雌阿寒岳
雌阿寒岳は、北海道足寄郡足寄町と阿寒郡阿寒町のちょうど町境に阿寒富士と並ぶようにしてそびえ立つ山で、麓にある湖「オンネトー」からだとラクダのコブのように見えます。この山は活火山で数年前に噴火、しばらく立入禁止になっていましたが2000年より再び登ることができるようになりました。
オンネトーから見る雌阿寒岳(左側の山)
山頂へは雌阿寒温泉から登るルートとオンネトーのキャンプ場からのルート、そして阿寒湖からの3つのルートがあります。私が行ったのは雌阿寒温泉ルート。下山後、すぐに温泉に入れるのがこのルートの魅力です。
登山口からしばらくはアカエゾマツの森の中を進みます。四方にしっかりと張られた根に木の力強さを感じます。3合目の手前くらいまで続き、そこから植相がハイマツ帯に替わります。この辺りのハイマツはまだ背丈が高いため、周囲の景色は見えません。
次第に、ハイマツの背丈が低くなり、周囲の景色が見えるようになります。 4合目を過ぎたあたりからは、山頂に向かって右側にオンネトーが見えてきます。ここから8合目あたりまでは、常にオンネトーが見えるので、景色を楽しもうと、ついつい休憩回数が多くなってしまいがち。
やがてハイマツもなくなり、8合目あたりからガレ場になります。足場が悪く滑りやすいので疲れやすいところです。9合目を過ぎると、火口から吹き出す蒸気の音が聞こえてきます。稜線を少し登ると頂上に到着です。
山頂からは、隣の阿寒富士や火口、阿寒湖や雄阿寒岳が、さらに天候条件が良ければ屈斜路湖近辺の山々まで見ることができます。比較的短時間で登れる山で、登山中・頂上とも景色が楽しめる山なので、近くまで来て天気が良ければ登ってみることをおすすめします。(2001年記。2000年、2002年、2007年登頂)(登り: 2時間30分、下り: 1時間30分)
正面に見えるのは阿寒湖。その右の山は雄阿寒岳
※この山は活火山で、火山活動が活発になると登山が禁止になることもあるので、事前に情報収集してから登ったほうがよいでしょう。