トップページぶらっと北海道>新日本海フェリー すずらん、すいせん
新日本海フェリー すずらん、すいせん
すずらん、すいせんは1996年に就航した新日本海フェリー株式会社の同型フェリーです。それまでの同社の他フェリーと比べて少しコンパクトになったこの船の一番の特徴はその速さ。これまでのフェリーでは、敦賀港(福井県)〜小樽港(北海道)間を航行するのに約29時間要していたのを約8時間も短縮し、21時間で行き来できるようになりました。
北海道上陸が、早朝ではなく夜に着くことが旅行客にメリットがあるのかは別として、関西への到着が翌日夜というのは、目一杯北海道旅を楽しんで翌朝から仕事に行く社会人には、ありがたい存在です。(2003年以降度々乗船)
フォワードサロン(左上)
船首のくつろぎ部屋。就寝時は閉鎖される。大きな窓から船首が見える部屋なのだが、鉄板で塞がれていた。以前は冬季のみだったのだが。
エントランスホール(右上)
中央にあるくつろぎスペース。大型のテレビと新聞が置かれている。
プロムナード(左下、右下)
通路沿いに椅子と小さなテーブルが並べられており、海を見ながらのんびり過ごせる。左の写真は右舷側のレストラン脇のもので、右の写真は左舷側のもの。バブル期に建造された船と比べるとイスが安っぽくなっている。
レストラン(左上、右下)
並んだ料理の中から好きなものを選ぶカフェテリア形式のレストラン。地上に比べると値段は高めだが、温かい料理が食べられるのは良い。
グリル(右上)
予約制のレストラン。メニューはコース料理のみ。
自動販売機(右下)
飲料やビール、酎ハイが陸上と同じ価格で売られている。ニチレイの冷凍食品の販売機もあり、食堂で食べ損ねた時や小腹が空いた時に助かる。
浴室(左上)
船がコンパクトになった歪みがここに。同社の他のフェリーに比べて浴室がかなり小さくなってしまった。
サウナ(右上)
水着を着て利用するタイプのサウナ。水着がなくても、有料レンタルもしている。ガラス張りで外部デッキにいる人からもよく見えるせいか、利用している人を見たことがほとんどない。
コインランドリー(左下)
洗剤の自動販売機もあるので気軽に利用できる。しかし、航行時間が短いのであまり利用する必要はないかもしれない。
ジャグジー(右下)
船尾の外部デッキにあるジャグジー。これまで何度も乗船しているが、稼働しているところをみたことがない。
ツーリストA和室(旧・2等和室)
毛布と枕、荷物置きが備えられている雑魚寝部屋。各部屋にはプライバシーを考慮し脱衣室が設けられている。同社の他フェリーと比べて席数が大幅に削減されているのは、この船の大きな特徴の一つ。
ツーリスト2段ベッドA(旧・2等寝台)
2段ベッドの部屋。クッションの効いたマットレスにシーツが敷かれており、枕とシーツ付き毛布が1枚割り当てられる。ベッド内にはコンセント1口と蛍光灯が備えられ、遮光カーテンが付いているので、2等和室に比べるとプライバシーも保てる。
ステートルームB(旧・1等洋室)(左下、右下)
2人部屋の洋室。他に2〜3人用の和室タイプと小上がりがある2段ベッド×2の4人用の洋室タイプがある。室内には、ベッドと洗面所、簡易衣装ロッカー、テレビ等が備えつけられており、照明やエアコン、館内放送を自分で調節できる。
上級グレードの部屋として、バス・トイレ、冷蔵庫のあるデラックスルームB(旧・特等室)と、さらに浴室と乗船中の食事が付いたスイートルームがある。ステートルーム以上の部屋には窓があり、部屋の中から外の景色が眺められる。
売店
土産物や日用品、飲料、カップラーメン、雑誌等が並ぶ売店。店が開いたり閉まったりと営業時間が不規則で非常に不便なのがこの会社の特徴。
シアタールーム
午前と午後の各1回、映画が上映される。1等以上の個室のテレビでも同じ時間に流されるので、迫力を求めなければ、ここまで来る必要はない。
カフェテラス
ファーストフード等が食べられるそうだが、盆の超繁忙期しか営業していないという幻の店。作者は未だ営業しているのを見たことがない。
エントランスホールの階段
1階から3階まで吹き抜け構造になっている階段。ホテルのよう。大理石調の壁やピカピカの手すりが高級感を出している。
案内所
ホテルのロビーのような存在。個室利用の場合は、乗船時にここで部屋の鍵を受け取る。航海中、貴重品を預かってくれるほか、展望風呂入浴時にも預かってくれる。
スポーツルーム
卓球台とエアーホッケーが置かれている。卓球のラケットは案内所でレンタルをしている。
喫煙ルーム
2006年から個室やパブリックスペースは禁煙となり、喫煙ルームが何カ所か設置された。タバコの煙に迷惑している多くの乗客にとっては待ち望んだ取り組み。
しかし、船尾の外部デッキには未だ灰皿が置かれており、タバコを吸っている乗客がいて、禁煙が徹底されていない。せっかく、外にきれいな空気を吸いに出てきたのに、タバコ臭いというのは最低。ここも禁煙にしていただきたい。
外部デッキ
就航当初は、航行中も最上階や側部の外部デッキに自由に出ることができた。今となっては貴重な写真かも。
その他に、給湯室、衛星電話、コインロッカー、チャイルドルーム、ビデオルーム、スポーツルーム、ゲームコーナー等の設備がある。
この船の航海速力は最高29.4ノット。1ノットは約1.9km/hなので、換算すると約55km/hの速度になります。それだけの速度で進むと、外部デッキで受ける風圧も大きくなるため、出港時以外は最上部や側部の外部デッキへ出ることが禁止されています。
唯一、外に出ることのできる船尾の外部デッキも、半分ほどはアクリル製の天窓がついた屋根に覆われていて開放感は今一つ。しかも、この天窓は清掃していないのか、汚れまくっていて光をあまり通さず、本来の機能を果たしていない状態になっています。
せっかく拓けた海の真ん中にいるのだから、外で青空を見ながらのんびりくつろぎたいと思うのは私だけでしょうか。早さと快適性を両立させた高速フェリーの今後の登場に期待。

2003年6月、かつて東京港〜釧路港間を航路とする旅客フェリーを運行していた近海郵船株式会社が、2003年6月から敦賀港〜苫小牧港間にRORO船(貨物船)の運行を開始しました。これに対抗するかのように、それまで小樽港に発着していたこの船は、その3ヶ月後の9月から苫小牧東港発着に航路変更となりました。
苫小牧といっても他の旅客フェリー会社の船で賑わう苫小牧西港ではなく、そこから20kmも離れた苫小牧東港。周辺には何もないので、明かりはなく真っ暗。乗船前の買い出しをする店もないので、必要なときは西港周辺まで行かなければならないという不便な港です。
ですので、この船に乗船する場合は、事前に食事や買い出し、給油を済ませておくよう気をつけたほうがよいでしょう。そのあたりの準備ができていれば、道東方面へ向かう場合や逆に道東方面から来る場合には、小樽港発着のフェリーよりも近いし、途中混雑する箇所もないので便利といえます。(2004年、2011年追記)
すずらん、すいせん(1996年就航)
全長:199.5m
全幅:25.0m
総トン数:17,345t(すずらん)
       17,329t(すいせん)
旅客定員:507名
車両積載数:
 トラック122台、乗用車80台
敦賀(1:30)→苫小牧(20:30)
苫小牧(23:50)→敦賀(翌20:15)
※ 記事中の外部デッキ(天窓)の写真は、航行中も通行が可能であった就航当初に撮影したものです。
※ 近海郵船株式会社の貨物運送事業は、2003年12月に近海郵船物流株式会社(2003年10月設立)に営業譲渡されました。
※2012年4月1日より、船室呼称が「特等室A→デラックルームA」「特等室→デラックスルームB」「1等室→ステートルームB」「2等寝台→ツーリストA寝台」「2等和室→ツーリストA和室」に変更されました。(2012年追記)
※2012年6月に初代「すずらん」「すいせん」は、それぞれ2代目「すずらん」「すいせん」の就航に伴いこの航路から引退しました。うち、初代すずらんは、現在は防衛省のチャーター船「はくおう」として、部隊輸送や災害時のホテルシップとして活躍しています。(2017年追記)