知床八景
知床半島の北側、斜里町ウトロの観光地をまわっていると「知床八景」と書かれた看板を所々でみかけます。八景とされているのは「オシンコシン展望台」「オロンコ岩」「プユニ岬」「フレペの滝」「知床五湖」「カムイワッカ湯の滝」「知床峠」「夕陽台」の8つ。世界自然遺産に登録された知床半島は、縦に二分する斜里町と羅臼町からなるのに、ここに書かれた地はどれも斜里町にあるものばかり。羅臼側にもこの八景に負けない良い場所はあるのにどうして斜里町側だけで八景としてしまうのでしょう。世界自然遺産に登録されたことだし、2つの町で8つを平等に4つずつに分けて真の知床八景を考えてみてはどうでしょう。(1994年以降度々訪問)

フレペの滝

知床自然センターから続く自然道を20分ほど歩いたところにある滝。川の途中にあるふつうの滝と違って、ここの滝は知床連山に降った雪と雨が地中を通って、断崖の割れ目から湧き出し、滝として海に流れ落ちるのが特徴です。滴のように落ちていることから「乙女の涙」とも呼ばれています。この自然道を歩いていると鹿や羆といった野生動物に出会うという話をよく聞くのですが、私はまだ一度も見たことがなく...相当運が悪いようです。

知床峠

斜里町ウトロと羅臼の街を結ぶ知床横断道路の頂上が知床峠です。標高738mの峠からは日本百名山の羅臼岳、そして天気の良い日には羅臼側の海の向こうの国後島が望めます。
この道路が開通したのは昭和55年。当時、ウトロと羅臼を繋ぐ産業道路として、現在は世界自然遺産に指定されている山を切り開いて造ったのだそうです。冬には通行止めにもなるこの道路、観光用としか思えず...。

オシンコシンの滝

ウトロの街に入る手前にある滝で、観光バスがまず寄っていく定番観光スポット。途中から滝の流れが二筋に分かれて落ちることから「双美の滝」とも呼ばれています。国道沿いの駐車場はいつ行っても観光客で溢れているので、人混みが苦手な私はいつも通過している場所だったりします。(^_^;) たまに滝を見たくなると旧道のほうへ行きます。遠音別岳から流れてきたチャラッセナイ川が海に流れ込む前に滝となる場所で、国道沿いからだと滝を見上げますが、こちらは滝を見下ろします。海岸沿いの新道ができるまではこちらがオシンコシンの滝の展望地だったそうです。

夕陽台

国設知床野営場の一角にある名前のとおり夕陽の展望地です。ウトロの温泉街にあるので、ちょっと早めに宿に着いたらここまで散歩にきてみてはいかがでしょう。さらに時間がある人は二つ隣の「夕陽台の湯」へ。温泉に浸かりながら夕陽を見ることができます。

知床五湖

知床連山を源とする地下水が湧き出している場所がこの5つの湖です。湖の水は再び地中を通って断崖から浸み出し海に流れ込みます。原生林に囲まれた湖の岸には遊歩道が整備されており、1時間半くらいで一周することができます。
知床半島が世界自然遺産に登録されて、一番影響を受けているのはここではないでしょうか。混んでいるときは駐車場に入るまでに1時間以上も待たないといけないのだとか。でも、バスツアー等で訪れる観光客はたいてい一、二湖だけを見て帰っていくので、三湖〜五湖は静かに回ることができます。車の渋滞に耐えて、せっかくここまで来たのなら、すべての湖を回ってみてはどうでしょう。

プユニ岬

ウトロから知床自然センターへ向かう国道途中の上り坂にある展望地で、ここを通るたいていの人はまず振り向いてしまう場所です。オホーツクの海岸線やウトロの街や港が一望できるほか、天気のいい日には遠くの雌阿寒・雄阿寒の山々が見えることもあります。そして、日が暮れてくるとオホーツク海に沈む夕陽を見る絶景ポイントになります。ウトロ港やオホーツク海を見下す場所、夕陽を見る場所という点は、八景の一つ「夕陽台」と重なる部分で、宿がウトロだったら夕陽台のほうが近いのでそちらのほうがおすすめ。

オロンコ岩

ウトロ港の入口にそびえ立つ大きな岩山。岩の名前は、大昔にこの岩の上にオロッコ族(樺太の先住民族)が住んでいたことに由来するのだそうです。岩壁には階段が付いていて、高さ約60mの頂上まで登ることができます。岩山の頂上なのでゴツゴツした岩場を想像しますが、登っていると意外、草原になっています。花の時期に行くと一面が花畑になるので、登るならこの時期がおすすめ。ただし、階段が急なのでお年寄りにはちょっときついかもしれません。でも、苦労して登るだけの価値はあります。

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ川の上流部の岸壁から温泉が湧き出していて、それが川に流れ込んで川そのものが温泉になっているという脱衣所も男女の別もない野趣あふれる温泉。川の中を歩いて(時には手足を使って難所を越えて)遡り、上流にいくつかある滝壺を湯船に入ります。20分ほど遡った一番上の滝壺が人も少なくて湯温もちょうどよいです。
以前は車やバイクで滝の入口まで行けましたが、2005年以降は滝へ通じる林道の改修工事のため、夏の一時期を除いて通年通行止めになっています。夏の通行できる時期も一般車両では入れず、シャトルバスでのアプローチになります。しかも、上流部で落石の恐れがあることから1つ目の滝までしか行くことができません。以前に比べると魅力が少し減ってしまいましたが、一度は行ってみることをおすすめします。
一番上流にある滝壺。湯加減はここがちょうど良く湯船!?も広い