トップページぶらっと北海道>青函フェリー 3号はやぶさ
青函フェリー 3号はやぶさ
「3号はやぶさ」は、青森港(青森県)〜函館港(北海道)を航路とするフェリーで、共栄運輸株式会社と北日本運輸株式会社が共同運行しています。元々は貨物輸送専門だったこともあってか、個室無し、パブリックスペースは極小、という旅客向けの設備が簡素なのが特徴。
しかし、同じ航路を運行している津軽海峡フェリーの船に比べると、こちらのほうが乗船運賃が安いので、所要時間4時間程度の間、雑魚寝相部屋で過ごすのが気にならないのであれば、こちらの乗船がおすすめです。(2004年乗船)

客室(左上)
船内に2区画あるカーペット敷きの客室。客室はこの雑魚寝部屋のみで個室はない。
壁際に置かれているのは枕兼腰掛けのクッション。これを共用で枕にして寝る。寝ていて、ふと目が覚めると、隣の人が目の前に!なんてこともある。(笑)
このクッションを見ると、網走刑務所博物館で見た監獄で囚人が使っていた枕を思い出します。もっとも、あちらは木製、これとは快適性は段違いなのでご安心を。
ドライバーズルーム(右上)
トラックドライバーだけでなく、一般客も利用できる寝室。2段ベッドで、一般的な旅客フェリーの2等寝台よりも幅が広い。ただ、男女相部屋なので、女性の人は使いづらいかもしれない。
レストスペース(左下)
どっしり腰掛けられるソファが並ぶこの船で最上のレストスペース。が、トラックドライバーの談話場所になっていて、一般客が利用しにくい状態だった。
シャワールーム(右下)
浴室はないが、シャワールームがある。もっとも4時間程度の航海なので、ないと困るという設備ではない。乗船当時は男性専用であったが、現在は女性用も設けられている模様。
外部デッキ
航行中も外部デッキに出ることができる。
この会社の船は、航行中も車両デッキにいることもできる。トラックドライバーの中には、トラックのキャビンで過ごす人もいる。
レストスペース
飲料自販機が並ぶレストスペース。食事をするなら客室ではなくこちらで。
自販機
船内にレストランはないので、食料は持ち込むか、自販機のカップヌードルになる。カップヌードルの自販機から湯は出ないので、給湯室の湯を利用して調理する。
給湯室
給湯器があり、インスタント食品を持ち込んで飲食することができる。さらに、電子レンジも備えられているので食事の選択の幅が広くなる。新日本海フェリーや太平洋フェリーにはない設備。
3号はやぶさ(2000年就航)
全長:101.62m
全幅:15.8m
総トン数:2,107t
旅客定員:105名
青森→函館:
02:00→05:50、04:30→08:30
08:10→12:10、11:35→15:25
14:35→18:25、18:00→21:50
20:30→00:20、23:30→03:20
函館→青森:
02:00→05:50、04:30→08:30
08:10→12:10、11:35→15:20
14:35→18:25、18:00→21:50
20:30→00:20、23:30→03:20