トップページ>船>にっぽん丸

にっぽん丸

にっぽん丸は商船三井客船のクルーズ客船です。荷物や車を目的地まで輸送するフェリーと違って乗るのは人だけ。船旅は、数ヶ月かけて世界一周するようなものもあることから、診療所や美容室、図書館といった、長くて1泊程度のフェリーにはない設備がいくつもあります。また、豪華と言われているフェリーの内装、設備と同程度の部分もありますが、全体として見るとやはりクルーズ客船だけあって数段上の質感、落ち着いた雰囲気があります。
見学時に案内されていた7泊8日のツアーは、旅行代金25万円〜111万円!長期間ものだと1千万円近くするものもありました。朝昼夕のフルコースとアフタヌーンティー、夜食等が付いているとはいえ、貧乏旅をしている私には敷居が高いです。いつかはこんな船に乗ってのんびり豪華な旅をしてみたいです。(2006年記)
プール・リドデッキ(左上)
開閉式の屋根があり、天候に左右されず快適に利用することが出きる。フェリーのプールの数倍の大きさがある。
ライブラリー(右上)
図書館。週刊誌や漫画のようなものは置かれておらず、読んでいると眠くなってきそうな本が多い。衛星通信を利用したインターネットの閲覧もできる。が、料金は結構高い。
スポーツデッキ(左下)
船尾の外部デッキ。かなり広いスペース。なんと、床板はホンモノの木。フェリーの鉄板とは大きく違います。
フォワードラウンジ!?(右下)
フェリーでいうフォワードラウンジ。クルーズ客船らしくない簡易な椅子が並んでいました。
ダイニングルーム
朝、昼、晩の食事をとる場所。日本船籍の豪華客船はにっぽん丸のほかに、ぱしふぃっくびいなす、飛鳥2があるが、料理はにっぽん丸の評価が最も高いらしい。
ミッドシップバー
お酒と会話、雰囲気を楽しむ場。船首にももう一つバーがある。
自販機コーナー
清涼飲料、ビール、たばこ、フィルムの自販機が設置されている。ちなみに、清涼飲料(350ml)の価格は¥150と陸上価格よりも高い。
ユーティリティルーム
温水・製氷機が設置されている。フェリーでいう給湯室。クルーズ客船のツアーは食事付きなので、さすがにインスタントラーメンを作るために利用するような人はいないと思われます。
ドルフィンホール・ラウンジ
吹き抜けになっていて、1階がダンスホール、2階がラウンジとなっている。他に小さな映画館のようなシアタールームもある。客室に対するパブリックスペースの面積がクルーズ客船とフェリーでは大きく違う。
ラウンジ
もう一つのラウンジ。「梅」という名前が付いている。おばあさんの名前みたい。
カジノ
日本国籍の船の場合はお金をかけることはできないので、疑似カジノ。でも、雰囲気は味わえそう。
ブティック
日用品や土産物が買えるいわゆる売店。クルーズ客船になると、フェリーでいう「売店」もクルーズ客船だとこのように呼ばれる模様。航海中は乗船証を提示してすべて付けにして、下船時に現金かクレジットカードで支払いをする仕組みとなっている。
スイートルーム(左上、右上)
最上級クラスの部屋。面積は40uで、寝室とデイルームの2つに分かれる。こちらの部屋を利用すると旅行代金が3倍ほどになる。
デラックスルーム
中間クラスの部屋で面積は19u。定員は2名となり、ユニットバスが付き、トイレがウォシュレットになる。
ステートルーム
標準的な部屋。相部屋はなくすべて個室。このクラスでもホテルの部屋くらいの質感がある。部屋の面積は14uで2〜3名で利用する。
展望大浴場、洗い場(左上、右上)
海を見ながら浴槽に浸かることができる。浴室はフェリーと同じような質感。
ランドリールーム
長い船旅だと選択しないわけにはいきません。フェリーと違って洗濯機と乾燥機は無料で利用できる。もちろん、洗剤も無料。アイロンがけができるようアイロンも設置されている。面倒な人には有料のランドリーサービスもある。
フィットネスコーナー
健康器具が置かれている部屋。たっぷり食べる割には運動する機会のあまりない船旅では運動も必要。もっとも、クルーズ客船の旅だと、様々なイベントが頻繁に開催されるので、そちらに参加していれば利用する機会は少ないかもしれません。引退した新日本海フェリーの「らべんだあ」や「ニューあかしあ」を思い出します。
にっぽん丸(1990年就航)
全長 166.65m
全幅 24m
総トン数 21,903t
旅客定員 607名
※にっぽん丸は、2010年に大改装が行われており、ここで紹介している内容から変更されているものがあります。また、船体のカラーリングも変更されています。(2017年追記)