トップページぶらっと北海道>サンゴ草の唄
サンゴ草
北海道網走市の能取湖湖畔にある卯原内園地にはアッケシソウの群落があります。国内では最大規模の群落だそうで、観光バスがやってくるほど。園地内は木道が整備されていて群落の中まで行くことができるので、間近に見ることができます。
サンゴ草の群落(画像提供:やぎちゃん)


園地では、北海道最北端の宗谷岬のように、とある曲が繰り返し流れています。この曲をBGMにサンゴ草をぼーっと見ていると、何故か寂しい気分になってきます.....。ということで、旅の終わりには行きたくない所だったりします。
以前からこの曲が気になっていたので、網走市観光協会に問い合わせてみたところ、芹陽子さんの「さんご草咲く日に」という曲であることがわかりました(感謝m(_ _)m )。なんでも、近くの旅館にこの曲のテープがあって、お願いすればダビングして送ってくださるそうです。いい情報を教えて下さったことにはとても感謝しています。でも、私にとってはサンゴ草を見ながら聞くからこそ、サンゴ草の唄なのです。