トップページぶらっと北海道>新日本海フェリー フェリーあざれあ、フェリーしらかば
新日本海フェリー あざれあ、しらかば
フェリーあざれあ、フェリーしらかばは1994年に就航した同型フェリーで、敦賀港(福井県)〜新潟港(新潟県)〜秋田港(秋田県)〜苫小牧東港(北海道)間を航路としています。
この船の一番の特徴はその大きさ。全長200m超、総トン数2万トン超と現在のところ日本最大のフェリーとなっています。旅客フェリーの規模を表す「国内総トン数」は車両甲板を除いたものとなっており、これを含める国際基準「国際総トン数」で比較すると、この船は大型クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす(26,518t)」や「ふじ丸(23,235t)」等を大きく上回ります。
就航当初は新潟港(新潟県)〜小樽港(北海道)間を航路としていましたが、新造船(らいらっく、ゆうかり)の就航に伴い寄港便航路に変更となったため、関西、東海在住の人にも利用しやすくなりました。バブルの末期に造られた船であるため、船内は広いだけでなく豪華。コスト削減があちこちに感じられる最近の新型フェリーがよけいにこの船を引き立てます。
北海道へ行くための手段として考えると、新潟港や秋田港に寄港するため、直行便に比べて余計に時間が掛かってしまうデメリットが目立ちますが、のんびり船旅を楽しみたい人や、途中の東北へ行くための移動手段として利用するには良いフェリーです。(2002年、2003年、2004年乗船)
フォワードサロン(左上)
船首にあるくつろぎスペース。下の階には喫煙室として利用する同じような構造の部屋がある。夜間は閉鎖される。
プロムナード(右上)
通路の窓際に椅子と小さなテーブルが並んでいて、海を眺めながらのんびり過ごせる。船の両側部にある。
エントランスロビー(左下)
同社の従来の船にあったラウンジの代わりに拡張されたのがこのスペース。広いものの、窓がないので開放感はあまりない。下船前には下船待ちの客で大混雑する。
スポーツデッキ(右下)
屋上にあるスペースで四方を壁で囲まれているので、航行風がほとんどなく球技もすることも可能。天気の良い日にここで昼寝をするのは最高。船尾の外部デッキにしか出られない高速フェリーにも設けてもらいたい。
レストラン
以前はカフェテリア形式のレストランだったが、現在は朝食、昼食、夕食ともバイキング形式となっている。他にコース料理を味わえる予約制のグリルが別にある。
カフェラウンジ
軽食を販売しており、レストランより価格は安め。繁忙期のみ営業しているため、一度も営業しているのを見たことがなく、私にとっては幻の飲食施設。
売店
エントランスホールの脇にある売店。この会社のフェリーの中では最も店舗面積が大きい。土産物やスナック菓子、おつまみ、アルコール飲料、アメニティグッズが売られている。最近では、インスタント食品も販売しており、給湯室の湯を利用すると食費を節約することも可能。
自販機
ペットボトル飲料の価格は陸上と同じ150円。アイスクリームの自販機もある。他にニチレイの冷凍食品の自販機があり、レストランや売店の営業時間外で小腹が空いた時に便利。
浴室
海を眺めながら湯に浸かれる展望浴室。ステートルーム以下の客室には浴室がないのでこちらを利用する。同社の「すずらん、すいせん」「あかしあ、はまなす」に比べるとかなり広い。
サウナルーム
浴室と離れた船尾にあるミストサウナ施設。水着を着て利用する。案内所では水着のレンタルをしている。
コインランドリー
乾燥機付きの洗濯機がある部屋。奥に洗剤の自販機もある。
ジャグジー
船尾の外部甲板にあるジャグジー。従来の船ではこの場所にはプールがあったが、この船以降はジャグジーとなった。7〜8月の繁忙期以外は水(湯)が入っておらず利用できない。
ツーリストB(旧・2等寝台)
2段ベッドの相部屋。荷物は間の棚に置く。繁忙期以外は上下段とも使われることはまずない。ここの会社のフェリーに共通することだが、向かいベッドとの間隔が狭くて、窮屈感があるのは難点。下位グレードに、ツーリストJ(旧・2等和室)という絨毯敷きの雑魚寝部屋がある。
ステートルームB和室(旧・1等和室)
ツイン洋室と2段ベッド×2の奥に小上がりのある4名部屋、和室の3タイプがある。写真の和室は、テレビにDVDプレーヤー、茶器セット、座椅子とテーブル等の設備がある。広さは三畳ほどで一人でもやや狭く感じる。湯治場の個室のような感じ。客室内のテレビは衛星放送を常時受信でき、船内放送では映画を上映している。ツーリストクラスを利用する人は、シアタールームと呼ばれる簡易映画上映部屋で見ることができる。
上位グレードの部屋として、バス・トイレが付くデラックスB(旧特等室)と、さらに冷蔵庫と航海中の全食事、DVD無料レンタル特典が付くスイートルームとがある。
個室の洗面所
ステートルーム入口にある洗面所。トイレと浴室は共同のものを利用する。水場が室内にあると意外と便利。
外部甲板
高速フェリーではないため、航行中も外部甲板を歩き回れていい。写真はデラックスルーム(旧・特等室)の窓。窓の外が通路になっていないのは、スイートルームのみで、部屋の中にいると人の通りが気になる。
案内所
ホテルのフロントのような存在。24時間対応しており、下船までの貴重品預かりや入浴時の一時預かりもしている。案内所横に100円返却式のコインロッカーも設置されており、かさばる貴重品の保管はそちらを利用する。
衛星電話
日本海上を航行するので、携帯電話の電波はほとんど届かない。どうしても陸上と連絡をとる必要があるときにはこれを利用する。ただし、料金は相当な額になるので本当に必要なとき以外は利用しないほうがよい。
ゲームルーム
さまざまなゲーム機が並ぶ。船旅でたいくつを感じる向けの設備なのだろうが利用している人は少なく、電気代がもったいない気がする。
チルドレンコーナー
子供を遊ばせておける部屋。床や壁にクッション材が使われており、安全にも配慮されている。
フェリーあざれあ、フェリーしらかば(1994年就航)
全長:195.4m、全幅:29.4m
総トン数:
20,554t(あざれあ)、20,563t(しらかば)
旅客定員:926名
車両積載台数:
トラック186台、乗用車:80台
敦賀(11:00)→新潟(22:40)
 →秋田(翌7:00)→苫小牧(17:20)
苫小牧(19:50)→秋田(翌7:45)
 →新潟(15:30)→敦賀(翌々4:30)
※2012年4月1日より、船室呼称が「特等室→デラックルームB」「1等室→ステートルームB」「2等寝台→ツーリストB」「2等和室→ツーリストJ」に変更されました。(2012年追記)