されていることから、興味を持たれる方も多いと思いますが、この温泉の近くに民家や施設はないので、周辺に人はいません。何かあっても助けを求めることともできない所です。良い点ばかりが記載されているガイドブックには、そういったことは記載されていません。危険な所であるということを理解した上で行って下さい。行くのを諦めるというのも無難な選択だと思います。(2011年追記)


明礬温泉 へびん湯 (大分県)

大分県別府市にある別府三大秘湯の1つ。明礬温泉で国道500号線を外れて、ダート路を1〜2km走ったところにあります。鍋山の湯のさらに奥、3つの温泉の中では最も山奥にあります。「へびん湯」の名前の由来は、温泉の近くにヘビがいっぱいいるからだそうです。私が行ったときも脱衣所にヘビの抜け殻がおちてました。
川の一部を堰きとめて作られた浴槽に、湯が出てくるホースと川の水が出てくるホースが引かれていて、この2つを使って温度を調整して入ります。脱衣所は浴槽の上流にあって温泉に浸かっている人から見るとお立ち台みたいなので、女性が入るのはかなり難しいと思います。(1999年入湯)
2001年に再訪したところ、以前は、へびん湯へ通じる道が、途中から車高の高いRV車か、オフロードバイクでないと行けないくらい(私はオンロードバイクで行きました)の荒れた道だったのが、コンクリートで舗装されて整地されていました。便利にはなりましたが、秘湯度はちょっと落ちてしまったような気が...。(2001年入湯)


明礬温泉 鶴の湯 (大分県)

大分県別府市にある別府三大秘湯の1つ。明礬温泉近くの霊園から徒歩で100mほど登ったところに温泉はあります。地図で見ると、「へびん湯」や「鍋山の湯」のすぐ近くになりますが、ルートは異なるので、温泉をはしごしようとすると、一旦国道500号線まで戻らなくてはなりません。
混浴の露天風呂で、硫黄臭の強い半透明の湯が奥から手前に掛け流されています。墓地のすぐ近くなので、夜に行くのはやめたほうがよさそうです。左の建物は脱衣所兼休憩所で、脱いだ服を入れるカゴや休憩用のベンチ、女性専用の脱衣室など野湯とは思えないくらい設備が整っています。柱には「H10年8月女性更衣室設置」「H10年渡り橋設置」「H13年3月コンクリ施工」「H13年3月造園植樹」の文字が。地元の方達がここをより良くしようと努力されていることが伺えます。(2001年入湯)
現在は浴槽が2つになり、さらに手前方向に足湯も造られています。ただ、手前の湯が涸れて入浴できない時がよくあるそうなので、行かれるときは事前に情報収集をしてからのほうがよいでしょう。(2011年追記)

長島温泉 ガニ湯 (大分県)

大分県武田市直入町にある露天風呂。日本一の炭酸泉として有名な長湯温泉の側を流れる川の中に岩組みの混浴露天風呂があります。
手前は道路、向こう岸は温泉街、そして脱衣所もないので何をするにも周囲から丸見えで開放感は抜群。入るのは結構勇気が必要です。どうしても入りづらいという人は、長湯温泉に宿をとって夜に入りに来るといいかもしれません。(1999年訪問)

霧島神宮温泉 霧島民芸村 (鹿児島県)※現在は入浴不可

鹿児島県霧島市の霧島神宮入口近くの民芸村の奥にある温泉。バイク雑誌でたびたび紹介され一度は行ってみたいと思っていた所。九州旅の際に立ち寄ってみると、扉は閉じられ、浴槽は残っているものの、湯は入っていませんでした。
店のおばさんに聞いてみると、保健所の指導により廃止してしまったのだそうです。もったいない.....おばさんも言ってました。(2010年訪問)

丸尾温泉 目の湯 (鹿児島県)

鹿児島県霧島市、丸尾温泉街の自然探勝路の脇にある霧島最古と言われる岩風呂で、目の病に効能があることから「目の湯」と呼ばれています。1人が入ればいっぱいになるくらいの小さな浴槽で、底の岩の間から湯が湧きだしています。周囲の温泉が白濁であるのに、ここの湯だけは透明に澄んでいます。
脱衣所や目隠しになるものは何もないので、人の少ない時期のほうが入りやすいと思います。(2010年訪問)

丸尾温泉 川の湯 (鹿児島県)

鹿児島県霧島市の丸尾温泉街にある温泉。上で紹介している「目の湯」のすぐそばを流れる川もかなりの量の温泉が混じっているため、川が自体が温泉となっています。所々には誰かが作ったのか、岩が組まれた湯溜まりとなっていて、そこで浸かることができます。こちらは目の湯と違って周辺の温泉と同じように白濁しています。
こちらも脱衣所や目隠しになるものは何もないので、人の少ない時期のほうが入りやすいと思います。(2010年訪問)

霧島温泉郷 山之城(やまんじょ)温泉 (鹿児島県)

鹿児島県霧島市にある温泉。国道223号線を外れ林道を走ること約5km、人家も何もない山奥に流れる川にこの温泉はあります。というよりも、川そのものが温泉の浴槽になっているというのほうが正しい表現です。
硫黄臭の強い源泉は川の上流にあり、そこから湧き出す高温の湯が川の水に混ざって白濁した温泉の川となり、下流に流れていきます。源泉に近い上流ほど湯温が高く、下流に行くほど低くなるので、好みの湯温の所で、石を組んで湯に浸かります。男湯と女湯のような区分もなく、脱衣所のようなものはありません。でも、ここまで来て湯に浸からずに帰るなんてもったいない。気合い一発!川のそばで着替えるか、もしくは草むらや木の陰で着替えてしまって入っちゃいましょう。
川が温泉になっているというと、北海道のカムイワッカ湯の滝や和歌山県の川湯温泉が有名ですが、スケールの大きさはここが日本一でしょう。ただし、源泉が湧き出しているところからは、湯と共に硫化水素ガスが大量に噴出しており、風向きによっては、湯に浸かっていると、もろに吸い込むことになるので、かなり危険な所でもあります。(2003年入湯)
山之白温泉の周辺は、有毒な硫化水素ガスが発生しているということを理由に現在は立入禁止となっています。(2011年追記)


新川渓谷温泉郷 平落温泉 (鹿児島県)

鹿児島県霧島市牧園町にある温泉。近くの和気湯で出逢った地元の常連さんからこの温泉の情報を教えていただいたので立ち寄りました。
国道223号線の道路脇にあるのですが、ガードレールで死角になっていて車やバイクで走っていると見えません。ここに温泉があるということを知っていなければ、まず気づかずに通り過ぎてしまうことでしょう。
岩を組んで作った浴槽は3〜4人は入れるくらいの大きさがあります。浴槽は大きな岩の上に乗っかかるように造られていて、その岩の下へ降りてみると、岩の間からも湯が湧いていました。こちらも入れそうです。(2003年入湯)


新川渓谷温泉郷 山ノ湯 (鹿児島県)

鹿児島県霧島市牧園町にある温泉。上で紹介した平落温泉のすぐ隣にあります。道路際にある平落温泉と違ってこちらは道路の下。道路下といっても、橋の下とかではなく道路のコンクリート土台をトンネル状に掘った、洞窟のような所にあるのです。わざわざ道路の土台をくり抜いて温泉を作るなんてことはしないでしょうから、温泉のほうが古くから存在し、道路拡張時に温泉を残すためにこのような形にしたのではないでしょうか。浴槽はコンクリート製で、湯で満たされていたものの、かなり温くて入ることができませんでした。(2003年訪問)

妙見温泉 和気湯 (鹿児島県)

鹿児島県霧島市牧園町の中津川沿いにある露天風呂。脱衣所のようなものはなく、そばのベンチが脱いだ服を置く場所。しかも、奥にある犬飼の滝へ行くための遊歩道の途中.....というか歩道の真ん中(浴槽をよけて歩く感じ)にあるので、人が多いときは入るのにちょっと勇気がいるかもしれません。
浴槽からはけっこうな量の湯が絶えず流れ出ているわりには、湯が湧き出している壁面の岩の間や浴槽の底からそれほどの湯量があるようには感じられず、何か不思議な感じ。
この浴槽以外にすぐ脇の川の中にも岩で囲まれた浴槽が一つありました。こちらはやや温め。個人所有の温泉を一般に解放してくださっているものなので、閉鎖されてしまうことのないよう、マナーを守って利用しましょう。(2003年入湯)