トップページ>船>マリンエクスプレス みやざきエキスプレス

マリンエキスプレス みやざきエキスプレス

みやざきエキスプレスは、1996年に就航したマリンエキスプレス株式会社のフェリーで、大阪南港〜宮崎港間を航路とし、「おおさかエキスプレス」とは姉妹船になります。九州・沖縄方面行きの長距離フェリーがずらっと並ぶ大阪南港フェリーターミナルではなく、少し離れた所にある「かもめフェリーターミナル」からこの船は発着しているので港を間違える人も多いようです。
乗船当時は割と新しい船だったので期待して乗ってみたら、パブリックスペースが小さくて驚きました。パブリックスペースだけでなく、トイレや洗面所、浴室の脱衣所等も乗客数に見合った規模となっておらず、どこも混んでいて、寝床(個室)以外でくつろげる場所がありませんでした。相部屋を利用していたため、食事をとって風呂に入った後はベッドに戻って過ごすしかなくて、良い思い出がないフェリーです。
パンフレットに記載の「ワンランク上の船旅を目指します」「私たちはフェリーを超えます」といった旅客向けの宣伝文句とは合っていませんし、他社フェリーがパブリックスペースの拡大や個室を増やす傾向にある中、これでは差がつくばかり。せめて営業後レストランを開放する等して、少しでも過ごしやすくなるよう工夫してもらいたいですね。(2003年乗船)
船体外観(左上)
船体がごつごつとしていてガンダムルック。
展望通路(右上)
ソファータイプではなく、くつろげない直角イス。数が少ないため、居場所に困って窓枠に腰掛ける人もいた。
ロビー(左下)
唯一テレビが設置されている場所。当時は喫煙可能となっていて空気が悪かった。
自動販売機コーナー(右下)
奥の自動販売機コーナーの前にも数は少ないがテーブルセットが置かれている。
レストラン
朝食・夕食ともバイキング形式。営業終了後は立ち入り禁止となる。
案内所と売店
案内所と売店を同じ乗務員が兼務している。品数は少ない。
ゲームコーナー
5台だけのコーナー。利用者も少ないのでパブリックスペースにしてはどうでしょう。
給湯室
熱湯が供給されていて、インスタント食品を持ち込んで食べることができる。
浴室
同じ規模のフェリーと比べると平均の大きさ。入浴時間は短く、朝はシャワーのみしか利用できない。
脱衣所
他社同規模のフェリーと比べると狭い。
洗面所
トイレの入り口にある洗面所。数は少ない。
トイレ
大小とも便器の数が少なく、通路幅も狭い。
2等寝台ベッド
写真は上段ベッド。足元の天井部に棚が設置されており小さめの鞄であれば収納できる。ここ以外に荷物をおくスペースはないため、ほとんどの荷物はベッドの脇か通路に置くことになる。
2等寝台室
16人部屋になっている。部屋の中の通路幅は平均。ドアに近いベッドだと開閉の音が気になる。
1等洋室
ベッドとデスク、テレビが備え付けられている。インサイドルームのため窓はない。
ドライバーズルーム
トラックのドライバー用の部屋のベッド。2等寝台の上段ベッドをなくしたような構造。
みやざきエキスプレス(1996年就航)
全長 170m
全幅 27m
総トン数 11,931t
旅客定員 607名
車両積載台数 乗用車85台
トラック130台
※マリンエクスプレス株式会社は2005年10月に解散し、分社化された宮崎カーフェリー株式会社に営業譲渡されました。2014年10月より関西の発着港が大阪南港から神戸港に移転されました。これに伴い、姉妹船の「おおさかエキスプレス」は「こうべエキスプレス」に船名変更されています。(2017年追記)