トップページぶらっと北海道>商船三井フェリー ばるな
商船三井フェリー ばるな
ばるなは、大洗港(茨城県)〜苫小牧東港(北海道)間を航路とする商船三井株式会社のフェリーです。旧・近海郵船株式会社の東京〜釧路間の航路が廃止されてからは、関東からの北海道行き航路はこの航路のみとなっており、夕方に出港する便と深夜に出港する便の1日2便体制となっています。
4隻ある現行の船は、設備に差はあるものの古い船ばかりで、新日本海フェリーや太平洋フェリーの船と比較するとかなり見劣りし、関東近辺の人は恵まれない環境。とはいえ、合理化された深夜発の夜便フェリー「さんふらわあ つくば」「さんふらわあ みと」に比べると船内が広く、くつろげるスペースもあちこちにあり、それでいて料金は夜便と同じなので、この航路を利用するなら、この船か、夕方便に使用されているもう一隻のフェリー「へすていあ」への乗船がおすすめです。(2004年乗船)
展望スペース(左上)
長距離フェリーによくある展望スペース。船の側部にあり、海を眺めながら座ってのんびりできる。2つの椅子につき1つの小さなテーブルが設置されている。どっしりと腰掛けられない形状の椅子。
レストスペース(右上)
ソファとテレビが設置されたくつろぎスペース。従来は、中央の通路を挟んで一方が喫煙スペース、もう一方(写真)が禁煙スペースとして灰皿の有無のみで区分しており、十分な分煙とはいえなかったが、現在は喫煙室として改装されており、煙で迷惑を受けることはない。
喫茶・バーコーナー(左下)
船の最上階にある飲食スペース。航海中営業することはなかった。あまり人が来ないのでくつろげる。その後改装され、現在はちびっ子向けスペース「キッズランド」となっている。
外部甲板(右下)
新日本海フェリーの高速船と違って、航行中も外部甲板に出ることができる。ただ、ベンチのような設備が一つもないのは残念。天気のいい日には船内に閉じこもっているより外で、座ってのんびり海を見たり本を読んだりできるといいのに。広いスペースなのにもったいない。
レストラン(左上・右上)
最上階にあるレストラン。朝食、夕食は一般的なバイキング形式、昼食はカレーバイキングとなっている。乗船時は、値段の割には種類が少なく、割高感があった。
各テーブルの上には調味料や箸、楊枝といったものは置かれておらず、調味料コーナーから必要なものを持っていく。コンビニ弁当に付いているようなミニパック入りのドレッシングや醤油類は、せっかくのレストランでの食事を貧乏臭く感じさせる。
売店
土産物や雑誌、日用品を販売している。インスタント食品も取り扱っている。新日本海フェリーの船と違って夜間を除いてずっと営業しているのはありがたい。
自販機コーナー
ジュースやアルコール飲料が陸上と同じ価格で売られている。タイミングを逃してレストランの営業時間中に食べられなかったときのために冷凍食品の自販機も設置してはどうだろう。
展望浴室(左上・右上)
浴槽の大きさは新日本海フェリーあかしあ、はまなすと同程度でそこそこの広さ。窓の位置がやや高めで、湯に浸かりながら海が見えないのは残念なところ。脱衣所奥にはサウナもある。
浴室の洗い場は広い。太平洋フェリーの最新船「きそ」にも匹敵するくらい。この船で一番の長所ではないかと。
脱衣所
脱衣所も長距離フェリーの平均レベルのかなり上を行く広さ。窓際にはリクライニングチェアーもある。左に少し見えるのは返却式の100円ロッカー。
給湯室
ここの湯を利用すれば、インスタント食品を持ち込んで旅費を節約することもできる。ただし、インスタントラーメン系は臭いが強いので食べる場所は周囲に配慮を。浴室系の区分に入れているが浴室内にあるわけではない。
カジュアルルーム(旧・2等寝台)
1段ベッドタイプの2等寝台。他フェリーでもトラックドライバー向けの部屋はこのような造りだが、この船では一般客向けもある。頭部上には、コンセント付きの蛍光灯と小さな戸棚がある。床は少し高底になっていて、床下に靴や鞄を収納できるようになっている。
カジュアルルームの上級グレードの部屋はすべて個室となり、洗面所とテレビ、DVDプレーヤーが備わった洋室タイプと和室タイプの部屋がある。また、これにユニットバスと冷蔵庫等があるスイートルームとデラックスルームがある。
カジュアルルーム(旧・2等寝台)(その2)
この船の2等寝台は、ベッドが向かい合わせにならない造りになっている。1段ベッドタイプは上方向の余裕もあり快適。利用料金は下のタイプ(その3)と同じなのでこちらに割り当てられたらラッキー!
カジュアルルーム(旧・2等寝台)(左下)
一般的な2段ベッドタイプの寝台。ベッド間の通路幅が広めで窮屈感が少なくていい。
エコノミールーム(旧・2等和室)
絨毯敷きの広間に毛布1枚と枕が各自に割り当てられる。寝心地はお世辞にも良いとはいえないが、料金は最も安いのでリーズナブルな旅をしたい人にはここがおすすめ。繁忙期は多数の乗船客が詰め込まれ、専有面積が小さくなってストレスも溜まるので利用をすすめない。
コインロッカー
100円返却式のコインロッカー。他のフェリーでは案内所で預かってくれるが、この航路の船ではコインロッカーを利用する。100円返却式なので何度も出し入れができるのはありがたい。
案内所
ホテルのフロントのような存在。貴重品はコインロッカーに預けるので、あまり利用する機会がない。
レストコーナー
エントランスホールにあるくつろぎスペース。船内のあちこちにこういったスペースがあり、混雑して座れる所がないということはなかった。
さんふらわあ文庫
貸し出し無料の本が置いてあり、部屋に持って帰って読むことができる。航海中、時間を持て余して読む人が多いのか、かなりの本がよく使い込まれていた(ボロボロ)。利用する人が多いのであれば、もっと量を増やしてはどうか。
さんふらわあ さっぽろ(1998年就航)
全長:192m
全幅:27m
総トン数:13,654t
旅客定員:632名
車両積載数:
トラック180台、乗用車100台
大洗(18:30)→苫小牧(13:45)
苫小牧(18:45)→大洗(13:30)
※就航当初は、東日本フェリー株式会社が所有し、室蘭港(北海道)〜大洗港(茨城県)間を航路としていましたが、同社の経営難により、商船三井フェリー株式会社との共同運航(2002年6月)を経て、移籍されました。
※「ばるな」は2005年1月に「さんふらわあ さっぽろ」に、「へすていあ」は「さんふらわあ ふらの」に船名が変更されました。
※2006年1月より、衛星通信を使ったインタネット接続ができるインターネットコーナーが設置されました。
※2007年4月1日より、船室呼称が「特等室→デラックスルーム」「一等室→スタンダードルーム」「二等寝台→カジュアルルーム」「二等和室→エコノミールーム」に変更となりました。
※記事中の「さんふらわあ つくば」と「さんふらわあ みと」は、2006年12月に引退しました。(2011年追記)