羅臼湖
羅臼湖は北海道の知床峠近くにある湖です。湖と知床横断道路の間にある天頂山の噴火に伴う溶岩によってせき止められてできた湖で、周囲は3.7km、面積は43.37ha、そして最深部が4mあります。知床横断道路の途中に入口があるのですが、案内板や駐車場のようなものは何にもないので、非常にわかりにくくなっています。心ない人に荒らされては困るので町もあえて作っていないのかもしれません。
入口から羅臼湖までは約1時間、途中、5つの沼の側を通過して行きます。ハイマツ林を抜け進んだところにある最初の沼が「一の沼」。この沼と次に現れる「二の沼」は木道から離れているので沼の側まで行くことはできません。2つの沼は雨水が溜まってできたもので、枯れることもあるそうです。
さらに進むと「三の沼」に着きます。周辺には湿原が広がり、羅臼岳を見るには一番の場所です。この沼の水面に映る「逆さ羅臼」を撮った写真はガイドブックの羅臼岳の紹介記事でよく使われているので、下の画像を見たことある人も多いのではないでしょうか。羅臼湖までの道中で最も標高の高いところにある「四の沼」の側を通って「五の沼」へ向かいます。
「五の沼」は5つの沼で最も大きく、他地域でいう「秘沼」と呼ばれてもいいくらいの所なのですが、すでに4つの沼を見てきているのでインパクトが弱いのは気の毒な位置にあるとしかいえません。それに、あと少しで羅臼湖かと思うとそっちに気がいってしまったりもするわけで。(笑)
しばらく進むと遠くに羅臼湖が見えてきます。この辺りから展望台へ続く木道は長い直線になっていて、進むに連れて知西別岳の麓の羅臼湖が見えてくると思わず走り出したくなります。木道の終点が羅臼湖の展望台です。周囲は湖を中心に盆地状になっているため、外界とは別の時間が流れているようです。展望台でぼ〜っとしていると対岸で2頭のエゾジカが水浴びをしているのが観察できました。残念ながら肉眼では小さくしか見えませんでしたが.....次回は双眼鏡を持ってこなくては。昼食を摂った後、昼寝をしてから帰路についたのですが、その間の1〜2時間ほど訪れる人は誰もなく、私一人だけ。たっぷり堪能できました。(2001年訪問)
※この付近はヒクマの生息地帯なので入山する場合は「熊除け鈴」等の装備が必要です。また、湖へ通じる道の多くの部分は木道が整備されていますが、この木道は人間が歩きやすいように作られているのではなく、自生する植物を保護するため、人に踏み荒らされないように設置されているものです。このことを十分理解の上、入林してください。
展望台から湖を見渡す
展望台から湖の反対側を見る