トップページぶらっと北海道>知床自然観察船1
知床自然観察船1
知床半島は北海道の東部、オホーツク海に突き出した半島で、アイヌ語の「シリエトク(地の果て)」が語源とされています。ここには絶滅が危惧される野生の動物を含め、多種多様な生物と原始状態の自然景観が残っていることから周囲の海域を含めて国立公園に指定されています。2005年7月には日本で3番目の世界自然遺産にも登録されました。
この知床半島の自然を海から安全に観察できる観光船がウトロ港からいくつか出ています。そのうち、旅人宿「ボンズホーム」さんが企画している知床自然観察船(ネイチャーウォッチングボート)に乗ってみました。小型船を利用しているため、陸の側まで近づいて観察でき、また、時間をかけて航行することで、じっくり観察できるというのがこの船のウリです。
宿に宿泊して翌日の乗船予約。乗る人が少なくても運航する他の観光船と違って、ここの船は最小運航人数である8人の乗船希望がないと休航となってしまいます。なので、予約したからといって安心はできません。この日泊まりあわせた旅人は私を含めて4人、うち乗船希望者は3人。船が出るためにはあと5人が現れないことには。談話室で旅話をしばらくした後、明日に備えて早めに就寝。
翌朝、朝食後(8時)に発表された本日の運航の有無は.....8人集まらなかったため欠航。(T.T) ということで予定変更、前夜同泊した旅人チャリダーさん達に詳しい情報を教えてもらった羅臼湖へ行くことにしました。途中、道路工事のおじさんにまで道を尋ねたりしながらなんとかたどり着いた羅臼湖は予想以上の所で天気も良く大満足。船には乗れなかったものの、収穫のある1日となりました。(羅臼湖に記事)
帰りに宿に寄ってオーナーにその話をすると、この日は1年に数回あるかどうかの良い天気だったとのこと。どうりで。(^_^) 翌日に期待し、明日の乗船申し込みをして今日の宿...屈斜路湖のある弟子屈町へ。