トップページ旅先で見つけた珍品>旅先で見つけた珍品 211〜220

旅先で見つけた珍品

No.211 レイクロブスタースープ (北海道)

北海道阿寒郡阿寒町の漁協売店で売っている商品。ロブスターって海産のエビを指すそうですが、こちらは湖産、阿寒湖で獲れるウチダザリガニを使ったスープです。缶の色、デザインは見るからに高級そう。元々アメリカから食用として持ち込まれたザリガニなので、味もよいと思われます。(情報提供:Oさん)(2005年発見)


No.212 かまぼこケーキ (神奈川県)

神奈川県小田原市にある蒲鉾屋さん「鈴松蒲鉾店」で見つけた商品。「小田原焼」という名前でも売られており、ここのオリジナル商品のようです。見た目はチーズケーキ、香りはかまぼこ、そして味は出汁巻きたまごとプリンを足したような感じ、という何とも不思議な食べ物。グチとタラの白身が材料に使われていて、小田原市内にはかまぼこ屋さんがたくさんありますが、ここでしか手に入りません。意外とレアな珍品なのかも。(2005年発見)

No.213 黒豆ソフトクリーム (静岡県)

静岡県修善寺町にある「独鈷の湯」側の店で見つけた商品。町の特産品「黒米」が入ったソフトクリームで、クリームの中に黒い点粒が混じっているのが見えます。味のほうは、コシヒカリ系アイスと同じような味で、黒米の味.....というか米の味がしました。この店「陽気館」は黒米料理の店らしく、他に黒米うどんや黒米そば、黒米カレー、黒米おにぎりといったものもありました。ぽかぽか陽気の中、屋外のベンチに座って食べていたら、お店の人がお茶を入れてくれました。よくみるとお茶の中に黒い点粒が。黒米の入った「黒米茶」でした。(2005年発見)

No.214 雪んぼう (北海道)

北海道川上郡弟子屈町のお土産物屋さんで売っている商品。おなじみ川湯温泉が作り出した初めて!?の土産物。かわいらしい名前やパッケージについつい買ってしまいそうになるこのお菓子の正体は、細長く螺旋状に巻いた昆布にホワイトチョコをコーティングしたもの。そのホワイトチョコにはクルミの実がトッピングされています。昆布、ホワイトチョコ、、クルミそれぞれ単体ではとってもおいしいのなのに、ミックスしてしまうとどうしてこんな味になっちゃうのでしょう。(笑) この商品が発売されたのは昨冬。果たして今冬まで商品として存在するでしょうか.....。(2005年発見)(情報提供:O氏、商品提供:しげさん)

No.215 サスペンスミルククッキー (東京都)

日テレタワーの日テレ屋に売っているらしい商品(入手先不明)。日本テレビ系のドラマ「火曜サスペンス劇場」のイメージキャラクター!?「火サス」さんをかたどったクッキー。どうも殺人現場に引かれた被害者のポーズをかたどったものらしく、窪んでいる部分が致命傷を受けた部分を表しているようです。まったく、縁起の悪い商品です。私的にあまりこういうの好きではありません.....いや、パッケージの大きさの割に中に入っているクッキーの数が少ないことが気に入らないのかも。(^_^;) この他にも「サスペンスまんじゅう」「劇薬チョコ」なんてのもあるようです。(2005年発見)

No.216 手羽先せんべい (愛知県)

愛知県内のどこかの東名高速のSAかPAで見つけた商品(忘れてしまった)。愛知県のブランド鶏「名古屋コーチン」の手羽先肉が入った煎餅です。珍品No.103「牛タン煎餅」の例からすると、煎餅の中心あたりに見える点粒が肉片であると思われます。(2005年発見)



No.217 うなぎクッキー (静岡県)

静岡県浜松市にある浜名湖SAの土産物屋さんで見つけた商品。うなぎ系珍品で新たに見つけたのがこれ。今度はクッキー!にうなぎエキスパウダーを入れてしまったようです。小袋が箱に入れられて並ぶと「ううううう」。何かを訴えかけてきているような気がします。これを見ていると、北海道川上郡弟子屈町、国道243号線沿いの看板「うぅ〜」を思い出してしまうのは私だけでしょうか。(2005年発見)

No.218 紅いも玄米茶 (沖縄県)

沖縄県国頭郡金武町の伊芸SAで見つけた商品。この地域の特産品「紅いも」を使った清涼飲料水!?です。他に「黒米黒ごま玄米」「よもぎ玄米」「黒糖玄米」というのもありました。ラベルには清涼飲料水と書かれているものの、中身はドロドロの液体。紅いも味のマックシェイクを飲んでいるというか食べている感じ。これのどこがお茶なのだろう.....。一度飲んだら(食べたら)もういいかなという飲み物です。(2005年発見)

No.219 やきそばできました(ジンギスカン風味) (北海道)

北海道のコンビニ「セイコーマート」で見つけた商品。日清食品の北海道限定販売のインスタント焼きそばで、道内のスーパーのような食料品店だったらどこにでも売っています。他の焼きそばに比べると味は薄めであっさりしているのは好感。ジンギスカンの味っぽいものは感じられませんでしたが、できあがった焼きそばから漂ってくる香りは、焼き肉屋さんでジンギスカンを焼いているときに鉄板から立ち上る煙の香り、まさにあれ。ジンギスカンを焼いている気分になれるという不思議な食べ物です。(2005年発見)

No.220 豆腐アイス (静岡県)

静岡県三島市、JR三島駅前のお菓子屋さん「カメヤ食品」で見つけた商品。自家製のアイスクリームで、味はわさび、プレーン、いちご、抹茶、黒胡麻の5種類あります。今回私が食べたのは、豆腐が入っているのがよくわかるというプレーン。食べてみると、ほんとに豆腐そのものの味。糖分がほとんど入っていないのか甘さがかなり控えめなのもよいです。いろんな種類のアイスが食べられるように、シングルだけでなくてダブルやトリプルといったメニューも作ってもらえないかなぁ。(2005年発見)