トップページぶらっと北海道>知床自然観察船3
知床自然観察船3
前日の到着時間からウトロへのおおよその到着時間がわかったので、前日よりも少し遅く起床。同室の宿泊客を起こさないようにそろ〜り、そろ〜りと部屋を出る。今日も寝ている人を起こすこともなく出発できた.....その時はそう思っていました。この日同室で寝ていたのが、HP「旅・風景館」のMISAWAさん。ぐっすり寝ているのだと思っていたら、実は起きていたことが後から判明。しかも、私よりも早くに。どうも、私がなかなか起きないので船に間に合わなくなってしまうのではないか心配になり寝られなかったとのこと(私が起きるまで起きていたらしい)。これも私が起こしてしまったことになるのでしょうか。
少し遅い出発にもかかわらず、ウトロに着いたのは昨日と同じくらいの時刻。同じ道を通るから慣れてきたようです。宿の入口にある船の運航情報掲示板をみると「本日は出航します」の文字が。「3度目の正直」という諺はこういうことを言うのでしょう。宿のオーナーに案内されて船のあるウトロ港へ。
案内された船は漁船.....というか漁に使う装備を取り払って椅子を並べた改造船。しかも、椅子は背もたれが直角型で座り心地はあまり良いとはいえない感じ。人と同じように船も見かけによらないのかもしれない、と希望を捨てずに直角椅子に腰をおろすと「バキッ」という音とともに体が沈んでいく。椅子が壊れてしまったのでした。(笑)これには周りの人達も大笑い。だが、このときはこれが不吉の前兆であったということは誰も知らなかった...。