トップページぶらっと北海道>太平洋フェリー いしかり(2代目)
太平洋フェリー いしかり(2代目)
いしかりは、1991年3月に就航し、2011年3月まで名古屋港(愛知県)〜仙台港(宮城県)〜苫小牧西港(北海道)間を航路としていた太平洋フェリー株式会社のフェリーです。
同社他船では3層ある船室の中層にあるラウンジが、この船では上層に配置されているため、中・下層のパブリックスペースがかなり広く、ゆったりとした造りで開放感がありました。ほとんどの設備が現行の3隻よりも広く、特にショップ、ゲームコーナー、ミニシアターに至っては(需要はともかく)数倍の面積があるという、まさにバブル景気が生み出したフェリーでした。
はじめて乗船したときは、ラウンジショーや船長トークショー、操舵室見学等の様々なイベントが開催されることや、乗船中はカフェやショップが常時営業していることに驚いたものでした。この船以降、新造船としてきそ(2代目)、いしかり(3代目)の2隻が就航していますが、新しいことを除けばこの船には及びません。それだけに引退してしまったのが残念な船です。(1999年、2000年、2003年乗船)
ラウンジ「スターダストラウンジ」(左上)
スターダストラウンジと呼ばれるラウンジ。ショータイム以外も開放されており自由に出入りできた。席数は200席以上あるが、乗船客が多いときには座りきれず、折りたたみ椅子が用意されることもあった。
ラウンジショー(右上)
夕食時間が終わった後にラウンジで開催される人気のラウンジショー。この日は3名のアーティストによる歌と演奏だった。
ラウンジショーは毎晩開催されており、苫小牧〜名古屋のフル区間乗船すると2回観ることができた。
船長トークショー(左下)
昼食時間が終わった後にラウンジで開催される船長とマリンガールによるトークショー。船に関するいろいろな話が聞けた。
操舵室(右下)
船長トークショーの終了後、反対方面へ航行する同社のフェリーとのすれ違いにあわせて見学会が開催されていた。
プロムナード(左上)
船の左舷にある展望スペース。2つの椅子につき1つの小さなテーブルが通路沿いに並び、海を眺めながら座ってのんびりできる場所。
レストスペース(右上以降)
テーブル、ソファが置かれており、くつろげるスペース。画像右上は案内所の両側、画像左中は売店横、画像右中は売店とスタンドの間、左下は浴室出入口近く、画像右下は船室下層にあるレストスペース。日本海航路の他社フェリーにあるフォワードサロンはないが、このようなスペースが船内のあちこちに配置されているため、乗客が多くても座る場所に困るようなことはなかった。
現行の「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」にもレストスペースはあるが、船室中層に集約されている上、席間が狭くなっているため、この船ほどの開放感はない。
外部甲板(左上、右上)
高速フェリーと違い、航海中も外部甲板に自由に出ることができた。奥の階段を下りた所にはテーブルと椅子が並べられたサンセットデッキがあった。
画像右上は、「星のデッキ」呼ばれるスペースで、中央の天窓は階下のレストランから吹き抜け構造となっており、その周囲にベンチが並べられていた。
オープンスカイホール
人工芝風の素材が敷かれたスペースで、塀で囲われているため、ボール遊びもできた。年末の離島クルージングの際にはイベント開催にも利用されていた。これ以降に建造された「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」では廃止されている。
トップデッキ
操舵室よりもさらに高い位置にあるデッキへ上がることができた。夜間は立入禁止となっていた。これ以降に建造された「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」では緊急用のヘリポートとなっており、トップデッキには上がることができない。
レストラン「カリブ」(左上、右上)
船尾にあるレストランで、モーニング、ランチ、ディナーともバイキング形式となっていた。20種類近くある料理とサラダバー、ドリンクバーを食べられた。アルコール飲料もあるが、そちらは別料金となっていた。
これ以降に建造された「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」よりも席数は若干少ないものの、室内が広いため、個々のテーブルや料理が並べられたカウンターテーブルとの間隔が広くゆったりとしていた。
ショッピングストアー(左中、右中)
乗船中、朝から就寝時間までほぼ四六時中営業している売店。北海道や愛知県、寄港地の宮城県の土産物や菓子類、アルコールも含む飲料、雑誌が売られていた。店舗面積は121平米と現行の「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」の2倍以上の広さがあり、洋服やアクセサリーも扱っていた。
スタンド「ヨットクラブ」(左下)
売店同様、乗船中ずっと営業している喫茶店。軽食やドリンクのほか、ジェラートも販売していた。営業時間の関係でレストランでの食事を食べ損ねた場合や、バイキングは量・金額的にきついという人にはぴったりの店だった。昼間には、スタンド横のピアノを使った演奏会が開催されていた。
ピアノバー「カサブランカ」(右下)
ラウンジショー後、消灯時間まで開いている大人向けバー。ビール、日本酒、ウィスキー、ワイン等のアルコール飲料やソフトドリンクがメニューにあった。席料・サービス料は無料。これ以降に建造された「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」では上記スタンドに統合されたため、廃止されている。
展望浴室
銭湯のような暖簾が浴室の入口。浴室は入港30分前まで利用することができ、浴槽脇の大きな窓からは、海を見ながら湯に浸かることができた。室内奥にはサウナも設置されていた。後継の「いしかり(3代目)」ではこのサウナは廃止されている。
脱衣所は広く、貴重品を預けられる100円返却式のロッカーも備え付けられていた。画像右下は脱衣所と浴室入口の間にあるスペース。椅子が並べられており、湯上り後火照った体を冷やすのにいい。これ以降に建造された「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」ではこのスペースがなくなり全体としては狭くなっている。

案内所
ホテルのフロントのような存在。2等寝台以上の部屋を利用する場合はここでチェックインし、部屋の鍵を受け取る。貴重品を預かってくれるほか、個室向けのレンタルビデオの貸し出しもしていた。
隣には衛星を使って通信する電話がある。海上では携帯の電波が届かないのでいざというときには役に立つが、通話料はかなり高い。
ミニシアター
席数は56席と規模は小さいものの、本物の映画館のように後席になるほど座席が高くなる造りなっていた。個室テレビで見られる船内放送とは別の内容の映画が上映されていた。これ以降に建造された「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」ではラウンジに統合されたため、廃止されている。
ゲームコーナー
110平米もの広さのスペースに様々なゲーム機が並ぶ。現行の「きたかみ」、「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」の2倍以上の広さがあった。
宴会場「摩周」
畳敷きの宴会場で、団体客用の寝室としても使用されていた。これ以降に建造された「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」では廃止されている。
いしかり(1991年就航)
全長:192.5m
全幅:27m
総トン数:14,257t
旅客定員:812名
車両積載台数:
トラック176台、乗用車150台
名古屋(20:00発)
 →仙台(翌日17:00着、20:00発)
  →苫小牧(翌々日10:45着)
苫小牧(18:30発)
 →仙台(09:00着、12:00発)
  →名古屋(翌々日09:00着)
※いしかり(2代目)は、いしかり(3代目)の就航に伴い、2011年3月に引退しました。