トップページぶらっと北海道>青函フェリー 3号はやぶさ
青函フェリー 3号はやぶさ
3号はやぶさ
共栄運輸株式会社と北日本運輸株式会社が共同運行する青森港〜函館港を航路とするフェリー。旅客が乗れない貨物フェリーとして運行されていた船がそのまま使われているように思えるくらい旅客向けの設備が簡素なのが特徴。
青森〜函館間は、津軽海峡フェリーも運行しており、移動できれば他は気にならないという人は青函フェリー、充実した船内設備を希望するなら、津軽海峡フェリーを選ぶとよいでしょう。(2004年乗船)

客室は絨毯敷きの2等客室のみ。窓際の床に置かれているのは枕兼腰掛けのクッションです。博物館「網走監獄」で展示されている囚人の枕として使われていた丸太を思い出します。
エントランスロビー 2等客室 ドライバーズルーム
エントランスロビー 2等客室 ドライバーズルーム
自販機コーナー 給湯室 シャワールーム
自販機コーナー 給湯室。電子レンジ有。 シャワールーム)

3号はやぶさ(2000年就航)
全長 101.52m
全幅 15.85m
総トン数 2,107t
旅客定員 105名
車両積載台数 43台