硫黄山
前年、近くの羅臼岳を登ったときに頂上から知床岬方向に見えたのがこの山。さらに岬側にあるこの山に登るとどんな景色が望めるのだろうか、そう思ったのがこの山を登るきっかけでした。頂上の標高は1562m。摩周湖のある弟子屈町にも同じ名前の観光名所の硫黄山があるため、知床硫黄山とも呼ばれています。
知床五湖から見る知床連山。一番左の山が硫黄山
明け方、ウトロの旅人宿を朝食抜きで出発。早朝なので鹿の飛び出しに注意しながら林道を走る。登山口はカムイワッカ湯の滝を過ぎて数百メートルいった先。登山者名簿に記入して入山する。今日は1人目の登山者のようだ。
30分ほど歩くと硫黄採掘跡にでる。ここから谷を流れるカムイワッカ川が見下ろせる。川の途中から温泉が湧きだしているため、川の水が温かく、シーズン中は滝壺で湯浴みをしにたくさんの観光客が川を上ってくるところだ。
ここは現在も活動が続いている山で、中腹の新噴火口付近では噴気口から常にガスが吹き出し、周囲は硫黄臭が漂っている。過去、何度も噴火しており、特に昭和10年から11年の活動では約20万トンもの大量の硫黄を噴出、カムイワッカ川を硫黄で埋め、一時期、硫黄採掘業が栄えたそうだ。現在でも噴気口周辺に結晶となった硫黄をみることができる。
採掘地跡を過ぎると岩や地肌が剥き出しになった斜面が広がる新噴火口へ。ふと地面をみると、糞を発見。登山中に我慢できなくなった登山者がしたもの.....なんてことはなく羆(ヒグマ)の糞。湯気は出てはいないもののこの色と固さ(突っついたわけではない)は排泄されてからそれほど時間は経ってない。時代劇の「(布団が)まだ温かい.....近くにいるぞ!」のまさにあれ。ということは近くにいるというわけで...。
心持ち熊よけ鈴の音が大きく鳴るように歩く。
霧が出ていて見通しが悪い。岩にペンキで塗られた目印を辿って新噴火口を抜けるとハイマツ帯に。幹が行く手をはばみ、傾斜が緩い登りの割に行程がはかどらない。朝露でズボンがずぶ濡れに。
しばらく進むと、少し離れた谷のほうから、藪をかきわけ進む音が聞こえてきた。人が歩くようなゆっくりとしたペース。が、そっちには登山道はなく.....きっと人間の気配を感じた羆のほうが避けてくれたのでしょう。
ハイマツ帯を抜け、谷に降りると硫黄川が登山道となる。川ではあるものの水はなく、岩がゴロゴロした涸れ沢を登っていく。やがて雪渓に。谷なのでこの時期でもまだ雪が残っている。トレッキングシューズだと滑りやすくて歩きにくい。羅臼岳のような登山客の多い山ではないので、踏み跡を辿って進むわけにもいかず、クレバスに気をつけながらトレッキングポールを頼りに慎重に登る。雪渓が終わるとガレ場に変わる。締まった地面と違って、歩きにくい。ふと見上げるとガスが晴れて青空が見えている。頂上からの景色も期待できるかも。
山頂に近づくにつれ、傾斜が強くなっていく。頂上まであと少し。が、足場が悪く、地面を踏みしめるたびに岩がコロコロと下に転がり落ちていく。一人で登るからいいものの、他にも登山者がいるのだとかなり危険だ。上からの落石に注意しながらしばらく(慎重に)登ると頂上に到着。
登りきった頂上は広い平坦地.....らしい、霧で何も見えず。頂上で昼食後、昼寝をして霧が晴れるのをしばらく待ったが結局何も見えないまま下山。(T_T)
天気の良い日にもう一度登ってみたいと思ってはいるのですが、平成18年より、落石防止工事のため、カムイワッカ〜(硫黄山登山口)〜知床大橋の間は通年通行止めになっています。そのため、硫黄山の山頂へ行くには、羅臼岳登山口から三ツ峯、サシルイ岳、オッカバケ岳、知円別岳を縦走して行くしか手段がありません。とても日帰りで行ける距離ではなく、日帰り登山家の私には無理.....工事が終了し、再チャレンジできる日が来るのだろうか。(2003年)(登り:4時間、下り:2時間30分)