神の子池
神の子池は斜里郡清里町の山奥にある周囲220mの小さな池です。アイヌ語でカムイトー(「神の湖」の意)と呼ばれる摩周湖、その湖の水が地下を通ってこの池に湧き出ていることから「神の子」の名がついています。「先人たち」がこの名を付けたと言い伝えられているそうですが、北海道の先人というとアイヌ人。なのに英語、日本語、ローマ字表記のみでアイヌ語で表したものは見たことがありません。先人って一体誰なのでしょう??
池の底からは水が湧き出し、それが砂を舞い上げているのが見えます。浅く見えますが実際の深さは5mもあるそうです。それだけ透明度が高いのは、日本一の透明度を誇る摩周湖の伏流水だからこそなのでしょう。池の水は澄んだ青色をしていて、倒木が折り重なるように沈んでいます。劇場版:風の谷のナウシカに出てくる腐海の底のような雰囲気。もっとも、こちらは水の中なので、池に住んでいるオショロコマ(イワナの仲間)にとっての清浄の地なのですが。
「きれいな池がある」と口コミで知り、訪れたのが最初でした。耳慣れない言葉だったため、何度聞いても私には「神の子池」ではなく「亀の子池」に聞こえる。亀の子池.....池の縁でカメがのんきに日向ぼっこをしている茶色く濁った池.....そんなイメージを持って現地へ行ったのでよけいにその姿が良く見えたのでした。