トップページぶらっと北海道>知床自然観察船4
知床自然観察船4
全員が椅子に座ると船は出航。船長さんの話では、往路は海岸からほんの少し離れて航行し、帰路は海岸近くを沿うように進むらしい。ウトロ岬を回り込んでまずはフレペの滝に到着。要所要所で船を止めて船長さんはガイドをしてくれます。声が聞き取りやすいようにエンジンを切ってくれる配慮も。いつもは陸からみるフレペの滝も海から見るとまた別の姿に見えて新鮮です。
フレペの滝(乙女の涙)


話が終って再びエンジンを掛けようと、船長さんはスターターを回すのですがなかなか掛からない様子。何度か試みた後、船長さんがこちらに歩いてきて一言「エンジンが壊れてしまって、ただいま漂流しています〜。」と。\(◎o◎)/! 漂流です、このまま沖に流されていってしまうのか。船内が大パニックに.....なるかと思ったら、そういうこともなくみなさん意外と落ち着いていました。陸に近いところに船がいるせいでしょうか。
とはいえ、動けないことにはどうしようもありません。船長さんは無線機を使って救援を求める行動に。まもなく近くを同業者のクルーザーが通りかかりました。が、助けてくれることもなく、近くまで来てそのまま去っていってしまった。ひょっとしたら商売敵だったのかも。
しばらくすると、遠くから近づいてくる一隻の船が。船長さんの無線を聞いて駆けつけてきたようです。助けに来てくれた船は漁船。でも、このときばかりは他のどんな船よりも格好良く見えました。
私たちの乗っている船は自航できないので、漁船で牽引してもらうことになりました。車の牽引はよく見ますが、船の牽引(曳航)は初めて。牽く側の船尾と牽かれる側の船首をロープで繋ぎウトロ港へ向かいます。港の入口に近づくと今度は船が隣り合う形になるようにロープを結び直して港へ。こうすることでたくさんの漁船が停泊する狭い港の中でもうまく曳航できるのです。漁師さんの巧みな操舵技術に見入っているうちに船は無事に接岸しました。
「2度あることは3度ある」という諺はきっとこういう状態に陥ったことをいうのでしょう。船から下りて宿に向かう乗客達の周りを漂う空気が重い...。ツアーが途中で中止になったので乗船料は払い戻されることになりました。宿のオーナーに今日の出来事を話すと、船が壊れるなんて10年に1度あるかどうかのことなんだとか。ツアーが途中で中止になったのは残念なことですが、1日目の「年に数回しかないくらいの快晴の日」よりもさらに希な出来事を体験できたことにちょっぴり得したような気がしたのは私だけでしょうか。
ウトロを出発、近くの温泉に寄り、湯から上がるとちょうど昼時。宿で話題になっていた斜里町の中華料理店に行ってみることにした(トマト玉子ラーメンの店に記事)。暖簾をくぐるとテーブルは3つとも埋まっていてカウンターは荷物が散乱して座れない状態。しばらく立って待つことにしようかと、あきらめてテーブルの一つを見ると、どこかで見たことある客が3人.....昨夜同じ宿に泊まり合わせた旅人さん達でした。広い北海道といえども、旅人の目指すところは同じのようです。相席させていただき、話題のラーメンの一つを堪能しました。
まだかなぁ、復活は。(2006年撮影)


昨夜に引き続き屈斜路湖畔の旅人宿に宿泊。夜にボンズホームのオーナーから連絡が。船の修理が終わったので明日は運航するとのこと。わざわざ連絡して下さったオーナーに感謝しつつ、明日の予約をする。毎朝早くに起きてウトロへ向かう私を気遣ってくださったのか、はたまた、他の宿泊客に迷惑がかからないようにか、この日は相部屋ではなく、個室になりました。寝ている人を起こさないよう気をつかわなくてすむのはありがたい。宿のオーナーの配慮に感謝感謝。m(_ _)m