トップページぶらっと北海道>新日本海フェリー フェリーらいらっく
新日本海フェリー フェリーらいらっく
西日本からバイクや車で北海道へ行こうとするとき、多くの人が利用するのが長距離フェリー。中でも日本海に航路を持つ新日本海フェリー株式会社は航路が多く、太平洋航路のフェリーに比べて料金が安めなことが魅力です。どの船も全長約200m(普通車40〜50台を縦に並べたくらい)に迫る長さがあり、その大きな船内には長時間の船旅を快適に過ごせるようにいろんな設備があります。
フェリーらいらっくは、京都府の舞鶴港と北海道の小樽港の間を航行(所要時間:29時間)していた船で、就航が1984年と、同社の中では最も古い船であったため、往年はハズレくじを引いてしまったような気分で乗る人もけっこういたようです。
確かに、新しい船に比べると振動音が少し大きめだったり、風呂が展望風呂でない等、古さは隠せませんが、パブリックスペースはこちらの方が格段に広く、2等寝台はベッド・通路ともに新しい船よりも広かったりします。展望のない風呂は船の中央にあるため、船の揺れによる影響を受けにくいという考え方もできます。
各社で船が更新され、新造船が投入されていきますが、新しい船の全ての部分が古いものに比べて良くなっているというわけではありません。そういうわけで、私的には気に入っている船でした。
2002年に乗船した際には、普段はマリンガールのいる案内所の人が男性ばかり。食堂の従業員さんも、さらに売店の店員さんもみんな男、男、男。しかも売店の店員さんときたら正装でなくて、作業着を着てレジに立っていたり。
疑問に思って案内所の乗務員さんに聞いてみると、偶然だったようですが、やはり、乗組員全員が男性の航海とのことでした。貴重な体験だったかもしれません。(2002年乗船)
案内所(左上)
ホテルのフロントみたいな存在。貴重品を預かってくれたり、いろいろ相談に乗ってもらえる。
浴室(右上)
船の中央にあるため、最近の船のような展望風呂ではない。共同浴場のような雰囲気がある。
洗面所(左下)
水だけでなく、お湯もちゃんと出る。上陸日の早朝はみんな一斉に起きる(起こされる)ので大混雑する。
男性用トイレ(右下)
船内に何カ所かあるので、満室で困るようなことはない。船の揺れでドアが動かないよう、磁石で固定される仕組みになっているのが特徴。
レストラン
並んでいる料理から好きなものを選んでトレーに乗せていくカフェテリア形式。デザートやラーメン、酒のつまみ等様々な料理がある。
売店
お菓子やおつまみ等の食料や飲料、洗面用品等が売っている。出港地と帰港地の土産物も置いているので、、現地で買い忘れても大丈夫。
自販機
ジュース類が120円と一般的な価格で売られているのは有難い。他に酒類、アイスクリームもある。
給湯室
給湯器があり、インスタント食品を持ち込めば船内レストランを利用しないで節約することも可能。ただし、インスタント食品は匂いが強いので食べる場所はよく考えること。
船舶電話
船は沖を航行するので携帯電話は通じない。そんなときに役立つのがこの衛星電話。ただし、テレホンカードの度数がみるみる減っていくので話しすぎには注意。
ゲームコーナー
最新のゲームはなく、ちょっと古いものが並ぶ。あまり利用している人の姿を見たことがない。
キッズルーム
小さい子供の遊び場。狭いものの、外部デッキは危ないが、ここだと安心。
マージャンルーム
この部屋が利用されているのを見たことがない。そもそも、一人旅ではメンバーを集めることが難しいかも。
プロムナード
レストラン横にあるくつろぎスペース。最近の船の椅子と違って、大きくどっしり座れる形状で良い。外の景色を見ながらくつろげる。
フォワードサロン
船室の最前部にあるくつろぎスペース。窓からは大海原を突き進む船の船首が見える。
ラウンジ
この船以降のフェリーと比較すると最大規模のラウンジ。バブルの時代の名残ですね〜。ほとんど人が来ないので、読書するには最適な場所。
シアタールーム
1日中映画が上映されている。個室のテレビやフォワードサロン等他の場所でも見ることができるので席は少なくても混雑しない。
特等洋室
幅広のベットとバス・トイレ、テレビに机があり、ビジネスホテルの部屋と遜色ない。
1等洋室
4人定員の部屋。2等寝台よりもベットが少し大きく、部屋の奥にはテレビとテーブル付きの小上がりがある。
2等寝台
特等や1等室と違って室内は暗いが、2等和室と比べて、クッション入りのベッドとなること、自分専用のスペースが確保できることがメリット。料金も2等和室+α程度とリーズナブル。
2等和室
最も値段が安い雑魚寝部屋。プライバシーもなく、混んでいるときは悲惨だが、空いているときは広大なスペースが自分のものになる。
フェリーらいらっく(1984年就航)
全長:192.5m
全幅:27m
総トン数:18,268t
旅客定員:788名
車両積載台数:
トラック186台、乗用車55台
舞鶴(23:30)→小樽(翌々日04:00)
小樽(10:00)→舞鶴(翌々日17:00)
※船の全体写真は、乗船した際に船内に掲示されていた就航時の写真です。
※この船は2004年1月に引退しました。その後はフィリピンで旅客フェリー「Princess of the Stars」として活躍していましたが、2006年8月に台風被害により転覆、役目を終えました。(2011年追記)