牧草ロール
夏から秋にかけて北海道を旅していると、広大な牧草地にロールケーキのような牧草の塊が転がっている風景があちこちで見られます。この牧草ロールは、正確には「ロールベール」といい、1つの大きさが直径約1.5m、重さは約350kgもあり、1年を通して牛たちの餌になるものです。
牧草地に転がる牧草ロール。黒いビニールに包まれている
牧草ロールの元になる牧草は、トラクターで刈り取られてから1〜2日間、牧草地でそのまま天日乾燥されます。乾燥が終わると、トラクターに牽引された「ロールべーラー」と呼ばれる機械で集められ、ある程度の量(大きさ、密度)になると、ひもで巻かれてタマゴが産み落とされるようにポコッと機械から牧草ロールが出てきます。
乾草(干し草)としてそのまま牛たちの餌になるものもあれば、できあがった牧草ロールをさらに白や黒のビニールで巻いて保存されるものもあります。これはビニールで外気と遮断することによって、中の牧草を発酵させ「サイレージ」という餌を作っているのです。人間の食べ物だと牛乳とヨーグルトの違いみたいな感じでしょうか。
サイレージを作る施設としては、大きな煙突に帽子をかぶせたような形をしたサイロが古くから使われていました。しかし、サイロを建造してサイレージを作るよりも、このロールベールを作るほうが、労力もかからず、低コストで済むことから、日本ではサイロは使われなくなってきています。(2005年記、2011年更新)