トップページぶらっと北海道>新日本海フェリー らいらっく、ゆうかり
新日本海フェリー らいらっく、ゆうかり
らいらっくは2002年、ゆうかりは2003年に就航した新日本海フェリー株式会社の姉妹船で、新潟港(新潟県)〜小樽港(北海道)間を航路とし、国内フェリーでは初めて交通バリアフリー法(現・バリアフリー新法)に対応した船でもあります。
 上等級の客室に専用テラスが設けられていること、高速船でないため、航行中も側部の外部甲板に出られること、一方で個室の一部が外の景色が見えない船の内側に配置されていることが特徴。
新潟〜北海道航路は、この直行便と秋田寄港便(フェリーあざれあ、フェリーしらかば)がありますが、所要時間はほとんど変わりません。寄港便は船内が広く、外部甲板の立入可能エリアも広くて伸び伸びと過ごせるので、行き先や乗船・下船時間にこだわりがないのであれば、後者のほうがおすすめ。(2011年乗船)
フォワードサロン(左上)
4階の船首にあるくつろぎスペース。夜間は閉鎖される。3階にも同様の構造の部屋があり、そちらは喫煙者用のスモーキングルームとなっている。いずれも室内での飲食や横になって寝ることは禁止されている。
ビデオシアター(右上)
最上階で映画を上映している部屋。直角椅子なので長時間座って映画を見るにはつらい。映画上映以外に船内イベントにも使用され、2011年にはビンゴゲームが開催されていた。
プロムナード(左下)
通路の窓際にテーブルと椅子が並んでいて、海を眺めながらのんびり過ごせる。
外部甲板(右下)
船尾の外部甲板。手前は椅子とテーブルが並べられていて、繁忙期は屋外でバーベキュー等ができるようになっている。しかし、各テーブルの傍には灰皿が置かれていて、喫煙者がいると吸いたくもないタバコの煙が漂ってきて最悪。禁煙にするか、最低でも分煙にする等、喫煙しない多数の乗船客への配慮が必要。
また、この船は高速船ではないため、航行中に側部の外部甲板にも出ることができるが、左舷側は喫煙室の排気口が通路前方にあり、外で良い空気を吸おうとすると排気口からの汚れた空気を浴びることになる。改善できないものだろうか。
レストラン
直行便は昼食と夕食のみ営業で、カウンターに並んだ単品料理から好きなものを選んでいくカフェテリア形式のレストランが基本となっている。昼食及び閑散期はセットメニューでの提供となっている。
レストランとは別にコース料理が味わえる予約制のグリルもある。こちらは4〜10月の期間限定営業となっている。
カフェ
中央にあるカフェ。ラーメンや丼物のような軽食が食べられる。レストランよりも安めの価格設定となっている。繁忙期以外は営業していないことが多い。
売店
土産物やお菓子、おつまみ、アメニティグッズを販売しており、最近ではインスタントラーメンも売られるようになった。給湯室の湯を利用すると食費の節約も可能。常時営業はしておらず、1〜2時間の営業を何度か行っている。
自販機
ペットボトル飲料150円と陸上と同じ値段なので、乗船前に買い込む必要がない。ホットドッグやおむすび、たこ焼き等の冷凍食品の自販機もあり、小腹が空いたときに便利。
展望浴室
外の景色を眺めながら浴槽に浸かることができる。浴室内にサウナも設置されている。ステートルームB(旧・1等室)以下の部屋には浴室がないため、こちらを利用する。石鹸、シャンプーが備えられているので、タオル一つ持っていけば大丈夫。
脱衣所
浴室の脱衣所。100円硬貨返却式のコインロッカーがあるので、安心して入浴できる。貴重品は案内所で預かってもらうこともできる。
バリアフリー浴室
展望浴室以外にバリアフリー浴室がある。バリアフリー浴室、バリアフリートイレとも、バリアフリータイプの個室のすぐ近くに設置されている。
コインランドリー
トイレ入口にある洗面所。奥に乾燥機と洗濯機が並ぶ。洗剤の自動販売機もあるので気軽に利用できる。従来の船では、コインランドリールームは男女共用となっていたが、この船以降は男女別になっているので女性の方も安心して利用できるのではないでしょうか。
ステートルームB(旧・1等洋室)(左上)
こちらは2人用。ベッドと洗面所、簡易衣装ロッカー、テレビ等が備えつけられており、照明やエアコン、館内放送を自分で調節できる。ベッドが2段になった4人用もある。他に畳敷きの和室(旧・1等和室)もあるが、布団を格納する押入れがなく、乗船中は畳の上にたたんだ状態で置いておくため、実際より狭く感じる。
上級グレードの部屋として、バス・トイレの付いたデラックスルームB(旧・特等室B)と専用テラスがあるデラックスルームA(旧・特等室A)と、さらに展望浴室と冷蔵庫、乗船中の食事が付いたスイートルームがある。
ステートルームBの内窓(右上)
1〜2人用のステートルームBは船の内側に配置されていて海が見えない。内窓はの先には向かい側の船室から見えないように目隠しの板が設置されている。ツーリストBよりも高い乗船料金を支払っているのに海が見えないのはどうかと...。
ステートルームB(バリアフリータイプ)(左中)
バリアフリータイプの個室。入口がスライドドアとなっており、廊下との段差がない。室内は車椅子の転回ができるよう広くなっており、ベッド脇には手すりが設置されている。
ツーリストS(旧・S寝台)(右中)
この船から導入された一人用の半個室。ベッドは一段で2等寝台の2倍以上のスペースがあり、カーテンを閉めることでプライベートを保つ。ドアがないので、貴重品はフロント兼案内所かコインロッカーに預けたほうがよい。
ツーリストB(旧・2等寝台)(左下)
二番目に料金の安い部屋。ベッドと荷物棚が自分専用のスペースとして利用できる。ベッドには枕とシーツカバー付きの毛布、壁に蛍光灯が備え付けられている。遮光カーテンを閉めると昼間でも寝られる。繁忙期は上段にも乗客が割り当てられるので、窮屈に感じる人はS寝台にすると良いでしょう。
ツーリストJ(旧・2等和室)(右下)
最も料金の安い絨毯敷きの部屋。一人につき枕1つと毛布1枚が割り当てられ、雑魚寝スタイルになる。混んでいるときは過ごしづらいが、空いているときは寝台よりも広いスペースが使える。
案内所
ホテルのフロントのような存在。24時間対応しており、下船までの貴重品預かりや入浴時の一時預かりもしている。案内所横には、数は少ないが100円返却式のコインロッカーも設置されていて、かさばる貴重品の保管はそちらを利用する。
他に案内所、シアタールーム(個室)、船舶電話、スポーツルーム、ゲームコーナー、チルドレンルーム等各船共通の設備がある。
ビジネスコーナー
現在のところ、同社ではこの船のみに備わる設備。テーブルライトと電源コンセントが設置されている。ただし、インターネット接続サービスはない。移動中に仕事をするビジネスマンはフェリーではなく飛行機を利用するのではないかと.....。
積丹半島の風景
新潟港行きは朝に小樽港を出港するため、積丹半島から奥尻島付近までの景色を船の上から眺めることができる。左は積丹半島、右は神威岬。
らいらっく(2002年就航)、ゆうかり(2003年就航)
全長:199.9m
全幅:26.5m
総トン数:18,229t
旅客定員:892名
車両積載台数:
トラック146台、乗用車58台
新潟(10:30)→小樽(翌 4:30)火曜〜日曜
小樽(10:30)→新潟(翌 6:30)火曜〜土曜
小樽(19:30)→新潟(翌15:30)日曜
※2012年4月1日より、船室呼称が「特等室A→デラックルームA」「特等室→デラックスルームB」「1等室→ステートルームB」「S寝台→ツーリストS」「2等寝台→ツーリストB」「2等和室→ツーリストJ」に変更されました。(2012年追記)
※2017年年初の改造により、ツーリストSにテレビが設置され、22部屋あったツーリストJが1部屋のみとなり、上下段セパレートタイプベッドのツーリストAが新設されました。これに伴い、旅客定員が892名から846名に変更されました。