積丹岳
積丹岳は積丹町にある標高1255mの山で、積丹半島北部では、唯一登山道が整備されている山です。頂上から積丹半島を眺めてみたくて、麓にある旅人宿に前泊して朝から登りました。
婦美の集落から積丹岳を望む


国道229号線を逸れ、舗装路に続く砂利ダートを5kmほど進んだ先に登山口があります。山小屋のある登山口は2合目半くらいの位置にあり、登山道を歩き出すとすぐに3合目となります。
3合目を過ぎたあたりでヒグマの糞を発見、さらにしばらく歩くとまた糞を発見。近くには食跡や足跡があり、ヒグマの存在を身近に感じます。
樹林の中の緩やかな傾斜の道を進んでいく。周囲の景色は望めないものの、道は手入れがされていて歩きやすい。
7合目を過ぎ、ピリカ台まで出ると眺望が広がり出します。登るにつれ、登山道脇の笹の背丈が低くなり、さらに視界が広がってきます。南東方向を見ると遠くに羊蹄山の姿が。
最後のやや急な登りを終えると山頂に到着。頂上からは積丹半島が見渡せ、神威岬や積丹半島が小さく見えました。(2006年登頂)(登り:2時間20分、下り:1時間40分)
山頂からの眺望。パノラマ合成画像なので写真ではわかりにくいが、水平線をみると地球が丸いのがわかる。うまく時間を合わせれば、朝に小樽港を出港した新日本海フェリーが見られることも。
※入山する場合は「熊除け鈴」等の装備が必要です。また、登山者がかなり少ないので、単独行は、天候や体調に十分注意して行ったほうがよいでしょう。