西別岳
西別岳は道東、標茶町に立つ山で、標高は799mと隣の摩周岳と同じくらいの高さがあります。虹別側の麓から登るコースと摩周湖の外輪山を通って登るコースがありますが、前者のほうが登山道が手入れされていて歩きやすく、途中の見所も多いのでおすすめです。今回も虹別側からの出発です。
西別岳全景。右端に見えるのは摩周岳
立派な山小屋のある登山口で入山名簿に記入して登山開始。ほとんど傾斜のないカラマツの林(の林道)を抜けると視界が開けてきます。この辺りは「うぐいす谷」と呼ばれる所。登山道の周囲あちこちからうぐいすの鳴き声が聞こえてきます。
しばらく進むと樹木がはほとんどなくなり、一面笹原の「がまん坂」と呼ばれる傾斜の強い坂になります。行程中最も傾斜の強いところで、一般的な山だと急斜面は登山道がジグザグになっているのが、この山は上に向かって直線に延びているのです。しかも、日陰になるような木もないので、気温が高いときには休憩場所がなくて辛さ倍増。まさに「がまん坂」。耐えてひたすら登るしかありません。
がまん坂を上りきり、ダケカンバの林を抜けると「お花畑」が現れます。西別岳は「道東のアポイ岳」と呼ばれるくらい高山植物が多い所で、第一から第三まであるお花畑では、花のシーズンである6月には様々な高山植物を見ることができます。しかし、あちこちで盗掘の跡があったのは残念。ここで植わっているからこそきれいに咲けるものなのに...。
ミヤマオダマキ カラマツソウ ハクサンチドリ
スズラン チシマフウロ キンバイ
アヤメ ???(同定中) ???(同定中)

第二お花畑を過ぎるとリスケ山への分岐が現れます。リスケ山は西別岳より10mほど低い山で、ここの登山道を整備・管理してくださってる人の名前から付いたものだそうです。今回、山頂で出会った地元のおじさん、名札に「りすけ」と書いていました。ひょっとしてあの人だったのでは??
ここから西別岳の山頂近くまでは稜線を歩きます。緩やかなアップダウンの道が続くからか「ごくらく平」の名前が付いています。山頂手前でやや急な登りとなり、これを一気に登り切ると山頂に到着です。
山頂からは、隣の摩周岳や摩周湖、斜里岳や雄阿寒・雌阿寒の山並み、広大な根釧原野が望めます。登山道がしっかり整備されていて、行程のほとんどで眺望が楽しめるのでシーズン中はどの時期に行ってもよいですが、やはり花の時期である6月に登るのがおすすめです。(2004年、2005年登頂)(登り:1時間30分、下り:1時間)