トップページぶらっと北海道>通い続けたカレー屋さん
通い続けたカレー屋さん
屈斜路湖畔のとある旅人宿でおいしいカレー屋さんがあるとの話を聞き、そこへ行ったのがそもそもの始まりでした。
弟子屈町の町外れにあるこの店はログハウスで、白熱球が控えめに店の中を照らしていて落ち着いた雰囲気。席につき、メニューの中から「ほうれん草カレーの中にとろ〜りチーズとゆで卵」と説明書きのある「グリーングリーンカレー」を選び注文しました。料理ができるまでの間、店内を見まわしてみると町外れにあるにもかかわらず、意外とお客さんが入っていることに気づきました。備え付けの「ひと言ノート」には旅人系の人達の書き込み。けっこう訪れる人は多いようです。
そうこうしているうちにカレーが運ばれてきました。うん?何となくメニューの写真と違うような気が。けれどもメニューは店員さんに回収されてしまったので確認することもできません。気のせいかもしれない.....何か「引っかかるもの」を感じながらも食べ終えた私は店を後にしました。
翌年、たまたま店の前を通ったとき、昨年の「引っかかるもの」を思い出し、再びその店に入りました。そして「グリーングリーンカレー」をまた注文。出てきた料理をみるとやはりメニューの写真と何かが違う。気のせいではなかったのです。「何か」が違うのはわかりましたが、それが何なのかはメニューが回収されてしまっていたため、結局わからずに店を後にしました。
 
翌々年、気になっていたその「何か」を確認するべく再び店に向かいました。注文したのはもちろん「グリーングリーンカレー」。注文前にメニューの写真をしっかり目に焼き付けました、カレーとライスの境界線、福神漬や卵の位置等々.....。そして運ばれてきたカレーを見たところ、どうやら卵が置かれている辺りがメニューの写真と違うようなのです。しかしながら、デジカメで撮影するのを忘れていたため、詳細はわからないままこの日も店を後にしました。
 
翌々々年、雨模様の天気の中、また行く機会に恵まれました。注文したのはもう書かなくてもわかりますね、「グリーングリーンカレー」。もうメニューをみなくても注文を言うことができます。店員さんに許可をいただき、メニューの写真と出てきた料理を撮影することができました。
見比べてみると、カレーとライスの向きが逆、福神漬の置かれている位置が違う、パンが付いていないといった細かいところはおいといて、なんと、ゆで卵が卵焼きになっていたのでした。この料理はチーズが丁度いい具合に溶けて、それがカレーと合っていて美味しく、おそらく、そのチーズがカレーを盛ってから客席に運ばれて客が食べるまでの短時間で効率よく蒸らせてとろ〜りとなるように卵焼きに替えているのではないかと思われます。
.....と、いうことで4年目にしてやっとすっきりしました。これで次回は別の料理を食べることができます。(2002年記)
※このお店は2015年に閉店しました。
 建物はそのまま残っており、現在は別の食事処が営業しています。