トップページ旅先で見つけた珍品>旅先で見つけた珍品 071〜080

旅先で見つけた珍品

No.071 夕張メロンキャラメル (北海道)

キャラメルシリーズ第7弾。北海道のあらゆる土産物屋さんで売っているといっても過言ではないくらいよく見かける商品。夕張メロンの果汁が入っていて、食べると確かにメロンの味がします。パッケージの写真を見ると赤肉みたいですが、私には青肉と赤肉、そして夕張メロンと他のメロンの味の違いがわからなかったり...。


No.072 みかん酢 (静岡県)

浜名湖SAで売っている清涼飲料水。りんご酢の飲料はよく見かけますが、みかん酢はなかなか珍しいような気がします。説明書きには、地元三ヶ日特産青島みかんから抽出した「みかん酢」にプロポリス(謎の成分)等を加えてヘルシーなドリンクに仕上げた、と書かれてあります。
蓋を開けて香りを書いてみると、ぷぅ〜んと酢のような香りが.....うっ。(笑) 一瞬飲むのをためらいましたが、気合い入れて飲んでみると以外と飲みやすく「はちみつレモン」に似た味をしていました。

No.073 泥炭石−ボディソープ− (岐阜県)

岐阜県高山市の上三之町の土産物屋さんで売っている商品。液体は黒色なのですが、泡立てると白くなるというおなじみの洗剤で、ボディーソープだけでなく、シャンプー・コンディショナー(各¥800)もラインナップされています。パッケージには「頭皮・毛穴の汚れを奥から掻き出す」と記載されています。おそらく、炭の吸着作用を利用するものなのでしょうね。値段がちょっと高いのと、檜の香りは香料を使っているのが残念。

No.074 コアップガラナ−熊出没注意Package− (北海道)

新千歳空港の土産物屋さんで売っていた商品。中身は珍品No.12で紹介したものと同じなのですが、パッケージに釣られて買ってしまいました。
この「熊出没注意」は観光土産卸の道内最大手、北海道観光物産興社の独自ブランドなんだそうです。2002年7月上旬の北海道新聞の記事によると、サッポロビール黒ラベルにこのパッケージを使用したところ、当初計画の2倍近いスピードで売れているとか。みんなこのパッケージ好きなんですね。
2006年から新たに「白熊ガラナ」パッケージが登場しました。白いガラナというわけではなく、缶のデザインが違うだけのようです。(2006年発見)

No.075 じゃがいも甘納糖 (北海道)

北海道のナイタイ高原牧場の売店で売っている商品。じゃがいもを使っているので、「甘納豆」ではなく「甘納糖」なのです。(^_^) 原材料は北海道産じゃがいもと砂糖のみで添加物は一切使われていないところが良いですね。お味のほうは、じゃがいもの味がほんの少しするものの、甘納豆そのもの。それでいて甘納豆よりあっさりしています。
ちなみに「甘納豆」という名前は静岡県の浜松の名物である「浜納豆」に由来するそうです。

No.076 飛騨牛にぎり (岐阜県)

岐阜県高山市の上三之町の小さな屋台で売っているにぎり。飛騨牛にぎりの下に敷かれている鹿煎餅みたいなのも食べることができます。一巻¥500、裕福でない私にはとても高価な食べ物なので、おいしく感じないはずがありません。(笑) この屋台、私達が買ったあとすぐに品切れで閉店してしまいました。なんか得した感じがしました。


No.077 畑のお肉 (岐阜県)

岐阜県高山市の上三之町の土産物屋さんで売っている商品。大豆はタンパク質が豊富に含まれていることから「畑の肉」とよくいわれます。これはその大豆を佃煮にしたもののようです。食べてないので何とも言えませんが、パッケージ表面の「飛騨牛肉そっくり」はちょっと言い過ぎのような気が...。
京都府京都市にある錦市場の惣菜屋さんで皿に盛られている畑のお肉を発見。見た目、肉そっくりで、とても大豆の加工品とは思えませんでした。この商品の中身もこんな感じなのかも。(2008)

No.078 青影スナック (岐阜県)

岐阜県高山市の上三之町の土産物屋さんで売っている商品。こちらは紅芋バターしょうゆ味です。それぞれの忍者と味にどういった関係があるのか私にはさっぱりわかりません。(^_^;) 青影は親指を鼻にあてて「だいじょ〜ぶ」と手を開いていたのが記憶に残っています。



No.079 白影スナック (岐阜県)

岐阜県高山市の上三之町の土産物屋さんで売っている商品。白影はカレー味(伽哩棒)です。忍者というと伊賀と甲賀が有名ですが、彼らは飛騨の忍者です。白影は白い大きな凧に乗って「赤影どの〜」が印象的でした。美味しんぼの海原雄山を初めてみたとき、白影が思い浮かんだのは私だけ!?


No.080 赤影スナック (岐阜県)

岐阜県高山市の上三之町の土産物屋さんで売っている商品。昭和40年代に放映された特撮忍者もの、「仮面の忍者赤影」のキャラクターを使っていて、それぞれの特徴をうまく現しているのが気に入りました。当然のことながらそれぞれの忍者の味がするわけではなく、赤影は飛騨牛ビーフ味です。