トップページぶらっと北海道>商船三井フェリー さんふらわあ つくば
さんふらわあ〜♪さんふらわあ〜♪一度耳にするとなかなか頭を離れないあの曲。昔はこの曲がバックに流れるテレビCMが頻繁に放送されていました。それを見ていた人達からすると、「さんふらわあ」からイメージするのは、やはり「豪華な旅客フェリー」ではないでしょうか。この期待を見事に裏切ってくれるのが、この商船三井フェリー株式会社の「さんふらわあ つくば」です。
大洗港(茨城県)と苫小牧港(北海道)の間を航路とするフェリーで、1日2便あるうち、「さんふらわあ つくば」は深夜に出港する夜便に使われていました。他のフェリーと比べ、乗客数を減らして積載車両数を増やしているため、船内は狭く、くつろげるパブリックスペースはほとんどありません。
さらに、2004年の春からはレストランが廃止され、「イートインフロア」と呼ばれるレトルトの冷凍食品を自販機で買って電子レンジで温めて食べるという、さらに盛り下げるチープな食事施設となってしまいました。合理化が進むさんふらわあ、太陽マークのステータスがどんどん下がっていく。
同じ料金を払うなら、この航路の船の中ではまだ設備の整っている、夕方に出港する夕方便のほうに乗るか、もしくは日本海側の新潟港まで走って、小樽港(北海道)へ行く新日本海フェリー(株)のフェリーに乗るほうがおすすめです。(2004年乗船)
ラウンジ
船首にあるくつろぎスペース。この船でくつろげる形状のソファがあるのは唯一ここだけ。
甲板
意外と広い船の外部デッキ。新日本海フェリーの高速船と違って外に出られるのがいい。数は少ないが、固定式の椅子が並べられている。
エントランスホール
大阪〜志布志のさんふらわあ「さつま&きりしま」と同じようにやたらと広い。下船前には、下船を待つ徒歩の乗客で大混雑する。
さんふらわあ文庫
エントランスホールの一角にある本棚。まんがや文庫本があり部屋に持っていったりして自由に読める。本の中に、ボロボロになった「夢戦士ウィングマン」の単行本を発見、懐かしい〜。
レストラン(左上)
この写真はレストランだったときのもの。形態が変わってから常時利用できるようになったそうだが、食事をとらない人が入り浸って、食事に来た人が座れないなんてことにならないのか心配。
案内所&売店(右上)
案内所の横の棚に品物が並んでいる程度で品数は少ない。
自販機(左下)
ジュース、ビール、カップ酒にアイスクリーム、冷凍食品の自販機まである。ジュースは¥120と陸上と同じ価格。右手奥にあるのは給湯器。インスタント食品を持ち込んで節約旅をすることも可能。
レストスペース(右下)
船の側面にあり、大きな窓から海を眺められる。しかし、直角椅子なのでくつろげない。持ち込んだ食料を食べるにはいい場所。
2等寝台(その1)
ベットが向かい合わせにならない造りになっている。この造りだとベット内の壁を隔てた隣の人の音も気にならなくていい。この船の唯一の長所。
2等寝台(その2)
シートの敷かれたマットレスと枕、毛布が1枚。遮光カーテンを閉めると外の明るさも気にならない。ベット横の蛍光灯にはスイッチ横に電気コンセントが付いていて、携帯電話の充電に便利。
展望浴室
船の規模からすると浴室、浴槽とも小さい。合理化船ではあるものの、ボディソープやシャンプー、リンスは備え付けられてる。
ロッカー
他のフェリーのように案内所での貴重品預かりがない代わりに、100円返却式のコインロッカーがある。数はたくさんあるので、空きがなくて困るなんてことはないはず。浴室の脱衣所にも同じものがある。これも案内所で預かる手間を減らす合理化の一つか。
さんふらわあ つくば(1998年就航)
全長:192m
全幅:27m
総トン数:12,325t
旅客定員:342名
車両積載数:
トラック216台、乗用車111台
大洗(23:59)→苫小牧(19:45)
苫小牧(23:45)→大洗(19:00)
※「さんふらわあ つくば」は2007年1月に同じ夜便の「さんふらわあ みと」ともにこの航路から撤退しました。その後はギリシャの船会社に売却され、現在も旅客フェリー「ELYROS」として活躍しています。(2011年追記)