トップページぶらっと北海道>やきとり!?弁当
やきとり弁当
やきとり弁当というと、串刺しにした鶏肉とネギにタレをつけて焼いたものがご飯の上に乗っている弁当。そんなのをイメージするかと思いますが、ここで紹介するやきとり弁当は鶏肉ではなく豚肉なのです。
北海道南部の道南地方では一般的に豚肉を焼いたものを「やきとり」というのだそうです。では、鶏肉を焼いたものは?というと「鶏肉のやきとり」って言うんだとか。内地に比べると開拓されてからの歴史は浅いとはいえ、謎多き大地ですね。
この弁当を作り出したのは函館を中心に店舗を持つコンビニ「ハセガワストア」。もう20年以上も続いている定番メニューで、現在では根室にある同じ系列のコンビニ「タイエー」でも食べることができます。味付けは塩胡椒とタレ、塩胡椒&タレの3種類、大きさが大、中、小の3種類があります。どちらのお店の弁当も見た目は同じですが、前者は函館ワイン、後者は十勝ワインを隠し味に使っているので、味は若干違うのかもしれません。各店舗のカウンターには炉があって、注文を受けてから肉を焼き始めるので、いつ行ってもできたてのものを食べることができます。
ハセガワストアは、2004年にセイコーマートと資本・業務提携を結んだことにより、一部のセイコーマートでもこのやきとり弁当を取り扱うようになりました。根室や函館に行かなくても各地で気軽に味わえるようになるのはうれしいですね。(2004年、2011年訪問)