トップページぶらっと北海道>自分で作る海鮮丼
自分で作る海鮮丼
釧路駅近くにある和商市場では、市場内の店をまわって自分の好きな海鮮物を少しずつ買って、ご飯に載せてもらう、自分だけのオリジナル海鮮丼を作ることができます。この丼は「勝手丼」と呼ばれていて、この市場の名物となっています。元々は、節約旅をしていたライダー達に、鮮魚屋さんが市場内の総菜屋でご飯だけ買ってこさせ、そのご飯の上に、先の店主が新鮮な海産物を少しずつ載せてあげたのが始まりなのだとか。
勝手丼を作るには、まず、市場内の惣菜屋さんや食事処でご飯を購入します。ご飯のサイズは大・中・小あり、酢飯を売っている店もあります。
そのご飯を持って、食べたい海鮮物が置いている鮮魚店をまわります。場内の10ほどの店で勝手丼用に小分けにして海鮮物を売っているので、そこで好きなネタを選びます。店の人に言ってお金を払うと、ご飯の入った丼に盛りつけてもらえます。1つの店ですべてのネタを買っても構いませんし、店によって置いているネタの種類や、値段が違うので1軒1軒まわって買っても構いません。
自分の納得いくまでネタを盛りつけたら完成。最後の店で醤油をかけてもらい、市場の中央に設けられたテーブルで食べます。
ここは観光客向けの市場になっていて、地元の人が買い物に来ている姿を見かけることはほとんどありません。ですので、他の場所で食べるのと比べて、ボリュームがあったり、海鮮丼が安く食べられるというわけではありません。あくまで、雰囲気を楽しんだり、自分でネタを選んで作ることを楽しむ場所だと思います。(2007、2008年訪問)