トップページぶらっと北海道>太平洋フェリー きたかみ
太平洋フェリー きたかみ
きたかみは、1989年に就航した仙台港(宮城県)〜苫小牧西港(北海道)を航路とする太平洋フェリー株式会社のフェリーです。
年中毎日、夜のラウンジショーや昼のピアノ演奏イベントを開催する等、旅客サービスにも力を入れているのがこの会社の特徴で、船内は年配のツアー客でいつも賑わっています。
2005年に船内改装が行われているものの、就航から20年以上が経過している老体で、2000年代半ば以降に就航している他の2隻と比較するとかなり見劣りします。その分、乗船料金は1割ほど安く設定されています。とはいえ、名古屋までのフル区間乗船するのではなく、苫小牧〜仙台間の利用であれば、乗船中のほとんどの時間は寝ていることになるので、乗船料金の差が気にならなければ、それほど船を選んで乗る必要はないと思います。(2004年乗船)
ラウンジ(左下・右下)
新日本海フェリーの船ではなくなったラウンジが、この会社のフェリーでは今も残っており、しかも、毎晩、無料でラウンジショーが開催されている。団体ツアー客に大人気。出演者によっては、乗船客参加型のショーもある。
展望通路(右上)
海を眺めながらのんびりできる場所。レストランへ続く通路沿いにある。背もたれのないベンチタイプの長いすで、寝ころぶにはいいかもしれないが、ずっと座っているのはつらい形状。現在は背もたれ付きのタイプに変更されている模様。
展望室(左上)
船首にあるくつろぎスペース。大海原を突き進む様子が見られる。太平洋フェリーの船で展望室があるのはこの船だけで、他の船ではスイートルームが配置されている。
外部甲板(左上、右上)
高速船ではないので、航行中も外部甲板に出て歩き回ることができる。やはり船はこうでないと。画像左はオープンスカイホールと呼ばれるスペースで、塀で囲まれているためボール遊びもできる。現行3隻ではこの船にしかない設備で、引退したいしかり(2代目)よりも広い。
ミニシアター
規模は小さいものの、後席になるほど座席が高くなっていて本物の映画館のような造りになっている。上映される映画は個室のテレビでもみられるので混むことはまずない。
休憩スペース
浴室前にある休憩所。湯上がり後の体を冷ますのにいい。
レストラン「グロブナーハウス」(左下・右下)
朝食、昼食、夕食時間帯のみ営業しているレストラン。3食ともバイキング方式となっていた。外の景色を眺めながら食べられる窓際の席が人気。
新日本海フェリーの船と違って、こちらの会社の船はレストランのみでちょっとリッチなグリルはない。
自販機コーナー
ソフトドリンクやビール・酎ハイのアルコール類が買える。2012年4月より、冷凍食品の自販機が設置されている。
スタンド「フェリカクラブ」
麺類やモーニングセットといった軽食が食べられるコーナー。レストランのバイキングは重いと感じるときはこちらへ。しかも、ほぼ終日店が開いているので、営業時間限定のレストランで食べ損ねても安心。自販機コーナーへの冷凍食品自販機の設置に伴い、メニューが簡素化された。
特等客室
バス、シャワートイレ、冷蔵庫、テレビが備わる洋室。和室タイプもある。
さらに上級グレードの客室として、客室床面積が広く、食事が付いたセミスイートルーム、スイートルームがある。
1等客室(和洋室)
1等以上の客室は個室となるので、荷物を置いたまま寝床を離れるのが気になる人はこちらがおすすめ。テレビとトイレ付きシャワールーム、テーブルが共通の設備で、和洋室タイプは2段ベッドが2つと3畳ほどの絨毯敷きの和室スペースがある。シーズンオフは、1〜2人でも貸切料金なしで利用できる。他に和室スペースのない2段ベッドの洋室やカーペット敷きの和室タイプの部屋もある。
A寝台
カプセルホテルのユニットがそのまま使われている。中はテレビと空調設備、調光式の電灯が備わっている。横幅は、いしかり、きそのS寝台よりも広い。2等寝台に比べると格段に広く快適で、料金もそれほど変わらないので、相部屋利用ならこちらがおすすめ。
B寝台
2段ベッドとその脇に荷物を置くスペースがある相部屋。さらに料金が安い雑魚寝タイプの2等和室に比べると自分の場所が確実に確保できる。
ショップコーナー
土産物や菓子、飲料、日用品等を販売している。新日本海フェリーの船と違い終日営業しているのがこの会社の船のいいところ。
案内所
ホテルのフロントのような存在。空きがあれば客室の等級変更も受け付けている。木製の重厚な雰囲気。現在は改装され、最近の船に共通した明るい雰囲気となっている。
給湯室
24時間熱い湯が出る。節約旅で食事をインスタントラーメン類にしている人にはありがたい設備。ただし、インスタント食品は臭いが強いので食べる場所はマナーを守って。
展望大浴室、脱衣所
船の側面にある浴室はサウナ付きで、海を眺めながら湯に浸かることができる。脱衣所には入浴中、貴重品を保管できる返却式のコインロッカーが備え付けられている。
きたかみ(1989年就航)
全長:192.5m
全幅:27m
総トン数:13,937t
旅客定員:792名
車両積載台数:
トラック176台、乗用車150台
仙台(19:40)→苫小牧(翌日11:00)
苫小牧(19:00)→仙台(翌日10:00)
※このページに掲載している画像は2005年の改装前のものです。改装により、パブリックスペースの内装一新、個室ドアのカードキー化、テレビの液晶化がされました。(2011年追記)