トップページ旅先で見つけた珍品>旅先で見つけた珍品 321〜330

旅先で見つけた珍品

No.321 しいたけグラッセ天然菓 (大分県)

大分県にある薬膳料理の料亭の商品で、お土産にもらったもの。名前のとおり、しいたけを砂糖漬けにした菓子で、厚めの煮た昆布を砂糖漬けにした食感。しかし、しいたけの香りが強く、2〜3個食べるともう十分。けっこう量が入っているので、食べきるのが辛かったです。(2011年遭遇)



No.322 わさび大福 (静岡県)

静岡県榛原郡川根本町にある和菓子屋さんで見つけた商品。甘い餡と生クリームの中にわさびが入っていて、ツーンとした風味がします。個人的には一度食べれば十分かと。(2011年発見)




No.323 まぐろ生ハム (静岡県)

静岡県浜松市にある東名高速道路の浜名湖SAで見つけた商品。商品名そのまま、まぐろの生ハムです。あえて生ハムにしなくても、刺身で食べるほうが、加工の手間はかからないし、新鮮で美味いのではないかと思うのは私だけでしょうか。ふつうの生ハムでさえ高価で買えない我が家ではこれ以上コメントが出ず...。(2011年発見)


No.324 元気で茶ん酢 (静岡県)

静岡県島田市にある日帰り入浴施設で見つけた商品。「茶ん酢」は「チャンス」と読むそうです。元気でチャンス???ちょっと意味不明。中身は緑茶ペーストが入った酢です。お茶と酢ということで健康に良さそうなイメージ。(2011年発見)



No.325 浜松餃子ふりかけ (静岡県)

静岡県浜松市にある東名高速道路の浜名湖SAで見つけた商品。原材料をみると、じゃがいも、ほうれんそう、ごま、チキンパウダー、魚介エキスといった餃子では使わないようなものが入っています、隠し味でしょうか。
この手のふりかけって、大概サンプル品が置かれていて、試食できるようになっているのですが、ご飯にかけてこその「ふりかけ」、ふりかけだけで食べてみる気にはなれないのですよね。ご飯を用意しているほうがよく売れるかも。(2011年発見)