トップページぶらっと北海道>新日本海フェリー あかしあ、はまなす
新日本海フェリー あかしあ、はまなす
あかしあ、はまなすは2004年7月に就航した新日本海フェリー株式会社の同型フェリーです。敦賀港(福井県)〜苫小牧東港(北海道)間を航路とする同社の高速フェリーすずらん、すいせんの29.4ノットをさらに上回る31.5ノットの航海速力で、これまで約29時間要していた舞鶴港(京都府)〜小樽港(北海道)間を約9時間も短縮、20時間で到着することが可能になりました。
 すずらん、すいせんが就航したときのキャッチコピーは「高速フェリー」。さらに上をいくこの船は「超高速フェリー」でした。これよりも早いフェリーを就航させるときにはどのようなキャッチコピーになるのか気になるところです。
 高速船のため、航行中は出られる外部デッキのエリアが制限されているのは先に建造されたすずらん、すいせんと同じですが、上等級のスイートルームとデラックスルームB(旧・特等室)のみ各部屋ごとに専用テラスが設けられており、若干の改善がされています。次期新造船では、それ以下の等級の乗客も利用できるような工夫がされることを期待。
 船内は、すずらん、すいせんと比較すると少し広く、最上階のラウンジはないものの、パブリックスペースのレイアウトが、以前この航路に配船されていたフェリーらべんだあ、ニューあかしあと似ていて懐かしい気持ちになります。(2005年以降度々乗船)
フォワードサロン(左上)
5階の船首にあるくつろぎスペース。夜間は閉鎖される。4階にも同様の構造の部屋があり、そちらは喫煙者用のスモーキングルームとなっている。
プロムナード(右上)
窓際にテーブルと椅子が並んでいて、海を眺めながらのんびり過ごせる。すずらん、すいせんでは船の両サイドにあったがこの船には片側にしかない。
コンファレンスルーム(左下、右下)
最上階の映画を上映している部屋。従来の船ではシアタールームとしていたのが呼称変更されている。直角椅子なので長時間座って映画を見るにはつらい。映画上映以外にも利用されており、2006年に乗船したときには、乗務員による無料のサックスショーが、2011年にはビンゴゲームが開催されていた。
レストラン(左上)
かつては夕食は年中、カウンターに並んだ単品料理から好きなものを選んでいくカフェテリア形式のレストランだったが、合理化の一環か、現在は通常期のみカフェテリア形式、閑散期はセットメニューとなっている。
グリル(右上)
船上でコース料理が味わえる豪華な食事処。冬期を除く期間限定営業となっている。
カフェ
レストランの奥、船尾近くにあるカフェ。ラーメンや丼物のような軽食が食べられる。レストランよりも安めの価格設定となっている。
売店
土産物や食料品、お菓子、日用品を販売しており、最近ではインスタントラーメンや朝には焼きたてパンを売っていたりもする。航海中、1〜2時間の営業を何回かしている。
自販機
ジュース120円と陸上と同じ値段はありがたい。ホットドッグやおむすび、たこ焼きの冷凍食品の自販機もあり、小腹が空いたときに便利。
給湯器
限りなく食費を節約したい、そんな人にはこちら。乗船前にインスタント食品を買って持ち込めば温かい食べ物が安く食べられる。インスタント食品は臭いが強いので食べる場所は周囲に配慮を。
展望浴室
ステートルームB(旧・1等室)以下の部屋には浴室がないため、こちらを利用する。外の景色を眺めながら浴槽に浸かることができる。すずらん、すいせんよりも広く、奥にはサウナもある。石鹸、シャンプーが備えられているので、タオル一つ持っていけば大丈夫。
脱衣所(左上&右上)
浴室の脱衣所。100円硬貨返却式のコインロッカーがあり、安心して入浴できる。フロントで預かってもらうこともできる。すずらん、すいせんにあった無料の貴重品ロッカーがなくなってしまった。昔はなかった赤ちゃんのおむつを取り替えるためのベッドが男性用脱衣所にも。
洗面所、コインランドリー(左上、右上)
トイレ入口にある洗面所。奥に乾燥機と洗濯機が並ぶ。洗剤の自動販売機もあるので気軽に利用できる。コインランドリールームは男女別になっているので女性も安心して利用できる。
ステートルームB(旧・1等洋室)
こちらは2人用。ベッドと洗面所、簡易衣装ロッカー、テレビ等が備えつけられており、照明やエアコン、館内放送を自分で調節できる。ベッドが2段になった4人用もある。他に畳敷きの和室(旧・1等和室)もあるが、布団を格納する押入れがなく、乗船中は畳の上にたたんだ状態で置いておくため、実際より狭く感じる。
上級グレードの部屋として、バス・トイレ、冷蔵庫、専用テラスがあるデラックスルームB(旧・特等室)と、さらに展望浴室と乗船中の食事が付いたスイートルームがある。
高速船であるため、船旅をしている時間が短く、上級グレードの部屋を利用するのはもったいないような気が。
ツーリストS(旧・S寝台)
新潟〜小樽航路の「ゆうかり」「らいらっく」から導入された一人用の半個室。ベッドは一段で2等寝台の2倍以上のスペースがあり、カーテンを閉めることでプライベートを保つ。ドアがないので、貴重品はフロント兼案内所かコインロッカーに預けたほうがよい。
ツーリストA寝台(旧・2等寝台)
二番目に料金の安い部屋。ベッドと荷物棚が自分専用のスペースとして利用できる。ベッドには枕とシーツカバー付きの毛布、壁に蛍光灯が備え付けられている。遮光カーテンを閉めると昼間でも寝られる。繁忙期は上段にも乗客が割り当てられるので、窮屈に感じる人はS寝台を。
ツーリストA和室(旧・2等和室)
最も料金の安い絨毯敷きの部屋。一人につき枕1つと毛布1枚が割り当てられ、雑魚寝スタイルになる。混んでいるときは悲惨だが、空いているときは寝台よりも広いスペースが使える。
車両デッキ
車両デッキのバイク置き場。自家用車とは別区画となっている。従来の船のように車の脇だと下船間にエンジンをかけだすと排気ガスまみれになって息苦しくなるが、これだと少しましになる。
テラス
従来の船と異なる特徴の一つ、デラックスルームとスイートルーム(最上階)に設けられている専用のテラス。デッキチェアで昼寝なんていいかも。
夕日
船尾の外部デッキから見る夕日。海上なので、天気が良い日には水平線に沈む夕日を見ることができる。
船尾の外部デッキ
高速船のため、航行中は上等級船室の専用テラスと船尾のこの外部デッキ以外には出ることができない。すずらん、すいせんに比べて天井が高くなり窮屈感が少し改善されているものの、デッキのほとんどが屋根に覆われていて開放感は物足りない。
また、船内と違って喫煙対策が全くされておらず、あちこちに灰皿が置かれていて、喫煙者がいると吸いたくもないタバコの煙が漂ってきて最悪。禁煙にするか、最低でも分煙にする等、喫煙しない多数の乗船客への配慮を希望。
あかしあ、はまなす(2004年就航)
全長:224.5m
全幅:26.0m
総トン数:16,810t
旅客定員:820名
車両積載台数:
トラック158台、乗用車66台
舞鶴( 1:00)→小樽(21:00)
小樽(23:50)→舞鶴(翌20:30)
※2012年4月1日より、船室呼称が「特等室A→デラックルームA」「特等室→デラックスルームB」「1等室→ステートルームB」「S寝台→ツーリストS」「2等寝台→ツーリストA寝台」「2等和室→ツーリストA和室」に変更されました。(2012年追記)