トップページぶらっと北海道>知床自然観察船2
知床自然観察船2
道東の土地勘がある人なら、はて??と思うかもしれません。弟子屈町からウトロまでは120km位あるのだから。当日の船の出航の有無は朝8時15分に決定し、8時30分に出港する。ということは、それまでにウトロに着かなければならないわけで.....早起きするしかありません。
翌朝5時に起床。同室の宿泊客を起こさないようにそろ〜り、そろ〜りと部屋を出ます。そして、宿から少し離れた所までバイクを押して行きエンジンを掛けて出発。空を見るとどんよりとした曇り。弟子屈町が曇りでも海に出ると快晴、なんてことは良くある話なので、良い方向に期待してとりあえずウトロに向けてバイクを走らます。が、ウトロに近づくにつれ空はますます暗くなっていくではありませんか。ついには雨になってしまいました。
予定よりも30分ほど早く着くことができましたが、天候不良のため欠航とのこと。(涙)
ここの船は乗船希望者が少ないときだけでなく、波が高いときや天気が悪いときにも欠航になります。台風や時化は別として、そんな日に出航しても船酔いするだけで楽しくない、せっかく乗るのだったらいい想い出を作ってもらいたい、と考えてのことだそうです。もし日程の都合上、どうしてもその日に船で知床観光をしたいのでだったら、観光協会の大型船に乗る。大型船が出港するのはこの船の出港時刻よりもだいぶ後なのでそういう選択もできるのです。
ウトロの町では、この他にも小型船の観光をしている業者がいくつかあり、中にはあからさまに客引きをしているところも見られます。知床岬の魅力を観光客に知ってもらおうと熱心な人達.....ではなく、彼らは集めた客の数が多いほどギャラが多くもらえる、いわゆる歩合制のお仕事をしているのだとか。客引きをして乗船者を集める船と何もしなくても集まる船、どちらがいいのか素直に考えると...。
ウトロ観光協会の看板。「客引注意」の文字が


雨が止む気配もないので、翌日の乗船申し込みをして再び弟子屈町へ戻ることにしました。雨が降ったり止んだりが続く天気の日にライダーがすることいえば食べるか温泉に浸かることくらい。(^_^;) 以前から気になっていたカレー屋さんへ行ってみました(通い続けたカレー屋さんに記事)。