トップページ>船>名門大洋フェリー フェリーきょうと2

名門大洋フェリー フェリーきょうと2

フェリーきょうと2は、2002年9月に就航した名門大洋フェリー株式会社のフェリーで、大阪南港〜新門司港を航路とし、「フェリーふくおか2」とは姉妹船になります。
同社のフェリーは大阪南港と新門司港からそれぞれ1日2便ずつ出ていて、1便(17:30頃出港)には旧型船の「フェリーおおさか」と「きたきゅうしゅう」が、2便(20:00出港)には新型船の「フェリーきょうと2」と「ふくおか2」が配船されています。新型船の大きな特徴は「展望ストリート」と呼ばれる幅5m、長さ65mの展望通路です。通路の窓際にはずらっとソファーが並び瀬戸内の景色を眺めながらのんびりくつろぐことができます。そしてもう一つはバリアフリー化。平成12年に施行された「交通バリアフリー法」に基づき、同基準に対応した客室やトイレ、エレベーター、スロープの設置や通路の有効幅を確保し、高齢者や身体障害者等の利便性・安全性が配慮されています。
海の穏やかな瀬戸内航路のわりにはやや船の振動が大きく感じましたが、展望ストリートに代表される広いパブリックスペースや24時間利用できるシャワールーム等、なかなか良かったです。(2003年乗船)
フェリーきょうと2(左上)
海の穏やかな瀬戸内航路のフェリーなので、上部の車両甲板に大きな窓が付いている。
前から(右上)
船首部分が上にせり上がって、そこから車両を積載する。
乗船用タラップ(左下)
徒歩の乗客やドライバー以外の同乗の人はここから乗船する。
フェリーきたきゅうしゅう(右下)
旧型船。見た目の違いははあまりないが、船内設備は大幅に改善されている。
レストラン
夕食は並んでいる料理から好きなものをとって行くカフェテリア方式で、朝食はバイキング方式となっている。左端に見えるのはバー。朝はここでモーニングセットが食べられる。
案内所、売店
左に見えるのが案内所。売店のレジと兼用しているため乗船時は忙しそうでした。案内所とレストランの間のエントランスホールには大きなテレビとソファが置かれていて、ここでもくつろげる。
自販機コーナー
ジュース類は¥150。陸上よりも高い価格設定となっている。
貴重品ロッカー、船舶電話
利用時に暗証番号を設定するタイプの小型貴重品ロッカーが備えられている。瀬戸内海航路で携帯電話がずっと使えるため、船舶電話を利用する者は見かけなかった。
浴室
同クラスのフェリーと比べると浴槽が小さい。
脱衣所
脱いだ服を入れるボックスに鍵がかけられるタイプ。縦長であるため、利用者が多いと使いづらい。
シャワールーム
トイレの奥に5〜6ブース設置されている。24時間利用可能なのはありがたい。
洗面所
トイレの入り口にある。洗面台の数は少なくはない。トイレの洗面所にドライヤーが付いているフェリーは珍しい。
展望通路
この船のメインのくつろぎスペース。船の大きさから考えるとかなり長く、そして広い。この船の一番の長所。
OA対応チェア
最初見たとき、お子様用テーブル?と思ってしまった。パソコン作業がしやすいテーブル付き椅子。
1等洋室
2段ベッドがあり、洗面所とテレビ、テーブル等の設備がある。玄関部と部屋の床、ベッドの段差が小さく抑えられ、バリアフリー化されている。
2等寝台A
2等寝台Bにテレビが付いた少し贅沢なタイプ。プライバシーを尊重する造りは最近の傾向
フェリーふくおか2、フェリーきょうと2(2002年就航)
全長 167m
全幅 25.6m
総トン数 9,731t
旅客定員 697名
車両積載台数 乗用車100台
トラック180台
※2015年3月及び5月に「フェリーおおさか」「フェリーきたきゅうしゅう」の代替船「フェリーおおさか2」「フェリーきたきゅうしゅう2」が就航したことに伴い、出航時間が2便から1便に変更されています。(2017年追記)