トップページ>船>ブルーハイウェイライン西日本 さんふらわあ さつま(2代目)

さんふらわあ さつま(2代目)

さんふらわあさつまは、1993年3月に就航した株式会社ブルーハイウェイライン西日本のフェリーで、大阪かもめ港〜志布志港を航路とし、「さんふらわあきりしま」とは姉妹船になります。どちらも一時期、東京〜苫小牧間を運航していたので、関東方面で乗った記憶のある方もいるかもしれません。
南スペイン(さつま)、南フランス(きりしま)をイメージしたという内装はバブル期に建造されたフェリー相応の質感があります。パブリックスペースは中央の階段付近くらいしかなく、乗船定員からするとかなり少ないです。そして、このスペースや共用設備を取り囲むように客室があるため、暗く、閉塞感があります。関西から鹿児島に行くには本当に便利なフェリーなのですけどね...。混む時期は個室を利用した方が良いと思います。(2003年乗船)
さつまの外観(左上)
後ろから見ると錆が目立つが前から見るとそれほどでもない。
長いエスカレータ(右上)
乗船口から客室へと続くエスカレータ。こんなに長いエスカレータは他フェリーで見たことがない。
展望風呂(左下)
手すりは設置されていないが、浴槽と洗い場の床との段差が小さいのが特徴。広めの浴室にはサウナもある。
給湯室&自販機(右下)
貧乏旅にはありがたいインスタント食品を作るために必要な給湯器。港の売店では船内に給湯器があることを強調してインスタント食品の販売に力を入れていました。フェリーの商売敵?
レストラン(左上)
夕食・朝食ともバイキング形式。デッキの端から端まで目一杯使ってつくられていて、とても広く感じる。
売店(右上)
特に何か買うわけでもないが、就寝時間以外はずっと営業しているという姿勢が良い。売る気満々なのか店の外のエントランスホールにも商品がずらーっと並んでいる。
スナック1(左下)
カレーやうどんなどの軽食が食べられ、朝はモーニングセットもある。壁際にはジュース類、アルコール類、アイスクリームの自動販売機が並ぶ。
スナック2(右下)
奥にも飲食スペースがある。テーブルには灰皿が並んでいるが、今のご時世、禁煙席を設けるなり、別室を用意して欲しいところ。
2等寝台(左上)
2等寝台の上段。風呂で濡れたタオルを乾かせられるタオル掛けが個別に用意されているのはありがたい。上着を掛けるハンガーもある。
2等寝台室入口から(右上)
他のフェリーと違い、ベッドが向かい合う配置ではなく、壁になるような造りとなっている。向かいに人がいないのは落ち着ける。
船内の通路(左下)
通路幅は細い。通路奥の船首には展望ラウンジがある。
ドライバーズベッド(右下)
トラックドライバー専用の区画「ドライバーズルーム」内にあるベッド。2等寝台の上段ベッドがないイメージ。上段がないと圧迫感が少ない。
さんふらわあ さつま(1993年就航)
全長 186m
全幅 25.5m
総トン数 12,415t
旅客定員 782名
車両積載台数 乗用車140台
トラック175台
※株式会社ブルーハイウェイライン西日本は2007年7月に経営統合され、現在は株式会社さんふらわあによって運航されています。(2017年追記)